日本語3.0

インフォメーション

読後 「人を動かす」  〜議論する人が成功できない理由〜

今回ご紹介する本は「人を動かす」です。

「人を動かす」


この本は19 年に出版され、現代までずっと売れ続けている良書で、納税額歴代一位の実業家の斎藤一人氏は「経営を勉強する上でこの本を越える本はない」と断言するほどの良書中の良書です。

これだけ変化の早いビジネスの世界において時を経て評価され続ける時点でその良書ぶりは窺い知れると思いますが、人が成功するのに欠かせないのは何でしょうか?


月並みですが「努力」「行動力」など様々挙げられるでしょう。


しかし、もっと時間対効果も費用対効果も高い方法があります。

人を動かすことです。

自分が頑張ると言っても1日の持ち時間は24時間なのでどうしても限界があります。

しかし、他の人の時間を自分の成功のために使うことができればプラス24時間、もう1人増やせば48時間と増えていきます。

こう考えると人を動かすことには計り知れないほどの価値があることがわかります。


本書に書いてある方法を実践すれば才能ある人があなたの元に集まってきてあなたのために動き始めるため、ぐんと成功確率が上がるでしょう。

しかも具体的な方法を試して成功した事例が数多く紹介されていますから説得力があり、どんな時に実行すればいいのかすぐにわかります。

これからどんなスキルが求められるのかわからないと悩む人も多いですが、本書に書いてあることは効果は絶大で初期費用も一切かからず、誰でもできることばかりです。


教育者、指導者、経営者はもちろんのこと後輩がいる人や恋愛に悩んでいる人も恋愛にも応用できますので必読の書です。

それでは早速みていきましょう。


結論から言うと人を動かすための条件はたった一つ「相手の自己肯定感を高める」ことだけです。

具体的に相手の自己重要感を高めてやる方法は以下です。

1、相手を認める、褒める(事実を具体的に)
2、名前を覚える(その人に関心を持つ)
3、相手の話を聞いてあげる(相手に話させる)
4、笑顔をたやさない。


反対に絶対にやってはならないのは相手の自尊心を潰すことで具体的には以下です。
・議論(口論)


実は本書にはもっと多くの項目が書いてありましたが、よく読むと重複すると思われるものもありましたので上の項目にまとめています。

まず、相手の自己重要感を高める方法について述べていきます。


1、認める、褒める

褒めると言う行為は相手の自己重要感を高めるのに最も適した行為で、アップルのスティーブ・ジョブズや豊臣秀吉は相手の自尊心のありかを見つけて褒める達人だったと言われています。

 まず褒めるときに注意すべきなのは相手のどこが素晴らしいのかを具体的に言って褒めると言うことです。
 思ってもないことを言うのはただのおべんちゃらであり、相手もいい気分がしないので効果もありません。

以下は本書で挙げてある褒めることで成功した人の例です。


事例1)歌手として大成した盲目の少年

アメリカのある小学校でクラスで飼育していたネズミが脱走したとき、教師はある盲目の少年に失踪したネズミの捜索を頼みました。

教師はこの少年は盲目というハンディキャップを抱えながら優れた聴覚を持ち合わせていたことを知っており、期待通り少年はネズミが這う音を聞きつけて見事にネズミの逃げ場所を突き止めました。

自分が優れた聴覚を持ち合わせていることを初めて自覚したその少年はその後歌手としての道を歩み、誰もが知るスティービーワンダーとして大成しました。

「自分の持つ能力を先生に認められたことが転機だった」

と彼は回想しています。


事例2)小説家を褒めて小説家としてデビューした男

ホールケインという小説家は鍛冶屋の息子として生まれ学歴もなかったが、イギリスの詩人ダンテ・ゲーブリエル・ロゼッティに傾倒しており、彼をたたえる論文を書いて本人に送りました。

するとロゼッティ本人はいたくこの少年をいたく気に入って呼び寄せ自分の秘書にしました。

これによりケインは様々な文壇の有力者、パトロンとコネを持つことができ、腕を磨き、文筆家としてデビューできたのです。

彼が残した資産は250万ドルに上ったと言われますが、彼がロゼッティに賛辞を送らなければその後の彼の活躍はなかったでしょう。


事例3)知り合いの叔母から高級車をもらった女性

褒める対象は何も本人だけじゃなくていいのです。本人が大事にしているものを褒めるのも効果があります。

ある人が奥さんと年老いた叔母の家を訪ねた際にこう言いました。

「私の生まれた家も、ちょうどこういう家で絵した。立派な建物ですね。なかなかよくできています。広々として。」

実はこの叔母は資産家であった夫を早くに亡くして長年孤独の身であり、唯一住居が家族の思い出の詰まった大切な財産でした。

そんな時に気を利かせて訪ねてきてくれた姪御にさらにこだわりの家を褒められた年老いた叔母はすっかり気を良くして高級車のプレゼントをもらったそうです。



どんなろくでなしや悪党でも一つくらい褒めるところはあるので、その長所を見つけて褒めてやることで相手は自分の才能に気づきやる気を出して努力するようになります。

いいところとまではいかなくても頑張っているところ、過程を褒めても効果があります。

欠点というのはなかなか治らないのでそれを指摘して直させるよりもいいところを褒めてその人に合った仕事を提供してやるのが最適解です。

どうしても直して欲しい場合はいいところを褒めた後で指摘するといいでしょう。

褒めるというのは麻酔のようなもので、褒めた後で欠点を指摘してやると痛い言葉でも相手に効くし、悪いところも治っていくのです。


2、その人に関心を持つ(名前を覚える)

相手の自己重要感を高めるためには「その人に関心を持つ、あなたに興味がありますよ」という意思表示が大事なのですが、最も効果がある方法が名前を覚えるということです。

当たり前のことだと思った方は本当にわかっているでしょうか。

取引先の受付の人、掃除当番の人、宅配に来た人などの名前まで覚えているでしょうか。

実際に人の名前を覚えるということを徹底することで政界に進出し、民主党の全国委員長になり、アメリカの郵政長官になり多大なる影響力を持った人物がいました。

男の名はジム。

フランクリンルーズベルトは自分が大統領になれたのは彼のおかげだと述懐しています。

ジムは高校にすらいかなったが、名前を覚えることに注力し、次に会った時には1年後でもその人の肩を叩いて家族や友人関係のことを尋ねたりすることができました。


彼によると生涯で5万人の名前を覚えたということです。

ルーズベルト大統領の大統領選の際には覚えた名前を全て名簿に落とし、その人の名前とプライベートの話題とともに支援の手紙を送りました。

さらに州ごとに列車移動して支援者を集めて集会を開いて一人一人と対話し、終わると次の町、次の州と回りました。

彼が選挙期間中手紙を送った先や挨拶をした人数の総数は数万人だということですが、もちろんこの中にはジムのためにルーズベルトを支持するという人も多くいました。



日本でも中卒で総理大臣になった田中角栄は並外れた記憶力で支持者は同僚や上司、ライバルまでの名前はもちろん、誕生日、趣味、なんと家族の誕生日までも覚えており、プレゼントも欠かさなかったということです。

彼らはみんな他人の名前には関心を持ちませんが、自分の名前には大いに関心を持つということを早くから知っていたのです。


少しあった人の名前を覚えて、連絡する、是非ともやってみてください。


3、相手の話を聞いてあげる(相手に話させる)

2の相手に関心をもつにも通じるのですが、関心を持っていることを示すもう一つの有効な手段は相手の話を聞いてあげることです。

これも当たり前のことに思えますが、きちんと相手の話に関心を持って聞く人は少ないものです。


事例)クレーマーをファンにした電話交換手

ニューヨーク電話局区内に電話交換手泣かせの悪質クレーマーがおり、滞納した電話料金の催促をした係員に聞くに堪えない罵詈雑言の嵐を浴びせるのが日課でした。

この会社の交換手で問題解決の名人と謳われた人物をこのクレーマーに担当させました。

最初は相手の言い分にじっくりと耳を傾け、心から同情の意を表し、3〜4回会うまでに至りました。

この時には相手はすっかり気を良くしており、滞納した料金も全額払っていました。

このクレーマーはお金が惜しかったわけでもなく不平があったわけでもなく、自分の話を聞いてくれる相手が欲しかったのです。

担当者によって自己重要感を満たされたおかげで彼が作り上げた不満が払拭され、料金も回収できたのです。


面接でもそうですが、受験者はみんな自分が聞かれるのが当然だと思っているかもしれませんが、自分から面接官に関心を持って質問し逆に面接官の話を聞いてみてください。

そんな受験者は珍しいでしょうから、印象に残るのは間違いありません。

面接で自分のことばかり話したがる受験者、話したがりのセールスマンは是非この方法を試してみてください。


4、笑顔をたやさない。

笑顔の効用は本書の以下の言葉が的確に表しています。

「元手がいらない。しかも、利益は莫大。与えても減らず、与えられた人は豊かになる。
 一瞬の間、見せれば、その記憶は永久に続く」本書より


事例)笑顔を心がけて人間関係も収入も爆上がりした男の話

ニューヨーク株式場外仲買人ウィリアムは結婚して18年、妻に笑顔を見せたことがないほどの気難しがり屋でした。

ある講演会で笑顔の重要性と効果を諭され、笑顔を心がけるようになりました。

するとたちまち人間関係が良くなり、人が集まるようになり、チャンスに恵まれるようになったので収入も増えたとウィリアムは述べています。

仕事や人間関係に悩んでいる人はまずは笑顔がきちんとできているか自身を振り返ってみましょう。

面白いから笑うのではなく、相手を喜ばせるのが笑顔です。

身近な人に自然な笑顔もできずに面接や取引先に愛想笑いを取り繕ってもすぐにバレるものです。

家族など身の回りの人に感謝をして笑顔で振る舞うように心がければ職場でも取引先でも自然な笑顔を出せるようになり、仕事も人間関係もうまくいきます。



ここまで成功に必要なのは人を自分のために動かすことで、そのためには相手の自己重要感を高めてあげることが大切だという話とその具体的な方法を話しました。


反対に絶対にやってはならないことは相手の自己重要感を下げることで、基本今まで上げたことの逆をしなければいいということになります。

本書が挙げてある例の中でついついやってしまいそうなことなことがあるのでそれについて書こうと思います。

そのやってはいけないこととは「議論で相手を打ち負かす」ことです。


興味深いのは本書はアメリカ人が書いたものだと言うことです。

アメリカ人といえば議論、ディベート好きのイメージがありますが、そんなアメリカの成功者でも人を動かすためには議論に挑んではならないというのが興味深く思います。

「議論は、ほとんど例外なく、双方に、自説をますます正しいと確信させて終わるものだ。
 議論に勝つことは不可能だ。もし負ければ負けたのだし、たとえ勝ったにしても、やはり負けているのだ。なぜかといえば、仮に相手を徹底的にやっつけたとして、その結果はどうなる?
やっつけた方は大いに気をよくするだろうが、やっつけられた方は劣等感を持ち、自尊心を傷つけられ、憤慨するだろう。議論に負けても、その人の意見は変わらない」

議論の有益性については本書に書かれているこの文章が全てです。


本書の例を挙げるまでもなく皆さんも経験はあるのではないでしょうか?

Twitter上で物申す系やネトウヨ、ネトサヨ系、アナログ先生と議論をしてその人が劇的に変わったでしょうか?

自説を改めるどころか大勢から非難され、攻撃された結果恨みが募りますます自説を強固に展開している例を多くみます。

僕も大学時代のゼミの指導教員が議論好きで相手を打ち負かすのが生き甲斐のような人でした。

その特性が災いして学部内に敵を作り自分がプロジェクトを立ち上げた時は誰も助けてくれない、そしてそれに腹を立てて学生にも当たり散らして無関係な人からも嫌われるという困った人でした。


彼はずっと理解してくれない周りのせいにしていましたが、自分に非があるのは明らかでした。

こう考えると議論して打ち負かすことには何の徳もないどころか、むしろ恨みを買って逆効果になる危険性さえあるのです。

そんなことに時間を使うよりも自分の立てた目標や好きなことに打ち込んだ方が生産性が高いに決まっています。

自分の自分の目標と自分のチンケな自尊心、どちらを優先すべきかは明らかでしょう。

自分には何の才能もないと思う人は才能を磨くのは大変なのでまず相手の自己重要感を高めるというスキルを磨き、実践してみてはいかがでしょうか。

ずっと続けていれば才能がある人が集まってあなたのために働き始めるでしょう。
それでは!


「人を動かす」

2020.12.19 | コメント(0)

鬼滅の刃 大ヒットの理由〜なぜネタバレ、子供向け商品が売れるのか〜

鬼滅の刃 興行収入300億円突破 〜なぜ子供向け商品は売れるのか〜

今日鬼滅の刃、劇場版を見てきました。

やはりストーリーもさることながらアニメーションの綺麗さと力強さに圧倒されましたし、声優さんもものすごく優秀できちんとキャラの魅力が引き出されていました。

自分の好きな漫画がアニメ化すると陳腐な感じがして原作の方がいいやと思うことがしばしばなのですが、鬼滅の場合はそんなことは全くなくアニメ、それぞれのキャラクターの良さがふんだんに引き出されていました。


それにしても現段階で興行収入300億円を突破しており、邦画市場一位の千と千尋の神隠しに迫る勢いです。

今回はなぜこんなにも収益を上げているのか理由について考えてみたいと思います。


なお内容が優れているというのはもちろんで、前回物語の魅力については以前述べているので参照して欲しいのですが、内容がいいから売れるということでもないのです。

視聴後 「鬼滅の刃」 〜鬼殺隊に学ぶ現代的な組織の在り方〜
http://hayato55.com/article/187164138.html


今回はマーケティングの観点から考察しようと思います。


1)テレビ放映をしなかった

従来であれば漫画がヒットしてアニメ化するというのが王道で、ヒット作の登竜門でしたが現在テレビ視聴率が低迷し、子供の数が少なくなっています。

加えて最近の子供たちはテレビではなくスマホで見る人も多くいます。

漫画からテレビ放送へというのは完全に時代錯誤で費用対効果も低いのです。

そこでアマゾンプライムやNetflixで無料放送し、続きを映画で公開してダイレクト課金するという方式に切り替えたおかげで収益を得られたのです。



2)ネタバレした

僕が小学生の頃ドラゴンボール、ドラえもん、ポケモン、ワンピースなどの映画版はテレビストーリーとは関係ない特別版が放映されていました。

しかし、最近の映画や漫画のヒット作の傾向としてはネタバレです。

前述ですが鬼滅の刃は本編アニメの続きが映画化されているのですが、漫画ではすでに単行本が出ています。

他にも「るろうに剣心」や「亜人」「東京グール」などの映画リメイク版もヒットしています。

LINE漫画でも10年以上前に流行った漫画が無料化されることで話題になり再ヒットしていますが、なぜネタバレ作品がヒットするのでしょうか。


理由として考えられるのは不景気でかつコロナ禍で財布の紐が固くなっている昨今、視聴者や読者はハズレを引きたくないということです。


僕の両親の世代は漫画をほぼ読みませんが、僕の世代はアニメ世代なので子供がいる人は子供の頃はやったもの、楽しかったコンテンツをもう一度子供と一緒に楽しみたいという人も多いと考えられます。


また僕のように理解力のない人間はいきなりストーリーを理解して楽しむというのは酷なので漫画で予習して「あのシーンはどう描かれているのかな?」という楽しみ方をしながら映画を見るほうが十分楽しめます。


3)子供向けである。

今回、紙の本が売り切れになるという前代未聞の出来事が起きました。出版不況のこの時代にです。

その理由として「家族で楽しむので」という理由が最も多いそうで、僕の知り合いの鬼滅ファンも家族で読み回しできるから紙の本で買うという人が多くいます。

もう一つの理由としては子供はスマホでクレジットカードを使って買うということができないという点が挙げられます。

したがって子供向けの本は書店で単行本を買うしかないのです。


キングコングの西野氏は絵本を書き、ネットで無料公開したことが話題になりましたが、電子書籍では子どもに読み聞かせしにくいため紙の絵本が売れたのだと考えられます。

一般に子供向けは単価が低いと思われがちですが、商材によっては子供向けを狙った方が大きな収益につながることもあるのです。

加えて子供向けの映画というのは親も同伴するので親からもお金を取れます。

日本の歴代興行収入ランキングを見てみるとほとんどがアニメなど子供向け作品です。

歴代興収ベスト100
http://www.kogyotsushin.com/archives/alltime/


映画やアニメで子供受けを狙うのはヒット作を選ぶのに重要な視点なのです。



以上、鬼滅の刃興行収入300億円の秘密を分解してみました。

ヒット作というのはその作品の原作者、アニメーター、マーケッターなど多くの人がそれぞれ力を発揮して結集して生まれた珠玉のものなのです。

そういった背景を考えながら見るのもまた楽しいと思うのでぜひ劇場に足を運んでください。

2020.12.13 | コメント(0)

16時間断食 1ヶ月続けてみた感想

1ヶ月前、16時間断食を始めたと言う記事を書きました。

やり方や効果についてはこちらをご参照ください。

読後「 空腹こそ最強のクスリ 」  〜1日16時間食べないだけで若返る秘密〜
http://hayato55.com/article/188098181.html

「空腹こそ最強のクスリ 」


ここ1ヶ月試してみたので方法と効果を述べておこうと思います。

<実践記録>

僕の生活リズムは昼夜逆転しており、大体朝方5時に寝て12時に起床して13時に朝(昼?)ご飯を食べます。

その後仕事をして夜の6時か7時ごろに食べ終わり、8時以降は翌日の12時以降になるまで何も食べません。

これで一日2食16時間断食達成です。


初めて5〜6日目までは夜中お腹が空いたりしていたのでヨーグルトにプロテインと青汁、液状化したプルーンを入れて食べていました。
(ヨーグルトは食べてOKだそうです)


最初の2週間で体が慣れ、夜お腹が減ったと言う感覚はそんなになく、ヨーグルトを食べずに済む日も増え、朝起きても食べず、夕食の1食の日でもいい日もありました。

2日くらい試しに夜中12時にラーメンを食べましたが、次の日は体が明らかにだるく感じました。



<実感できる効果>
起きた瞬間から頭がクリアになり、寝起きすぐに作業できるようになったため仕事できる時間は増えました。

消化に体のエネルギーを使わなくて良くなったため、脳にエネルギーを注げるようになったからかもしれません。

ただ僕はずっと禁酒生活も続けているのでこの辺りの効果は禁酒効果もあるかもしれません。

内臓への負担が減ったので内臓が喜んでいる感触はしますが、当然目に見えて若くなった、健康になったというようなことまでは実感できていません。

便通も良くなってきれいな便(矛盾してますが)がスムーズに出るようになりました。


正直今から16時間断食生活をやめて1日3食生活に戻すのは無理そうです。

16時間食べないことが栄養になるとのことでしたがやはり不安でヨーグルトには液状化したプルーンと青汁、プロテインを入れて摂取しています。


目に見えた効果が実感できるまで続けてみようと思います。

2020.12.07 | コメント(0)

「 Macbook pro 16インチ ストレージ 1TB 2019 」を使った感想 〜Mac で iMovieが移行できなかった時の対処法〜


やりました!

ついにMac book pro 2019年度モデルを買いました!
IMG_2980.jpeg
IMG_2986.jpeg

前のMacbook pro 15インチ 2015年モデルを使っていたのですが経年によりバッテリーの消耗が激しくなり、時折するマシン音がうるさく感じていました。


今年まで分割手数料が無料だったのもあって買い替えに踏み切りました。


新しいMacに前まで使っていたApple ID とパスワードを入力するとすぐにpageやicloudの写真、keynoteなどが無事移行されました。

まだ一部のアプリの移行が済んで無かったので、こちらの移行アシスタントというツールを使って全ての機能を移行することにしました。

スクリーンショット 2020-12-08 2.19.07.png

しかしですね。

なぜかiMovieのプロジェクトが全然移行されず全てプロジェクトを1からやり直さなければならない状態でした。

ネットで調べると新しいMacにiMovieのデータを移行させるには外付けハードディスクが必要というような情報までありました。

「また買わないといけないのかぁ」

とそう思っていたのですが、Appleのサポートセンターに連絡するとすぐに解決しました。

原因は新品のMacのiMovieのバージョンと前まで使っていたMacのバージョンが違っており、移行できなかったようです。

前まで使っていたMac のバージョンは最新でしたが、今回購入した方はまだバージョンアップの通知が届いておらず双方違うバージョンになっていたようです。

新しいMacのバージョンをバージョンアップさせるとプロジェクトも全て移行できました。


<Macbook pro 16インチ ストレージ 1TB 2019」を使った感想>

実は13インチの1TBのやつと迷っていたのですが、動画編集など重い作業もずっと続けていくことを考えたらやっぱりサイズも大きい16インチの方かなと思ってこっちを選びました。

使ってみた感想ですが動きはスムーズで音も静かです。

ただ15インチ2015年バージョンも当時の最新版で動作もサクサクしていたので、そこまで劇的に速さが変わったかと言われるとそこまで実感できるほどではないかなと思います。

これから新機能を調べて使ってわかったことがあったらまたブログで発信しようと思います。

2020.11.28 | コメント(0)

読後 「AI vs 教科書が読めない子どもたち」 〜AI時代は勝者と敗者を分けるのは読解力である〜

本日紹介する本はこちらです。

「AI vs 教科書が読めない子どもたち」


「AIによって人間の仕事のほとんどが失われる」
「シンギュラリティが起こり、人間の手を一切借りずに学び、増殖し始める」

そんな話を一度は聞いたことがあるでしょう。

中には「ロボットが自分の意思を持ち、いずれ不要になった人間たちを排除する」というSFじみた話まであります。

まずシンギュラリティの定義とはこの本によると「シンギュラリティとは自律的に、つまり人間の手をまったく借りずに自分自身より能力の高い「真の意味でのAI」を作り出すことができるようになった地点」P17だということです。

この本で述べてある回答を先に言うと「シンギュラリティなんて絶対に起こらない」と言うことです。

ちょっと安心しましたか?

でも、今ある職業の大半がなくなると言うのは本当のようです。

なぜシンギュラリティは起こらないのか、なくなる職業とはどんな職種なのか、我々人間はどんなスキルを身につけるべきなのか。

それら全てが本書に書かれていますのでぜひ要旨を理解してこれからの時代を生き抜くために行動に落とし込んでいきましょう。


<AIで生き残る仕事となくなる仕事>

AIによってなくなる仕事とはどんなものか本書でリストアップされてます。

IMG_2935.jpeg
本書p73より
見ていただければわかりますが、ほとんどがいわゆるホワイトカラーです。

銀行員だとか保険、不動産登記や自動車保険の鑑定人までがあげられているのは意外な気がします。

なぜこれらの職業が亡くなるのかを理解するためにAIがどんなものかについて理解を深めましょう。

まず、AIができるのは「統計」と「確率」です。

先ほどあげた「なくなりそうな職業」のほとんどは統計と確率がベースになる仕事です。

例えばデータ入力やテレマーケターやオペレーターは今でも半自動ですし、図書館司書の図書管理もAIの統計機能を使用した方が迅速に処理ができます。

銀行員や証券会社の仕事は融資先の競合会社がどれくらい収益を上げているのかAIで瞬時に統計データを出せ、顧客のニーズに応じた提案ができます。

株のような金融商品は人間が判断するより確率が得意なAIに予想させた方がより多い利潤をあげられます。

ではAIはどのようにして膨大なデータベースを判別するのでしょうか。

例えばAIに犬という動物を認識させるとするとまずAIに犬の写真を読み込ませて「これは犬ですよ」とインプットさせます。

しかし、AIは汎用性がないため正面から見た犬の写真を認識させても横から見た犬の写真を見ても犬だと判別できません。

もちろん、チワワを判別させたとしても次にセントバーナードを見せても判別できません。

したがって「犬」を認識させたければ全ての犬の種類を全ての角度から読み込ませなければ認識できないのです。

AIがなんらかの事象について答えを出すとき大量のデータベースが必要になってくるのです。

今まではデータベースがなかったのですが、ネットが普及して大量のデータベースを収集可能になったためAIも発達したというわけです。

儲かる株の見つけ方なら過去のデータベースが大量に必要になるため人間だと難しくAIが判断した方が早いし正確なのでデイトレーダーや証券会社の営業マンは失職する恐れがあるのです。

金融関係の人に関わらず、確率と統計が重要視されるような仕事はAIにとって代われれると考えていた方がいいでしょう。


しかし、AIも万能なわけでは決してありません。

AIにできることはあくまで統計と論理であるため、意味を理解することはできないのです。


例えばあなたも部屋に入ってきたロボットが冷蔵庫を開けて牛乳をコップに注ぐというデモをみたことがあるかもしれません。

人間にするとなんでもない行為に見えますがロボットがするとなるととてつもなく難解なのです。

ドアやドアノブの形を覚えさせなければならないし、ドアノブをひねる動作やドアを開ける動作、冷蔵庫まで移動する歩数や冷蔵庫を開けるプログラム、全て組まなければなりません。

単純に「コップに水を注ぐ」と命令しても絶対に動いてくれません。

そしてAIが理解できない究極のものが言語です。

自動翻訳機を使わなくてもPCで文字を打ち込むときに勝手にパソコンが正しく変換してくれたりしてくれるので意味を理解しているように思えます。

これは意味を理解しているのではなくAIが「この単語とこの単語の組み合わせは過去のデータベースにあり得ないな」と統計的に判断して自動変換してくれているのです。

特にGoogle翻訳はユーザーが打ち込んだ情報を日々データベース化し、そこから変換候補を抽出するため格段に進歩を遂げたのです。

意味が理解できないとどういうことが起きるのか、本書には次のような英語の問題をAIに解かせていたのですが、人間なら簡単に判断できる問題が不正解だったそうです。


@〜Eを並べて適切な文を作れ
Maiko : Did you walk to Mary’s house from here in this hot weather?
Henry : Yes. I was very thirsty when I arrived. So ( )( )( )( )( )( )drink.

@asked Acold Bfor CI Dsomething Eto

訳としては「この暑いのにあなたはメアリーの家まで歩いて行ったの?」と尋ねてヘンリーが「そうなんだ。だからついた時すごく喉が渇いていてSo ( )( )( )( )( )( )drink」と答えました。

AIは3300万文を検索して次の二つに絞り込みました。
・So cold. I asked for something to drink.(とても寒くて、飲み物を頼んだ)
・So I asked for something cold to drink.(だから冷たい飲み物を頼んだ)

どちらも文法的には間違いじゃありませんが、AIが選んだ答えは先に選出した文の方を選んでしまったのです。

人間であれば「暑い日」のはずなのに「とても寒くて飲み物を頼んだ」というのは奇怪だとすぐに分かるのですが、AIはこんな簡単な常識でさえ判断できないのです。

我々は普段意識せずとも膨大な数の常識に囲まれて生活しており、無意識で判断し行動できますが、AIはそれができません。

上の問題のように書いてある文章すら読めないのですから、言外の意図などを察することは到底できません。

AIが文章や映画を作れるようになるという話もありますが、少なくとも今は無理だし、できたとしてもずっと先だということです。

AI時代が到来しても残る職業が挙げられていますが、どれも高度な読解力やコミュニケーション力が必要とされる仕事ばかりです。

<AI時代に残る仕事>
IMG_3011.jpeg
本書p170より

したがって本書ではAIができない読解力を身につけるべきだという主張がなされているのです。


とりわけ現代は情報化社会なので良質な情報をいち早く仕入れて早く大きく動けば動くほど成功しやすくなります。

こんな時代において「読解力がない=情報を取得できない」ということなので、読解力がないのは致命的な欠陥になり得ます。

しかし、著者の新井氏が実際に実地調査した結果では現在の学生の読解力は高くないのでこれから社会に出る学生たちの仕事も無くなっていくのでは無いかと警鐘を鳴らしているのです。

読解力やコミュニケーション力がない人はAIにできない単純労働に従事するしかなくなります。

そうなればますます貧富の格差は拡大します。

だからと言ってAI導入を拒めば他国の企業がAIを使って効率化しているのに日本だけ自社だけがAIを活用しなければAIに勝つために労働時間で勝負せざるを得なくなり、結果ますます長時間労働が深刻化すると考えられます。


また、日本語教育に関わる人間として忘れてはならないのは外国人の存在です。


国内にいる外国人は失業した末、生活に困って犯罪に手を染めてしまうケースが増加していますが、情報化社会が加速していく中で日本人との情報格差はますます広がっていくことが懸念されます。

成功している人は行動力も当然ありますが、やはり持っている情報量が豊富です。

日本語教育関係者がICT化によって日本語教育を効率化するかICT教育を施して自国の情報でも取得できるようにしなければ情報格差がそのまま日本人との貧富の格差に直結し、問題は深刻化していくでしょう。

「AI vs 教科書が読めない子どもたち」

2020.11.26 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.