Youtubeは教育に良くないのか|日本語3.0

インフォメーション

Youtubeは教育に良くないのか


この間、従兄弟が子供が生まれたということで遊びにきました。

子育てに悩んでいまして「やっぱり英語を学ばせた方がいいのか」と相談してきました。

そこで以前こちらの記事でも紹介したのですが、幼少期であれば短い時間(25分を4週間)で中国語ネイティブ並みの聴解力を身につけられます。

読後 「外国語学習の科学 〜第二言語習得論 とは何か〜」 ~子どもをバイリンガルに育てるためには〜
http://hayato55.com/article/187846297.html

しかもできるだけ母国語と距離の遠い言語を習得していれば言語として聞き取れる範囲が広がり、成人した後に別の外国語を学ぶときに大変優位に働きます。


僕の観測範囲でも一国の言葉しか聞かせていない国の学習者より様々な言語を聞いて育った学習者の方が発音習得が格段に早いです。

中国やベトナムの学生は中国語のみ、ベトナム語のみを聞いて育つのでやはり発音に母国語の訛りが顕著に現れますが、幼い頃から自分の部族の言葉やネパール語、ヒンドゥー語、英語を聞いて育つネパールの学生は発音がきれいです。

数百万も費用をかけて留学に行くよりも余程コスパがいいと思います。

以上のようなことを踏まえ「日本語から1番距離がある言語は知ってる限りロシア語だと思うけどロシア語をやってみたら?」とアドバイスしました。

しかし、どうしてもYoutubeで勉強すると言うことに抵抗がある様子でした。


確かにYoutube、ネットのコンテンツで子供に勉強させるということに対して抵抗がある親御さんもいるかと思います。


個人的にはちゃんとリスクを把握、許容して学習を進めれば小学生くらいになればYoutubeの勉強の方がずっと役に立つと思いますが、確かに懸念事項もあるでしょう。


主な内容は「有害な情報がある、正確性に欠ける、視力が低下する」と言うことだと思いますが、本当にそうなのかこれからそれらの疑問について解決していこうと思います。


まず、視力が低下するという懸念についてはその通りだと思いますが、これはFireTVでも購入して大画面で離れて視聴させれば解決するかと思います。


有害な情報についても今Youtubeで規制が厳しくなり、女性は胸の谷間を見せただけで黄色信号になるためそこまで心配ないかなと思います。

どうしても心配ならこちらもFireTVで視聴できるようにして親御さんがいつでも見守れる環境にしていればいいと思います。


<Youtubeでの学習コンテンツは不正確なのか>

Youtubeで勉強する上で「正確性に欠ける」と言う点かと思いますが、結論そんなことはありません。


なぜならYoutubeは再生回数を稼いでなんぼの世界ですので、デタラメばかり教えていると信用を無くし、誰も見なくなってしまいます。

したがって発信する側はどうしても慎重にならざるを得ませんし、「とある授業」の葉一さんも間違いや板書ミスがあればすぐに取り直しています」と述べています。

正確な情報をわかりやすく伝えたほうが再生も稼げるので、Youtubeで再生を稼いで生き残っている動画は質も正確性も高いものが多いのです。


信用を積み上げに積み上げた末に再生回数チャンネル登録者を増やしたとしても少しでも間違えるとコメント欄で一斉攻撃されてしまいます。

少し前のメンタリストDaigo氏やYoutube大学の中田敦彦氏がいい例で、チャンネル登録者や再生回数を稼ぐようになった教育Youtuberはより慎重にならなければならなくなります。


でも、よくよく考えるとこれって学問上健全な姿ではないでしょうか。

なぜなら一斉授業形式の授業だと先生が間違えてもみんなの前で指摘しにくいものですが、コメント欄だと手軽に指摘できます。

間違った動画コンテンツに対して正しい指摘だと思われるコメントにはいいねが集まっており、コメント欄で動画に対する異論、反論が溢れ、侃侃諤諤の議論が起きています。


学校のような先生が一方的に話す議論とは違った双方向的な教育が行われていると思うのですがいかがでしょうか。


そもそも学校の授業であれば正確なのでしょうか?

小中高大と通った人はわかると思いますが、教科書を読んでるだけの先生、板書は誤字脱字だらけの先生に当たったことはあるはずです。

採点ミスは山のようにあったし、試験問題自体を間違える先生もいました。

もちろん先生も雑務に追われて忙しい身なのでそれを責める気はありませんが、それを言うならYoutubeで授業している人たちも責められる理由はないはずです。

乱暴な言い方ですがそもそもYoutuberは視聴者からお金をいただいてるわけではないのでどんなコンテンツを発信するかは自由だし、ヘイトやデタラメを発信し続ければ信用を失っていくだけですから自己責任です。


一斉授業だとその場限りで間違いを誤魔化せますが、動画だとずっと残ってしまうので間違いだけが槍玉に挙げられてしまいますが、公平に見たほうがいいでしょう。


以上、Youtubeでの学習における正確性について語ってみました。

以前ヨビノリさんの授業を見て大学の物理まで勉強している子供の話が話題になりましたが、特に幼少期の時間のある時期にネットを駆使して学習することは大きな可能性を秘めています。


理想は放置するのではなく親御さんもお子さんと一緒にいやむしろ率先して勉強し、リスクや長所を把握して並走していくことです。

そうすることでお子さんも親御さんも安心して学習を進められるでしょう。

2021.04.20 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.