「教科書が読めない子どもたち VS 日本語ができる外国人たち 」  〜日本人の中高生と日本語上級者はどちらが読解力があるのか?〜|日本語3.0

インフォメーション

「教科書が読めない子どもたち VS 日本語ができる外国人たち 」  〜日本人の中高生と日本語上級者はどちらが読解力があるのか?〜


先日、「AI VS 教科書が読めない子どもたち」の紹介をしました。

「AI vs 教科書が読めない子どもたち」


これについてある疑問が湧いたので実地調査をしました。

すなわち本書で日本の中高生に出題された問題を外国人の上級者に出題してみたらどんな結果になるんだろうということです。

そこで世界最大のFacebook 日本語コミュニティの学習者で、日本語能力試験の1級を取得している人に同じ問題を解いてもらいました。

「日本語」
https://www.facebook.com/groups/The.Nihongo.Learning.Community

日本語能力試験とは日本語を学習している外国人の日本語能力を測るもので、聴解、文法・語彙、読解の項目に分かれています。

ネット時代になって簡単にデータが取れるようになったなぁと思っていたのですが、やっているうちに誤算が生じてきました。

最初の誤算は中高生は時間制限がありましたが、この日本語コミュニティのメンバーには時間制限がなくずっと考えることができます。

もちろん一度答えたら訂正できず正解するまで答えるということはできませんが、じっくり考えることができるのでコミュニティの日本語学習者が有利だと考えられます。

次に中高生はわからなくてもどれかを選ばなくてはならないのですが、コミュニティの場合はわからない問題は解かないということもできます。

したがって中高生の誤答の方が多く、日本語コミュニティでは自信がある人やわかった人だけが答えたということも考えられます。


また、問題によっては(特に最初の問題ですが)特定の地域の人や文化の人たちにとっては有利に働いた問題もありました。

あとはコミュニティに外国の方限定で出題したのですが数名ですが日本人も答えちゃったようです。

これらの点についてはいろいろ配慮して出題したつもりだったのですが、いざやってみると齟齬が出るもので。。。フィールドワークの難しさを改めて痛感しました。

こんな欠陥だらけの調査であるという点を踏まえてこれから先の記事を読んでいただければと思います。


まず1問目は日本人の中学生が38% 高校生が65%正解した問題です。

「Alex は男性にも女性にも使われる名前で、女性の名前 Alexandra の愛称であるが、男性の名前 Alexander の愛称でもある」

 Alexandra の愛称は(  )である。( )は何ですか?下から選んでください。

1、Alex 2、Alexander 3、男性 4、女性

正解は「1、Alex」で、正解率は以下です。
スクリーンショット 2021-02-07 1.06.16.png
*有効回答数128

正解者数7割で日本の高校生の正解率が65%だったので少し高いポイントとなっております。


2問目は日本の中学生の62%、高校生の72%が正解した問題です。

「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニアにイスラム教は北アフリカ、西アジア、中央アジア、東南アジアに主に広がっている。」

オセアニアに広がっているのは( )である。

1、ヒンドゥー教 2、キリスト教 3、イスラム教 4、仏教

正解は「2、キリスト教」で、正解率は以下です。
スクリーンショット 2021-02-07 1.25.32.png
*有効回答数37

こちらも78%が正解しており、N1持ち外国人の勝利です。

3問目はグラフ付きの問題で日本の中学生が12%、高校生が28%正解した問題です。
「メジャーリーグの選手のうち28%はアメリカ合衆国以外の出身の選手であるが、その出身国を見ると、ドミニカ共和国が最も多くおよそ35%である。」

下の4つから正しい答えを選んでください。
EsOM-cBVoAIPGtE (1).jpeg

正解は「2」で、外国人の正解率は以下です。
スクリーンショット 2021-02-07 1.31.39.png
*有効回答数39

この問題に至っては高校生が3割しか正解できなかったにも関わらず6割の人が正解を叩き出しています。

前述のようにコミュニティの外国人の方が有利な面も多々あったのですが、それでも全ての問題において日本の高校生よりも高くなっています。

特に3問目に至っては日本人の高校生よりも倍の正解率なので、日本の中高生よりもN1持ち外国人の方が読解力が高いと言っても良い気がします。


僕個人の体感ではN1合格してもかなりコミュ力に難がある人が多く、合格者でも日本人と仕事をするのは難しいのではないかと思っていましたが、時間さえ与えれば外国の方でも日本人と遜色なく文章が読めることがわかりました。


日本語コミュニティは当然Facebookを使える大人がログインしているわけですが、やはり社会人になってからの方が経験値も上がっているため物事の概要を掴む力が上がっていたり、他の知識を使って答えを導く力も養われているのかもしれません。

ましてN1に合格するほどの学習者ですから母国語でもたくさんの文章を読み込んでいると考えられます。


逆に日本の中高生はきっちりと多読して言語化する訓練をしないと日本語すらできないようではAIだけでなく高度人材の外国人にさえ仕事がとられていくことになりかねません。

特に今はネットで簡単に海外へアウトソーシングできる時代なので、プログラミングでもデザインでもベトナムやミャンマーで日本語が堪能な人がいたら僕だったらその人に仕事を頼みます。

国語力は全ての基本です。

大人になってからもインプットからアウトプットを繰り返すことで少しずつでも鍛えられますので、できるところから始めてみましょう。

それでは!

2021.02.05 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.