読後「 空腹こそ最強のクスリ 」  〜1日16時間食べないだけで若返る秘密〜|日本語3.0

インフォメーション

読後「 空腹こそ最強のクスリ 」  〜1日16時間食べないだけで若返る秘密〜


最近、禁酒に取り組んでいるせいか健康志向が高まってきて体に投資するために様々な方法を取り入れています。

運動なども積極的にやっているのですが食事にも気を使うようになりました。

そんな中この間読んだ本の中で興味深いものがあったのでご紹介します。

最新医学の知見を総動員して書かれた「空腹こそ最強のクスリ」と言う本で20万部以上のベストセラーになりました。

「空腹こそ最強のクスリ」


本書の要旨は「最良の食事法は空腹の時間を16時間作る」と言うものです。

巷には様々なダイエット本が出ていますが、大抵は「〜は体にいい」と言うように食材を勧める内容が多いと思いますが、この本の著者青木先生曰く空腹こそが最良の薬だと言うことです。

なぜ空腹が薬になるのか、なぜ16時間食べないと体にいいのか、そのメカニズムを解き明かして実践法をお伝えしようと思います。


<なぜ空腹が薬になるのか?>
この本ではそもそも現代人は食べすぎだと指摘されています。

「いや、僕は1日3食で間食なんてほとんどしないよ」

そう言う方もいらっしゃるでしょうが、その1日3食が食べ過ぎなのです。

なぜなら食事をとって胃や腸に取り込んだ食べ物を全て消化し終わるのに10時間かかることがわかっているからです。

日本が三食を取り出したのは江戸時代からだと言われていますが、その時は農耕などの力仕事が主でした。

エネルギー、筋肉が必要だったため3食食べるのがちょうどよかったのです。


しかし、工業化した現代力仕事についている人の割合は大幅に減りました。

今では大半がホワイトカラーなのでそれに従って食事も減らすべきなのですが、3食の伝統のみ引き継いでしまいそれで肥満に悩む現代人が増えたのです。

肥満は万病の元なので様々な成人病に悩まされる現代人が増加してきたと言うわけです。

当然ですね。

一食を消化し終わるのに10時間かかると言うのに間断なく3食食べれば消化する前にどんどん食べ物が内臓に投げ込まれることになります。

そんな食生活を送っているあなたは内臓側から見れば終わらないノルマをどんどん課すブラック企業の社長でそんな生活を何年も続けていれば内臓も疲弊して壊れていってしまいます。

内臓も痛み食物も消化できなくなれば肥満、免疫力低下、老化の原因になり、ひいては万病のもとになるのです。

いくら体にいい食生活を送っていても消化されなければ何の意味もないのです。

従って力仕事をしていないデスクワーク中心の人は何を食べるかよりも内臓を休ませるために16時間食べない時間を作ることであらゆる病気を防げるのです。

なぜ16時間なのか。

先ほども言いましたが内臓が食べ物を消化するのに10時間必要としています。

あとの6時間は何かというとオートファジーと言う仕組みを起動させる時間です。

オートファジー状態は一種の飢餓状態で若干の危機を察知した内臓たちが自力でなんとかしようとして細胞を生まれ変わらせてくれ、身体中の老廃物を一掃します。

結果、免疫力が激増し、万病を防ぎ、老化防止にもつながると言うわけです。


この本で紹介されている具体的な生活モデルは夜8時までに食べ終わり、それから翌日12時まで食べるのをやめると言うスタイルです。

僕も実践して1週間ほど経ちましたが、僕の場合完全に夜型なので夜7時までに食べるのをやめて朝の4時まで作業をします。この時点で8時間食べていませんがここからさらに昼の12時まで寝ます。

この時点で16時間以上は経過しているので16時間断食達成です。


まだこの方法を続けて日が浅いので劇的な効果が出ているわけではありませんが、寝る前に食べないので睡眠の質も良く寝起きもよく、疲れもないので起きてすぐに仕事に取り組めるようになったと実感しています。


あと本書に触れられてなかったのですが、虫歯リスクも予防できると思います。

我々は食べ過ぎ、歯を磨きすぎです。

多くの歯科医師も述べていますが、歯には自浄作用があるため本当は歯磨きなんかしなくても間食をしないだけで虫歯にならないのです。


最後に注意点が2点あります。

1点目はどうしてもお腹が空いて何も集中できないと言う場合はヨーグルト、ナッツなどは内臓的には食べ物としてカウントされないので食べてもOKだと言うことです。

胃の感覚はいい加減なのでヨーグルトを少し食べるだけで空腹感を満たせます。

そうしていくうちに胃はすぐに収縮し慣れると思います。

2点目の注意点は全ての症状に効く薬がないのと同じでこの方法も全員に聞くわけではないと言う点です。

あくまで肉体労働をしない人向けのメソッドなので、肉体労働をする人や筋トレを熱心に行う人はこの方法は合わないかもしれません。

2週間くらい試してみて合わないと思ったらすぐにやめましょう。

僕も運動と合わせてもう少し続けてみて何か進展があったらまたお知らせしようと思います。

それでは!

「空腹こそ最強のクスリ」

2020.11.06 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.