日本語3.0

インフォメーション

読後「スティーブ・ジョブズ」 〜人間の可能性を広げた男の奇行と名言〜


今日ご紹介するの本はApple創始者で世界を変えた男、
スティーブ・ジョブズの生涯を綴った本です。

<スティーブ・ジョブズ>


ジョブズは幼少の頃実の親に捨てられ、
養子として別の家庭に引き取られました。


はみ出し者だった彼は幼い頃から気性が激しく、
学校でも嫌いな先生の授業を邪魔したり爆竹をしかけたりしていました。


その後も問題行動は続き、禁止ドラッグの乱用や妊娠させた女性の子どもの不認知、
交通ルールを守らないのは当たり前でスピード違反で捕まった直後、
警察の目の前でまたスピード違反をして帰りました。


この性格はApple創業後も変わらず、人前だろうがどこだろうが
あらぬ限りの言葉で部下を叱りつけ罵倒し、
彼の厳しい基準を満たさなかった部下は情け容赦無くクビを切られました。


また友人と立ち上げた会社で得た利益をちょろまかし、
友人の分け前をピンハネもしたそうです。


会社の面接では受験者に卑猥な質問をしたり
重要な会議に出ても傍若無人な態度を崩さなかったそうです。

まさに暴君で自分を中心に世界が回っているような立ち振る舞いでした。


<酵素ドリンク 〜摂取し出すといくら食べても翌日胃もたれしなくなりました>


ただ世の中を変えようとする情熱は凄まじく
目的を達成するまで決してあきらめない不屈の精神を持ち合わせていました。


PCを使ってテクノロジーと芸術を融合させ民主化することで
人間の可能性を広げることができると信じていました。


「君は一生砂糖水を売り続けていくつもりかい。
 それとも僕と一緒に世界を変えるチャンスにかけてみるかい」

飲料会社でマーケティング担当をしていた人をヘッドハントした時に言った言葉で
相手はこの言葉が何日も心に刺さり、結局アップル入社を決意しました。


「我々は電話を再発明しました」

iphone発売の時のプレゼンテーションで言った言葉で、電話と言っているが
iphoneはそうではなくPCで、電話は一つのアプリです。

しかし、PCはそれまで大衆にとって馴染みのないものであったため
「PCを再発明しました」と言ってもとっつきにくく売れないと思ったのでしょう。

電話なら誰でも持っている親しみやすいものであるため
あえて「電話」と称したのでしょう。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。




このようにジョブズはどうすれば人の心を掴み、
どう言えばその人を動かせるかを全て分かっていました。


天才と犯罪者は紙一重と言いますが、大衆心理や人の心を読めて操るジョブズの
技術はまさにサイコパスで、彼が犯罪に走っていたらとんでもない数の
犠牲者が出ていたかもしれません。

「はみ出し者、反逆者、トラブルメーカー、前例を全く気にしない者、
 人々は彼らを無視することはできない。なぜかって? 
 君たちは世界を変えるからだ。君たちは人間を前進させる」


これは死の直前に残した彼のプレゼンテーションで述べた内容です。


難民の子どもでしかもその親に捨てられた経験は
深くジョブズを傷つけその後の彼の人生に暗い影を落としました。


それだけに自分と同じように社会に馴染めず、
苦しんでいる人たちの気持ちがわかっていたのでしょう。


また、イノベーションから遠く個性を消すための画一的な人材を
作るための学校教育にも一石を投じたかったのかもしれません。


彼が学校の先生に爆竹を投げつけたのは
彼なりの意思表示だったのかもしれません。
(もちろん彼の行為は厳禁ですが)


そんな学校教育や世間の枠からはみ出たはぐれ者や
社会の落伍者は世の中に理解されず、居場所がないため非行に走りがちです。


アップル製品はそんな人たちを闇から救い出す愛に溢れた製品です。


スマホで簡単にYoutubeやビジネスができるようになったことで
職に就けない人でも生活できるようになりました。

予測変換や文法訂正機能が備わったことで
外国語がわからない人でも英語でタイピングし、
英語を理解できるようになりました。


学校現場はICT機器の影響力を恐れ禁止するところも多いですが、
はっきり言って教育本来の意義に逆行しています。

まあ、その話はまた別の機会に譲りましょう。


誰よりも激しく、誰よりも厳しく、誰よりもストイックで
誰よりも優しい彼の生涯をこの本でのぞいて下さい。


それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.02.14 | コメント(0)

「竜馬がゆく」に学ぶ友情論 〜


今日もまた僕の愛読書である「竜馬がゆく」から引用し、
所見を述べたいと思います。

<竜馬がゆく>


今日取り上げたいのは竜馬が武市半平太と袂を分かつ時の話です。

竜馬と武市とは幼馴染で親友で、
共に日本を外国の脅威から守ろうと誓い合ったいわゆる同士でもあります。


しかし、それぞれ活動を始めるうちに互いに考えが変わってきます。


まず、開国か攘夷かで真っ二つに分かれます。


武市は西洋文化を徹底否定し、日本から根こそぎ追い出すという
いわば筋金入りの攘夷論者でした。

諸国な有力な藩と組んで倒幕活動をすると言う考えでした。


一方竜馬は当初は攘夷論を唱えつつも内心西洋文化の先進性に圧倒され、
進んだ文化を日本も取り入れないと欧米列強に太刀打ちできないと痛感し、
勝海舟に弟子入りして開国論者になります。


この時代の志士は攘夷と同意で、攘夷でなければ男子ではないし
まして、龍馬のような開国論などもってのほかで
切り捨てられてもおかしくないほどの売国奴でした。


また、藩についての考え方についても
武市と龍馬の意見は真っ二つに分かれていきます。

武市は攘夷実現のためには土佐藩を改革が必要だと考え土佐勤王党と言う
政治秘密結社を立ち上げ、土佐藩でクーデターを起こそうと画策します。

一方、竜馬は土佐藩を見限って脱藩します。


組織というものは一度作られるとなかなか変わりません。

それを運営している人たちは甘い汁が吸えるのでわざわざ
リスクを冒して変えるメリットはないからです。

まして藩は300年続いた強固な政治システムなので変えるのは
容易ではありません。


龍馬はそれを見抜いていたのでしょう。


このように西洋の侵略から日本を守るという同じ目的のために
志を立てあった二人でしたが、次第に反目しあい最後には
敵視する関係になってしまったのです。


武市は龍馬に涙ながらにこう吐露します。

「竜馬、男とは難しいものだな。俺とおまんが腹を割って話し合えば
 必ず分かり合えると思っていた。おまんは一人で行く男だ」


武市のクーデターは失敗し、投獄され切腹させられました。

土佐勤王党は一時的には土佐を支配できたものの抜本的に変えることは
叶わず返り咲いた佐幕派勢力に失脚させられたのです。


一方、脱藩した龍馬は身分制度に縛られることなく自由に倒幕活動に
時間と体力を割けるようになりました。

竜馬の抜本的改革案の方が正しかったことが証明されたのです。


<酵素ドリンク 〜摂取し出すといくら食べても翌日胃もたれしなくなりました>



ここから得られる教訓は2つあります。

一つは先ほども述べましたが組織を変えることは困難であり、
変えるなら自分の行動から変えるべきだということです。


武市ほどの知勇兼備のししでカリスマ性があったとしても
土佐藩を変えることはできなかったのです。


既存の組織というものは必ず既得権益層がいて
しかもその人たちはその組織の中で強力な権力を持っています。


何も買えなくても十分に甘い汁が吸えるので
わざわざ変革しようと思わないのは当然でしょう。


もし、あなたが今会社勤めをしていて組織の矛盾に気づいて
会社を変えようとしても無駄です。

いきなり独立して起業しろとまでは言いませんが、
自分で何か副業を始める方が建設的です。


もう一つはたまには友達関係を切ることも大事だということです。


龍馬は開国派に転身したことで攘夷志士たちから裏切り者、
売国奴扱いされる孤独な日々が続きました。


それと同じことであなたが一歩踏み出した時
それまでの友達や同僚はは妬みかそねみか好奇の目からか
あなたのやろうとしていることを批判してくるかもしれません。


しばらく周囲から友達がいなくなり孤独が続くかもしれませんが、
諦めて歩みを止めてはいけません。


なぜならそれはあなたが成長している証しだからです。

成功者や芸術家には孤独な人が多いものです。

彼らは向上心が高く常に上を目指し、新しいことに挑戦してきます。

日に日に成長する彼らにとってその時の人間関係はすぐに古くなるため
まして昔の友人と絡む時間もメリットもないからです。


スティーブ・ジョブズがやたらと部下につらくあたりクビ切っていったのは
自分の成長速度に周囲が追いつかない様子を見て
イライラして切ったのかもしれません。


志を立て合って当初起業した仲間と次第に考えが
合わなくなると言うこともスタートアップでよくあることです。


<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。




そう考えるとむしろ現状維持に満足してなあなあで過ごしたい友達も
新しい挑戦をする人と絡んでもメリットがないでしょう。


したがって
現状の人間関係を続けている人は成長していない証左かもしれません。


友達がいなくなったと悲しむ必要はないのです。


あなたが成長していると言うことであり、成長するにつれて
次のステージのレベルの高い友達ができるからです。


一人一人の人生はそれぞれ違うわけで
それぞれの道で行動を続けていればそれぞれいい人に出会えます。


「竜馬がゆく」は人生観やビジネス、人間関係を理解する上で最良の書です。

ぜひ読んでみてください。


それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.02.12 | コメント(0)

助詞省略の条件 @ 「は」 の場合


一般に日本語学習者にとって助詞の習得は困難で、
上級者レベルの作文でも助詞の誤用が散見される。


一方で日常生活においては助詞の省略は高頻度で行われ、
学習者が日本人が助詞を省略して話していることに気づくのは意外に早い。


このことは日本国内で就労する留学生にとって重要で優先的な項目である。

にも関わらず助詞の省略の法則性を反映した教科書は管見の限りない。


助詞の省略はいつどのような時に行われるか、
またどんな助詞が省略されるのか総論をまとめた。

<酵素ドリンク 〜いくら食べても翌日胃もたれしなくなりました>


<助詞が省略される場面>

まず、どの様な助詞が省略されやすいのか。

助詞の省略は主に日常会話において行われるため
前田(1998)はドラマを元にどの助詞が省略されやすいのか調査している。


それによると省略された助詞は「は」が一番多く、
次に「を」「が」「に」の順に省略が少なくなっていった。

なぜこの順番に助詞が省略されやすいのだろうか。

それぞれの助詞はどのような場合に省略され、どのような場合に
省略不可能なのだろうか。

まず一番省略の多かった「は」についてである。

<「は」の省略について>

「は」の省略に関する先行研究をまとめると「は」が省略できる場合は

「身近なものや相手と共有している事実が主題になった場合」

とされている。
(筒井通雄 1984、丹羽哲也 1989、甲斐ますみ 1991、長谷川ユリ 1993など)

対比の役割を果たす「は」はこれに該当しない。

ところがこの定義では割り切れない例がある。
次の例文を参照されたい。

 A:おじさんの誕生日、いつだったかな。
 B:おじさんの誕生日、28日だよ。

これはおじさんという共通の概念を話題に挙げているが、
無助詞でも違和感はない。しかし、次の例はいかがだろうか。

 A: おじさんの誕生日いつですか。?
 B: おじさんの誕生日28日です*

どちらの文も違和感があるが特に後の文は違和感がある。

・私若いのよ。
・私若いです*

・父さん賛成するよ。
・父さん賛成する*

前者の文は自然だがやはり後の文は日本人の文としては不自然である。

このように「は」省略の条件は先の条件に加えて
「砕けた文体を使用した会話文である」と再定義できる。


これは主題の「は」だけでなく本来省略することができないとされる
対立を表す「は」についても同様である。

・太郎きましたけど、花子こなかった *
・太郎来たけど、花子こなかったよ。

本来省略できない対立の「は」であっても
会話文にするだけで「は」が省略可能となる。


ただし下の例では絶対に省略できない。

A:これ、何?
B:それ、友達からのプレゼント
A:あれ*?(は)

最後の「あれは」のあとは「何?」「何ですか?」がすでに
省略されているため省略は不可能である。


まとめると「は」が省略できる条件は相手と主題が共有されている場合と
会話文の終助詞がある場合であると結論づけできそうである。

<助詞「は」省略の意味するところ>

前項までは助詞「は」が省略される場合について触れた。

次は「は」を省略することでどの様な意味が生じるかあるいは
損なわれるのかを述べる。

「は」は主題として取り上げ、焦点を当てる役割を果たす。

a 今日は買い物に行かない
b 今日、買い物に行かない

aは「買い物に行くが今日ではない」という意味が明白であり、同時に
「昨日買い物に行った」ことや「明日買い物に行く」という意味が含意される。

一方bは「今日買い物に行く」ということのみを否定しており
それ以上の意味は含まれない。

c 明日のパーティーに留学生が8人は来るよ。
d 明日のパーティーに留学生が8人来るよ。

e ケーキ全部は食べない。
f ケーキは全部食べない。

これらの例文において「は」の有る無しではそれぞれ意味において
差異が見受けられる。

cは8人以上来ることを示唆しているがdは8人来ることを述べており、
eは部分否定であり、fは全否定を表す。


さらに助詞を復元する際に「は」「を」「が」のどれがいいのか
決定困難な例文もある。

g これ(無・は・が)私の連絡先です。
h あんたの顔(無・は・を)見たくない。
i 奥歯(無・は・を)ガタガタのくせに。
j ご主人(無・は・が)喜ばれたんじゃないですか。


hは「は」を使用すると「他の誰でもないあんたの顔についていうと」
という主題化の意味になり、「を」を用いると主題化の意味は薄まり、
焦点化の意味が強まる。


無助詞だと「は」の持つ主題化の意味も若干含意するが、ニュアンスは
弱まり、「を」の持つ焦点化のニュアンスも若干含む。

いわば助詞を省略することで「は」と「を」の中間的な役割を果たし、
曖昧性が増すと言えそうである。


次回は「を」「が」「に」の省略について述べ総論をまとめる。


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.02.10 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.