Q「〜に〜があります」と「〜は〜にあります」の違い|日本語3.0

インフォメーション

Q「〜に〜があります」と「〜は〜にあります」の違い

ものや人の存在を表す文を存在文と言い、生物の場合は「〜います」を使い、無生物の場合は「〜あります」を使います。

存在文には「〜は〜にあります(います)」と「〜に(は)〜があります」の二つの構文があり、学習者は混同しがちです。

一言で言うと「場所に焦点が当たる(場所が主題の)場合は「〜に〜があります」を「物や人に焦点が当たる(主題の)場合は「〜は〜にあります」を使います。

1、「〜に〜があります」の使用例
国や人の紹介をしてもらうとき

T「〜さんはどこからきましたか?」
S「ニューヨークです」
T「へ〜ニューヨークがありますか?」

ニューヨーク自由の女神があります」


2、「〜は〜にあります」の使用例
・ものや人のありかを示すとき

T(自由の女神の写真を出して)「これはなんですか?」
S「Statue of libety(自由の女神)です」
T「そうですね。自由の女神どこにありますか?」

自由の女神ニューヨークにあります」

これで物に焦点が当たっているか場所に焦点が当たっているか学習者に察してもらえるかと思います。


<参考文献 >
「初級日本語文法と教え方のポイント」

2022.11.04 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.