外国人を雇うと日本人の賃金が押し下げられる は本当か?|日本語3.0

インフォメーション

外国人を雇うと日本人の賃金が押し下げられる は本当か?

先日こんなニュースが流れました。

就労外国人「永住」拡大へ 農業・製造など全14業種 政府
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c9ac64544318bd89d9ec7bb39ed26abf22d6ef2

これについて様々な人が意見を述べています。


この人たちの主張として共通しているのは「外国人に雇用を奪われる」「外国人がいるせいで日本の労働単価が押し下げられる」ということですが、それについて疑義を感じるので今日はそれについて私見を述べようと思います。


では逆に「外国人を入れなければ日本人の給料が上がる」というのは本当でしょうか?

僕も数年前まではそう思っていて、地元で飲食店をやっている知り合いにそう言ったことがあります。


その人は募集しても募集しても全然アルバイトが来ない、と言っていたので「時給上げてみれば?」とそう言ったのです。

すると彼は

「いや、これ以上時給あげたらお金残らんから。。」

そう言いました。

飲食は箱もお客さんが入る時間も近所の住人の人口も決まっているし、売り上げにはどうしたって上限があるのです。

この辺は日本語教師や介護士の事情と似ていますが、彼も福岡の地方でラーメン屋をやっていて七百円くらいの単価でやっていました。

給与ががらない業界については以前こちらの記事で触れました。

保育士、介護士、日本語教師はなぜ給料が上がらないのか? 〜堀江貴文氏の発言から考察〜 http://hayato55.com/article/181479810.html?1638085786

福岡の地方にしては少し高い方ですが、それでも利益が残らずコロナ禍で残念ながら店を閉めたのです。


こう言った構造的な問題や人口減から来る売上の低下が原因なのであって

「人手不足なら時給上げれば来る」
「外国人を雇ってしまうと時給が下がる」

っていうのは短絡的な意見なんですね。


それでも無理やり時給を上げようとするとどうなるか、お隣の国にデータがあります。

お隣の韓国では最低賃金法を改正し、全国の最低賃金を一律値上げしたところ失業者が激増しました。

企業が高い時給を払えずに倒産したからです。

韓国と日本は物価も経済規模も変わりませんが、韓国のアルバイトの時給は日本に比べてかなり低いです。

それでも倒産件数が激増したのです。

日本の企業だってそんなに体力があるわけではないので賃上げに耐えられない企業は倒産するしかありません。

そもそも、外国人の永住権が認められる業種は特定技能というビザの農業、漁業などで日本人の雇用が奪われるも何ももともと日本人がいなかった業種です。

特に林業、介護なんて何十年も人手不足だったにも関わらず全く給料が上がっていない業種で、最近になってようやく技能実習生や介護ビザが創設されて外国人が働くようになった現場です。

人手不足だったら時給が上がるのであればなぜこれらの業界はずっと給与が上がらなかったのでしょうか。

「外国人が代わりに働くから時給が押し下げられる」
「採用募集に誰も来なければ時給は上がる」

これらの主張がいかに的外れかわかってもらえたかと思います。

繰り返しになりますが、業界によっては売上の上限は必ずあり、人手が足りなくなっても時給が上げられないところがあるのです。

外国人の存在有無とは無関係なのです。

ここまでいうと今度は

「付加価値をつけて売り上げを上げて給与を増やせ。それができないのは経営者の怠慢だ」

そんなことを言う人がいるかもしれませんが、付加価値をつけた高価な商品やサービスをみんながいつも利用できるわけではありません。

一杯三百円の牛丼を楽しみにしているサラリーマンの人はそれでいいのでしょうか。

介護施設の利用料を上げると普通の一般家庭の人が利用できなくなるのですがそれでいいのでしょうか。


日本人、外国人に関わらず低賃金でも働く人がいるからこそ一般消費者はリーズナブルな価格で利用できるのです。


<結論>
「外国人を低賃金で雇うから日本人の雇用が奪われる」
「人手不足であれば時給は勝手に上がる」


ここまで読んだ方はこれらが事実でないことはわかってもらえたかと思います。

ではどうすればいいのか。

デフレというものは必ずしも悪いものではなくリーズナブルな価格で利用できるのですから、それを享受できることに感謝しましょう。


その上で副業でも始めて自分で収入を上げる努力をしなければなりません。


デフレ化で月5千円でも報酬が上げることができれば生活水準はぐんと上がるということです。

自分の待遇を嘆くのは他人のせいではなく自分の行動力不足のせいだということを自覚し、できることから着実に行動に落とし込んでいきましょう。


それでは!

外国人労働者の実情についておすすめの書籍
「外国人労働者をどう受け入れるか」


「ふたつの日本」


「移民と団地」

2021.11.21 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.