次の時代を担うもの|日本語3.0

インフォメーション

次の時代を担うもの

どうもです。

僕の本業は日本語教師ですが、
この立場になって思い返すことがあります。


それは小学校の時から先生たちが
「いい成績をとりなさい。そうすればいい学校へ行けて、、
いい会社に入ることができて、いい人生が送れる」
といっていました。


そして僕と同じ職場の先生方も
同じように学習者にアドバイスしています。

みなさんも先生から、あるいは親から似たようなことを
教え込まされたのではないでしょうか。

でもこれって本当なのでしょうか?

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが期待されます。
僕も一年以上摂取していますが、考えることが楽しくなる感覚が味わえます。




まず、「良い学校へ入ると、いい会社に入れる」
という部分について。

これははっきり言って間違いです!

僕は一応関西では名前の通った学校へ通っていました。
が、面接で100社以上落ちたということはすでに
述べている通りです。

まあ、
「そりゃあんたがバカだからだろう!」
と言う方もいらっしゃるかもしれません。

たしかにそこまで落ちた人は同期の中では珍しいです。
でも、友達も3割ぐらいのひとが就職できずに
卒業していきました。

すぐ近くにあるライバル校も似たような
状況でした。

僕の妹といとこは国立大を出ながらそれぞれ、
派遣社員とスーパーの店長です。

では、
「いい会社に入ればいい人生が送れる」
という部分はどうでしょうか。


これは説明するまでもなく間違っていますよね。

08年誰もが予想しなかった大企業リーマンブラザーズが
破たんしました。
大企業に入り、順風満帆な人生を謳歌していた人たちは
一瞬で社会の底辺に突き落とされます。


日本でも日本航空やソニー、シャープが
大規模なリストラを行い、毎年のように
希望退職者を募っています。


もっと言えば「いい会社、いい人生」
という概念もあいまいですよね。


一昔前なら絶対にありえなかったことが
今起こっています。
どうしてこんなことが起こるのか?
それは、
「時代が変わっているから」です。



東大教授の半藤一利は『昭和史U』の中で、
戦後から60年安保までを「政治の時代」、そしてその後の
オリンピック景気から高度経済成長までを「経済の時代」
と位置付けています。

『昭和史 U』半藤一利


1.政治の時代
1945年8月15日、日本が戦争に負け、
国土が焼け野原になりました。
そんな国を立て直すには
国単位で一丸となる必要がありました。

そのために、
目指すべき方向を示し、国全体を引っ張るリーダーが
必要でした。


2.経済の時代
その後、オリンピック景気などを機に経済が発展すると
会社という組織が大きくなってきます。

そうなると国(政府)の力が衰退し、
力を持つ会社寄りの税制や政策が立案され、
会社中心の世の中になっていきます。

しかし、
会社が大きくなった結果、世界を視野に入れ、
大企業は海外に工場を建てます。
海外の安い労働者を雇うことは
人件費削減にもつながり、こうした動きが
世界的に主流になってきます。

個人は賃金が下がり、消費が冷え込み、
長い経済停滞期に入ります。


政治とはすなわち、「国」
経済とはすなわち、「会社」です。


じゃあその次は何の時代でしょうか?

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。





3.個の時代
インターネットの発展普及により、
国境という概念が薄くなってきます。
誰でも等しく情報を受け取れる時代になります。

ピューリッツァー賞を3度受賞した
ニューヨークタイムズのコラムニスト
トーマス・フリードマンは
『フラット化する世界』のなかで次のような
主張をしています。

「フラット化によって、国境がなくなり、誰もが
等しく情報に触れられる時代である。会社や国単位ではなく、
個人がどんな特性や特技を生かして仕事をしていくかが
問われてくる」

リアルビジネスではお店は小さいより
大きい方がいいに決まっています。

でも、
パソコンのネット画面では大企業のホームページも
個人のホームページも同じ大きさです。

大企業のホームページよりもアクセス数を
稼ぐことも可能です。

つまり
次の時代では個人個人が起業して
活躍する「個の時代」が到来します。

こうして時代は
「国」→「会社」→「個人」と
主人公が変わってきているんです。

これからは
いい会社に入るよりもあなたがいい会社になる、
ことが問われるんです。


この時代では大企業も個人商店もイーブンです。
白人さんも黒人さんもアジア人もイーブンです。

個人が個人の特性を生かし、
実力を発揮する時代がくるんです。

世界中の才能が火花を散らして
ぶつかり合う時代が
もうそこまで来ているんです。

あなたはこの未来をどう思いますか?
血沸き肉躍る時代だと思いませんか?


そんな時代に備え、
あなただけの武器、磨いていますか?

今のうちに準備をしておきましょう。
それでは!

ほしい物リストです。
食用品をプレゼントいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


ほしい物リスト公開を始めました。
食用品をプレゼントいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2014.04.18 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.