日本語3.0

インフォメーション

読後 『SNSで外国語をマスターする冒険家メソッド』 村上吉文 @ 〜オンライン学習で学習がどう変わるか〜


今日は村上先生の『SNSで外国語をマスターする冒険家メソッド』の書評です。

『SNSで外国語をマスターする冒険家メソッド』 村上吉文


残念ながら日本語学校は現在
出稼ぎ目的の留学生が多くを占めています。

僕も居眠りや私語が多く授業にならないクラスを受け持ったことがあります。


もちろん、僕の授業にも問題はあると思いますが他の多くの先生や
日本語学校でも同じ話を聞くので日本語学校全体が抱える問題なのだと思います。


しかし、だからと言ってどこをどう改善すれば良くなるのか
解決策がわからないという先生が多いことでしょう。

この本はそんな先生たちや学習者にとって道しるべになるでしょう。


この書は大きく二部構成になっています。


1〜3章までは学習者向けにどのように
外国語学習を進めればいいのか独学ツールを紹介してあり、
4章〜終章までは語学教師向けの内容で、これから教師は
どのように変化すればいいのかについて書いてあります。


つまり本書全体は
「〜のような学習者スタイルになるから教師はYをしたほうがいいよ」
という流れになっています。


著者の語学経験と語学教師経験、または最新ツールの使用経験から
書かれていたため説得力を感じる内容でした。


まず現在の学習者の環境はどのように変わり、
従来の教育とどのような点で合わなくなっているのか本書をまとめました。


<「冒険家メソッドの内容」学習環境はどう変化しているのか>

まず、現在の国内日本語学校がうまく言っていない原因は
従来と現在の学習環境は大きく変わっているにも関わらず、
教育現場は何も変わっていないことに起因します。


では学習環境はどのように変わったのかというと
まず、学習者の質が多様化しました。

従来の日本国内の日本語学校で学ぶ学習者は漢字圏で
大学進学目的の学生たちが主でした。

しかし、前述のように現在は出稼ぎ留学生が増え、
日本のアニメをきっかけに日本語学習を始める学習者も増加しています。


このように学習者の質が多様化しているのに対して
国内の日本語学校では相変わらず一斉教室授業をしています。


教室授業では漢字圏と非漢字圏の学習者が同じ教室で勉強しているため
読解などでは当然学習の進捗に影響が出ます。


できない学生はますます学習が遅れ、反対に
できる学生は先に進みたいのにずっとできない人のペースに合わせられます。

一斉授業はどちらのタイプの学習者にとっても非効率なのです。

また、教室授業では学習者の趣味趣向に合わせることなく
同じテキストを使います。

全く興味が持てない内容をずっと読まされても学習効果は低いでしょう。


また学習者にとってはいい教師やいい教材に出会うことも大切ですが、
従来の教室授業では学習者がその人にとって最良の教師に出会うためには
大きな時間的制約と地理的制約があります。


地理的制約とは英語を習いたい学習者の場合、ベストな先生に教わるためには
あなたの近くに住んでいなければならないことです。


時間的制約はあなたの空き時間にその先生も空き時間がなければ
教わることはできないということです。

英語の教師は世界中にいるため自分にとってベストな先生に出会う確率は
天文学的に低いと言えるでしょう。


このように状況が急速に変化しているのに対して教育現場は従来から
変わらないため学習者が不利な状況に置かれていることは
わかっていただけたかと思います。


こうした中でやはり重要になってくるのがやはりオンラインを活用した学習、
ソーシャル・ネットワーク・アプローチ(SNA)です。


SNAはその名の通りソーシャルメディアをフル活用した学習スタイルで
完全にオンラインで独習するスタイルです。


オンラインであれば教室授業のような時間的制約もなく
それぞれの目的に応じていつでも自分の好きな時間に
好きなペースで好きな教材を選んで独習できます。

落ちこぼれや浮きこぼれの心配もありません。


オンラインであればいい先生に出会う確率も飛躍的に上がります。
出会うまで探すことができますからね。


現在は誰もが情報発信者であり誰もが情報受信者、つまり
誰もが学習者であり誰もが教師です。


教師の問題についても教育ブロガーのウィル・リチャードソンの
次の言葉が引用されています。

「実をいうと、私の子供の世代では、彼らの最高で、最も忘れられない、
 最も効果的な教師とは、学校によってあてがわれた教師ではなく、
 彼ら自身が発見した教師になると、私は信じています」


ネットには豊富なリソースが揃っておりアクセスすれば学習者はその人にとって
有益な教材を見つけることができます。

個人のペースや趣味、レベルに合わせて個人が教材を選び
学習を進めることができるのです。


また、わからなところがあれば日本語コミュニティに参加し
教室のようにいつでも質問し多国籍の学習者と交流することができます。

切磋琢磨して互いに励まし合える仲間に出会えます。


実際問題、オンラインで学習した人は
教室授業よりも学習効率が上がり成績が上がるという統計結果も紹介されています。


まあ、これはオンラインだからというよりも自分のペースで
自分の趣味趣向に合わせて自分のペースで独習したからということでしょう。


逆に言えば、オンラインでの学習を促進しなければ
日本語と学習者の溝は埋まらず日本語学習者の増加は見込めないでしょう。


さて、ネットには大量のリソースがあると言っても豊富にありすぎて
どんなツールをどのように利用すれば学習効率が上がるのかわからないでしょう。


そこで本書では分野ごとに最適なツールが紹介されています。

以下にその一部を挙げます。

<聴解用>
まず挙げられるのはYoutube。言わずと知れた世界最大の動画プラットフォームで
アカデミック、スポーツ芸能、ニュースなど幅広いジャンルがあり、
最近は字幕機能も向上し、聴解の語学学習コンテンツとしては最適。

視覚とともに音声が入ってくるため理解の助けになり得る。

<発話・会話練習>
instagramやtwitterで発言することはは敷居が低いため
気軽に外国語をアウトプットできる。
特にインスタは写真があるため伝わりやすいメリットがある。

またSNSでパートナーが見つかればskypeやZoomで会話練習もできる。
Zoomはskypeに似たネットテレビ電話だが、skypeより回線も安定しており
互いのIDを知らなくてもURLにログインするだけで会話ができるので便利。

Zoom
https://zoom.us/

<作文>
作文を訂正してもらうためのLang-8というSNSがある。
自分が書いた作文を母語話者に添削してもらうことができる。

Lang-8「世界中のネイティブスピーカーが語学学習を応援してくれる」
http://lang-8.com/

<教室、教師機能>
Facebookには様々な機能がる。まずTimeラインに外国語で書き込めば
見た人が訂正してくれることもある。
最近は訂正機能が発達してきており書いている途中に間違い文法や語彙を
直してくれるようになっている。

Facebookのもう一つの機能として教室の機能があげられる。
この日本語コミュニティは日本語学習者と教師が集まっており、
教室のように学習者が教師に質問をすることも可能。

以下は国内でも最大規模のFacebookコミュニティである。

Facebook日本語コミュニティ
https://www.facebook.com/groups/The.Nihongo.Learning.Community/

このコミュニティには2018年10月時点で45000人を超える学習者が
参加しており、教師も200人参加している。

このコミュニティでは

・学習者は日本語や日本に関わる質問をして教師チームが回答する。
・教師が日本語に関わるクイズを出題し、学習者が答える
・週1、2回日本語チャットが行われる。

などの活動が行われている。


これらのツールの詳しい使い方や使用上の心構えなどは1〜3章を通して
書かれているので参照すればいいかと思います。


このように発話、聴解、作文訂正、教室機能など従来学校が果たしていた機能は
すべてオンラインで完結するようになっています。

しかも上で挙げた機能はほぼ無料でできます。


そう考えると教室や教師は全く必要ないように思えてきます。


従来の学習環境が大きく変わってしまった今、教師や学校は
どのように変化し、行動に移していけばいいのでしょうか。

4章からは教師や学校についての話です。


*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

ほしい物リスト公開を始めました。
食用品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.10.18 | コメント(0)

読後『スティーブ・ジョブズ』ウォルター・アイザックソン B 〜アイデア自体には価値がない〜


商品やサービスのアイデアを考えついた際、自分では
斬新なアイデアに思えても同じようなアイデアは世界中の数百万人が
思いついていると思っていいでしょう。


多くの人がそんなアイデアを思いついているのに
なぜ成功できないのでしょうか。


その原因がスティーブ・ジョブズのエピソードからうかがい知ることができます。
『スティーブ・ジョブズ』ウォルター・アイザックソン


ジョブズがAppleを立ち上げ、どうすれば当時の専門家のための
PCを民主化できるのか新しいAppleの原型やデザインを考えていた時のことです。


ある日、Appleに出資してくれていたゼロックスという会社の
デモンストレーションを見に行ったそうです。


そこにはジョブズが考えていた未来のPCの原案が全て詰まっていたそうです。

ずっとPCを民主化するアイデアを練っていたジョブズにとっては
目から鱗の連続のプレゼンで、

「なぜゼロックスはこれを商業化しないんだと理解に苦しんだね」

と後年漏らしています。


ジョブズと役員はすぐにこの原案を持ち帰り、製品化に取り組み
新しいPCを発明、販売しました。

販売開始と同時に商品は製造しても製造しても売れ
常に在庫を切らすほどの空前絶後のヒット作になったそうです。


ゼロックスはようやく自分たちが大チャンスを逃していたことに
気づき、慌てて商品化するも時すでに遅し、デザインや操作に難があり、
「Appleの劣化コピー」とこき下ろされるほどでした。

Appleよりも先にPCの構想を練っていたにも関わらずです。


ここでAppleとゼロックスの運命を分けたのは何でしょうか。

いうまでもなくアイデアを実行したか否かですよね。

電話を発明したグラハム・ベルが特許を取った後
2時間後に特許を申請した人がいたことで知られています。


ベルは利益を出し、歴史に名を刻みましたが2時間遅れた人は
結局日の目を見ませんでした。


このようにアイデア自体には何の価値もなく
いかに早くそれを形にするかが明暗を分けるのです。


アイデアを思いついたらすぐに実行に移しましょう。

それでは!

*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

ほしい物リスト公開を始めました。
食用品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.10.17 | コメント(0)

第六回 創業セミナー「操業に必要なお金をどう集めるか」 〜補助金や助成金の受け方〜


市開催の創業セミナーの第六回目「操業に必要なお金をどう集めるか」です。

(4回目と5回目はほぼワークショップだったので割愛します)


まず、銀行と信用金庫は何が違うのだろうか。

起業して事業を拡大すると取引先が信用金庫から銀行になる。

銀行は会社組織であり、営利団体であるが信用金庫は会員の出資による
非営利法人であり、地域創生が目的である。


<金融機関が見る事業計画>

ここで政策金融公庫からお越しになったセミナー講師の方が
創業に関するクイズを出してくれました。

問題は以下です。

1、日本の開業率は何パーセントですか?

 @14%  A12.4%  B9.3% C7.3% D5.2%


2、創業時の年齢は?

 @33歳  A38歳  B43歳


3、事業の決定理由は何ですか?

 @経験やスキルが活かせる Aアイデアがある


4、創業時の苦労は何ですか?

 @従業員の確保 A顧客の開拓 B資金調達


5、創業後の苦労は何ですか?

 @従業員の確保 A顧客の開拓 B資金調達


6、創業費用はいくらですか?

 @500万、 A700万 B1000万


以下が問題の答えです。

1、D5.2%

ちなみに開業率というのはその年の全会社数が分母で新規創業会社数が分子。

新規創業 / 全会社数 = 開業率

他の国はアメリカ、ドイツ、イギリスなど先進国が並んでいたが
(どの番号がどの国かは忘れた ^^;)日本は先進国の中では低い水準にある。


2、B43歳

結構若い人は少ないように思いますが、全体が高齢化しているためであると
考えられる。


3、@経験やスキルが活かせる 

@やはり経験やスキルを活かしたがる人は多い。


4、A顧客の開拓

創業者は集客に苦戦しているようだ。

特に飲食店だと最初は地元の友達や家族が来店してくれるが、
新たなファンの獲得に苦戦しているようだ。


5、A顧客の開拓

創業後も開業時と同様、新規顧客の開拓に悩む店が多いという結果が出た。


6、B1000万


<金融公庫はどのような点から審査するのか>
まず、初めて融資を希望の創業者は事業実績がないため財務データがなく
取引実績がないため信用情報がない状態である。

そんな中で経営者としての能力が備わっているか
事業計画は的確なものかを判断してくる


したがって以下の点が審査の対象となる。

・計画を通じて事業構想が体系的に整理され、課題が明確か
・どんな経歴があってその事業を始めるか
・必要な知識や人脈は揃っているのか
・競合との差別化がはかれているか
・やりたいことや困難を乗り越えていける熱意があるか
・そもそもニーズ、市場は見込めるのか


創業者の自己資金の平均は22%であり、そのくらい用意していると
融資もおりやすい。


7ヶ月くらい赤字が続くため運転資金を確保しておく必要があり
自己資金の額は創業準備のための事業意欲の高さとして評価されるため
しっかりと準備しておきたいところだ。


ただ、通帳は細かい入出金情報までチェックするため、
直前に入金していると怪しまれる。

会社勤めの間でもコツコツ貯金すると好印象である。

最後に創業者に創業後の満足度を聞くと以下のような結果になった。

かなり満足25 やや満足44.3 やや不満21.4、 かなり不満7.2


苦戦しつつもやりたいことや情熱に時間を注げ、充実感を
感じている創業者が多いという結果が出た。


<所見>

以上資金調達の方法を公庫から来た講師の方の話を元にまとめました。

資金調達はクラウドファンディングなど多様化しており、
個人の創業内容に合った手段を使うのが効果的でしょう。

・キャンプファイヤー
 https://camp-fire.jp/

・Makuake
 https://www.makuake.com/

Makuakeは社員さんとの面談があり丁寧にプロジェクト内容を
詰めていただきますが、Campfireは基本プロジェクトシートを完成後
提出してそこで審査に通れば晴れて掲載という流れになります。

Campfireの方が手数料が安いです。

そのほかにも資金調達は以下のサイトから行えます。

「ファウンダー」
https://found-er.com/

こちらは金融機関ではなく起業家として登録しておき自分の
事業内容を掲載しておくとそれを見た投資家さんからメッセージがもらえます。

そしてメッセージでのやり取りや場合によっては電話でやり取りし
条件が合えば投資してもらえる。

僕もこのサイトで何人かの投資家さんと出会えました。

投資の基準はそれぞれの投資家さんによって違うので
決まった基準などはありませんが、やはりどの投資家さんも
事業計画や経費の使い道などは聞かれます。


きちんと事業を想定して答えられるようにすれば驚くほど
安い金利で融資してくれることもあります。


また若い起業家さんであれば多少創業計画が杜撰で甘くても
熱意をアピールすることで「元気があっていいね!投資してあげるよ」
とポンと大金を融資してくれることもあります。


この点は金融機関と違ういいところです。

やはり事業を成し遂げるためには情熱が大事だということは
投資家さんはよくわかっているのでしょう。


融資を受けるためになぜその事業を成し遂げたいのか
きちんと理由づけできるようにしておきましょう。

それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。
食用品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.10.16 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.