日本語3.0

インフォメーション

ウチとソトの日本語  〜日本語の排他的な特徴について〜


「日本人は外国人に厳しい」

日本語教師時代、留学生に何度かそう言われることがある。


留学生にとって日本の風習や性格、文化は独特でそんな中で
生活している留学生たちにとってみれば
自分たちが除け者にされている感じがするのは無理もない。


外国人差別の原因かはわからないが、
日本語自体にも確かに排外的な性格もある。


そういった日本語の特徴を捉えることは語学教師として
教壇に立つ際に極めて有意義である。


まずは日本語の排他的な特徴についてまとめた。

<日本語>金田一春彦



日本語には日本のものとそのほかのものをはっきりと
分ける特徴がある。


例えば「和食」「和室」「和服」など日本のものであることを
強調する単語がある。


そして日本の言葉には「ひらがな」か「漢字」が当てられ、
西洋から入ってきた言葉にはカタカナが当てられるが、
これは世界の言語の特徴の中でも珍しい。


また、外国人のことを「外人」と読ぶ場合もある。


もっと小規模な面で言えば「ウチ」と「ソト」もはっきりと分ける。


日本は家というものを大事にしており例えば「嫁」「婿」などは
「妻」「夫」と同じ人物を指すが意味合いが少し違う。


「妻」「夫」は自分の配偶者、つまり「ウチ」という意味が強く
「嫁」「婿」は「嫁に行く」などという使用例から
外から来た、外へ行くという意味合いが強くなる。

「嫁」「婿」を英訳するとそれぞれ
「daughter-in-low」「son-in-low」でそれぞれ養子という
全く別の意味になる。


日本は上下関係にも厳しく、日本語にもそれが現れており、
特に敬語、謙譲語は留学生が苦しむ項目のうちの一つである。


兄弟の表し方もヨーロッパ系言語とは異なる。

日本語では兄弟を「兄」「弟」、姉妹を「姉」「妹」とわけ、
さらに兄弟は長男、次男、三男に分けられ、
姉妹は長女、次女、三女に分けることができる。


これが英語だと「elder brother」「younger brother」で完結する。


ところで日本の家族間では同一人物の呼称が実に多い。

「父、父上、お父様、お父さん、父さん、父ちゃん」などで
多くの外国人からすれば実に面倒である。


外国人にとって理解しがたいことはそれらの呼称を
誰もが使う点である。


母は自分の子供に向かって「お母さんは」と言い、二人の兄弟のうちの
年上の方を指して「お兄ちゃん」と呼ぶ。


あるトルコ人の社会学者が日本の夫婦が互いに
「お父さん」「お母さん」と呼び合っている場面を見て
実に奇怪に感じたという。


また「おじいさん」「おじいちゃん」という呼び名は通常
自分の家族の祖父をさすが、時に赤の他人である老人のことを
指していう時もある。


「お姉ちゃん」「お兄ちゃん」も同様で、女学生がバイト先で
お客さんに「お姉ちゃん」と言われて戸惑ったという。


日本語は排他的だと述べたが、この使い方は実に
ウチ的な表現である。


<所見>

以上、日本語の排他的な表現、独特な表現について
主に取り上げてきた。


日本人として当たり前になっている言い回しに
疑問を持ち、いかにして学習者の理解につながる
コンテンツ作りをしていくか
今後も模索していきたい。


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.04.19 | コメント(0)

サイト売却 で危機回避! 〜過去の失敗や行動結果はのちに成功に化ける話〜


こんにちは! みなさんご機嫌いかがでしょうか。


僕はといえば相変わらず新規事業ではいまだに目立った収益が出ず、
ニートのような生活が続いています。


あまり将来のことは考えすぎず、焦らずに今の課題に
真摯に向き合って堅実に積み上げていこうと思います。


<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。




と思っていた矢先、救いがきました。


先日、ある人が動画で「自分のブログを数百万で売った」と
言っていたのを聞いて

「あれ、じゃあ俺がもってるeBayアカウントも売れるんじゃね?」

とそう思って調べてみたのです。


するとアカウントを売買する以下のようなサイトがあることわかり
eBayのアカウントも取り扱われていることがわかりました。

SITE STOCK
https://sitestock.jp/


相場を調べたところ僕のeBayのアカウントは約数十万から数百万で
売却できそうです。


考えてみれば当たり前でECサイトのアカウントは
オンライン上の店舗なので売却も可能なんですね。


eBayは登録作業から実際に商品ページを作るまでに
膨大な時間がかかり、しかも最初は販売数と販売額に制限があります。


その制限を外すために販売実績を積んだ上でまた
eBayに電話しなければならないという、過酷な試練があります。


膨大な手間と時間をかけて一から作るよりも信用もついている
アカウントを幾らかお金を払ってでも買ったほうが時間対効果が高いのです。


うまくいかなければまた売却すればいいだけの話ですしね。


これで資金に余裕ができ、安心してコンテンツ作りが
できるようになりました。


このように過去の失敗や中途半端に終わった成果物が
のちに成功になって化けるというパターンは結構あります。


世紀の大発見やビジネスでも失敗したことや
意図しない出来事からつながったというものが多々あります。


ペニシリンはブドウ球菌を培養中にカビが落ちた際に周りの菌が
死滅していることがきっかけで発見に繋がりました。


マックの書体が美しい書体が充実しているのはジョブズが学生時代にたまたま
聴講していたカリグラフィーの授業からヒントを得たものです。


こうした偶然の幸運をセレンディピティと言いますが、
セレンディピティは誰にでも起きるものではなく
諦めず行動し続ける人にのみ訪れます。


過去の成果が成功に化ける前に諦めて行動をやめていたら
後の成功に出会うことはできません。


成功までに思考錯誤した過程は決して無駄にはならないのです。


それを知っているからこそ多くの起業家は
行動することをやめないのです。


失敗を恐れて行動しないのがいかにもったいなかが分かったと思います。


恐れず行動を起こし、継続につなげていきましょう。


それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.04.18 | コメント(0)

日本語の語種「和語、漢語、洋語」について 〜日本語はなぜ語種が多いのか〜


日本語は世界の言語の中でも語種が多い言語である。

『現代日本語』(岩渕悦太郎)によると英語、スペイン語、
フランス語であれば5000語覚えれば日常会話の96%が理解できると言う。

一方で日本語で96%理解しようとすれば2万2000語覚えなければ
ならない。


日本語にはひらがな、カタカナ、漢字と言う3種類の語種があり
話し言葉と書き言葉もはっきりと差がある為、
覚える語彙が多い言語であることは間違いないだろう。


今回は日本語の語種について取り上げ、
日本語の語種が増えた理由について述べる。

<日本語>金田一春彦



また日本語は「和語」「漢語」「外来語」「混種語」に分けられる。


・和語

日本に昔から存在している言葉で「山」「海」「風」「行く」など
瀕死の種類で言えば名詞、動詞、形容詞、助詞などすべてにわたって
存在し、特に助詞はすべて和語である。

和語は組み合わせによる複合語もあり「町娘」「一人娘」
など名詞の組み合わせや「早起き」「遅咲き」など
副詞との組み合わせも存在する。


・漢語

漢字で構成される語種で上代から近代にかけて
中国から伝わってきた漢語と日本で作られた和製漢語が存在する。

「天地」や「太陽」などが前者で現在でも中国で意味が通じるが
発音は日本化しているため「豆腐」「欄干」など一部を除けば
ほとんど通じない。


また漢語の特徴として語の構造が中国式になっていて
日本とは反対になっている。(「立春」「降雨」など)


一方、和製漢語は明治期に大量の外来語が入ってきた際
外来語をそのまま受け入れてもわかりにくいということで
漢字で日本語の意味を当てることで造られた漢語である。


「経済」「油断」「怪我」などが挙げられ、和製漢語には
中国に逆輸入され、現在使われているものもある。


なお、漢語と和語の判断基準は敬語に直すときに
「ご」がつく熟語が漢語で「お」がつく熟語が和語である。
(和語「おかげ」「お返し」「お望み」、
 漢語「ご希望」「ご旅行」「ご存知」)


・洋語(外来語)

一部は戦国時代にポルトガルやスペインから、
大部分は明治期に英語をはじめとしてフランス語、ドイツ語、イタリア語
から入ってきたものが洋語で主にカタカナ表記である。


中でも英語から輸入されたものが最も多い。


・混種語

混種語とは和語、漢語、洋語が組み合わされてできた語種であり、
「重箱、縁組、スター選手」などが挙げられる。

「重箱、縁組」などは和語と漢語の組み合わせで
「スター選手」は洋語と漢語であり、柔軟に組み合わせて造語できる。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。




<なぜ日本語の語彙は多くなったのか>

なぜ日本語の語彙は多くなったのだろうか。


まず日本語は外来語を取り入れやすい性質をしている。


古代から漢語を取り入れ、さらに漢語名詞に「する」をつけて
動詞化に成功した。


さらに明治期は福沢諭吉らが外来語を日本語に変換していった。


speechを「演説」(当時は「演舌」とも)、freedomを「自由」
それぞれ意味にあった漢字熟語を当てていった。


さらにそれ以降は英語の発音に「する」をつけて
動詞化させるようになった。
(「ドライブする」「スキップする」など)


また形容詞にするなら「ブラックな」「センチメンタルな」など
「な」を、副詞にするなら「スピーディに」「ダイナミックに」
など「に」を付随させることで成立する。


他の国の言語だとこうはいかない。

フランス語やドイツ語であれば動詞の形が決まっているため
その形に合わせなければならず中国語では漢字それぞれに
意味が含まれているためそれが邪魔になって取り入れられない。


例えば「コカコーラ」を「河口可楽」、「チョコレート」を
「巧克力」で表すが単語を正確に覚えなければそれぞれの漢字に
意味があるため他の意味と誤解してしまうのだ。


日本語の語彙が多い二つ目の理由として先ほども触れたが
日本語は単語の組み合わせに制限が比較的少なく
造語を作りやすい点が挙げられる。


「町娘」「一人娘」「看板娘」と和語と和語の組み合わせや
「旅慣れる」「見慣れる」と名詞と動詞の組み合わせも存在し
「咲き乱れる」「聞き飽きる」など動詞と動詞の組み合わせもある。


特に漢語は造語力が高く、「車(しゃ)」という一つの漢語で
人力車、自転車、自動車、自動運転車と
いくつもの新語や輸入語に対応できる。


また日本語には「大」「素」など接頭辞というものが存在し、

・大男、大声、大人数、大目玉、
・素早い、素通り、素顔

と多くの単語を作ることができる。

ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.04.14 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.