Youtube始めます。 〜学習者に日本語を教えるコンテンツを投稿予定〜|日本語3.0

インフォメーション

Youtube始めます。 〜学習者に日本語を教えるコンテンツを投稿予定〜

来月辛い来月からまたYoutubeを始めようと思います。

さて5年ほど前にやっていたのですが、ある日急にアカバンを食らいましてそれで頓挫していたのですが、再び始めようと思います。

どういうコンテンツかというと僕の日本語動画教材を使って実際に日本語を学習者に教えて、それを動画にするというものです。

動画教材の宣伝にもなるし、Youtubeが再生されるようになればあわよくば広告収入も得られるようになるかもしれません。

チャンネル登録者数が増えればメンバーシップ制度の導入もでき、マネタイズできます。

メンバーシップでは全ての動画教材の試聴と確認テストに挑戦することができるという特典をつけています。


そうなるためにはある程度の再生回数やチャンネル登録者数が必要ですが、そのための準備ももちろん怠っていません。

まず僕にはinstagramのアカウント3万5,000人、Facebookページのフォロワーが約1万5,000人、Facebookグループのフォロワーが5,000人、合計5万5000人のフォロワーがいるのでそこで宣伝しようと思います。

それらのアカウントでしつこく宣伝すればいくらか効果はあると踏んでいます。

日本語を学習者に教えるコンテンツにすると言いましたが、今のところ4〜5人くらいを採用してチームYoutuberのような形で運営していこうと思います。

そうすればそれぞれファンができるかもしれないし、さまざまな国籍の人を採用すれば学習者がそれぞれの国の言語でshareしてくれるかもしれません。

そこでその学習者を募集しようとインスタグラムでよびかけたところ、100人以上の志願者が来てくれて、今も毎日3〜4人がDMをくれているところです。

最終的には5人くらいしか選べないのでzoomでの面接で決める予定ですが、面接にしたって100人もできません。

そこで書類選考を行なって、ある程度人数を絞ろうと思い、年齢や国籍、性別、日本語を学びたい理由をDMで送ってもらいスクリーニングすることにしました。


面接によぶメンバーは20人くらいに絞り、今面接をしている最中なのですが、なかなか面白いメンツが集まっており、これはいいコンテンツになりそうだとワクワクしています。

僕のフォロワーさんはインドネシア人が1番多く、次に日本に住む外国人、アメリカ人、マレーシア人、インド人、と続くのですが国民性なのか5番目に多いインド人が1番募集が多いです。

次にインドネシア人、スペイン人やスペイン語圏の人、アメリカ人と続いている印象です。

しかし、ここは国籍によってばらけることなく平等に採用していこうと思います。


Youtubeで日本語を教えるコンテンツは今までなかったし、僕が学習者に教えている様子を動画にすれば多くの学習者が無料で日本語を学べます。

僕だけでなくYoutubeで彼らも多くの人の目に止まるようになれば将来プラスになるはずだし、どうなるかわかりませんが楽しみです。

仮説を立て、言語化する目的で今回は記事にしました。

日本の人口が減少する中、海外に活路を見出さなければ日本人は生きていけません。

特に日本語教師は日本語というコンテンツを販売できるのでそこが大きな強みだと思います。

しかも、英語圏の経済規模は日本語圏のそれの10倍だと言われていますが、日本語を広めることができるので縮小する市場を少しは食い止められるかもしれません。

継続して成果を発表したいと思います。

それでは!

2021.03.20 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.