アル中だった僕が3ヶ月お酒をやめた方法と効果 〜絶対に我慢はするな!〜|日本語3.0

インフォメーション

アル中だった僕が3ヶ月お酒をやめた方法と効果 〜絶対に我慢はするな!〜


皆さんこんにちは! 

僕、ついにやりました。禁酒ですよ!禁酒!
3ヶ月1滴も飲んでいません。

時々飲みたい時もあるのですが、以前ほど飲みたい気持ちは薄れてきています。

自分の人生の中でこれほど長く禁酒に成功したことはないので画期的なことなのです。

何せ前までは毎日欠かさず500mlの缶ビールを3本ほど飲んでいましたし、「よし、もうお酒は今日からやめよう!」と決めた日の夜にすでにお酒を飲んでいました。

そこで今回はどうやって禁酒を続けられることができたのか、その効果はどんなものか話していきたいと思います。


まず、禁酒するときの注意点として一番してはいけないことは我慢です。

アレンカー著の「禁酒セラピー」にも書いてますが、人間というものは弱いもので我慢しようとすると続きません。

「禁酒セラピー」


お酒を飲みたくなくなるような状況に追いやればいいのです。

具体的に僕がやったのは以下の2つの方法です。


@運動して体を疲れさせる。

毎日軽い運動でもいいので続けていけば体がいい具合に疲れてお酒の力を借りずとも寝付くことができます。

ジョギングや筋トレ、水泳もいいのですが、おすすめは「腕立てバーピージャンプ」です。
https://youtu.be/D7wducZqZUI

腕立て伏せとスクワットを合わせた運動で無酸素運動、有酸素運動どちらの効果も得られるとのことです。

手軽で人体で重要な足腰の筋力増強に絶大な効果があります。

お酒もやめられて筋肉もつけられる、まさに一挙両得ではありませんか。


A禁酒本や動画を見て禁酒のメリットと飲酒のデメリットを深く心に刻み込む

お酒が好きな理由は人それぞれで酩酊感が好き、味が好き、飲み友達が増えるなど多くのメリットがあるでしょう。

しかし、デメリットの方が多いことが身にしみてわかればお酒に手を伸ばすこともなくなります。


飲酒にはメリットよりもデメリットの方が多くあることを深く心に刻み、飲みたくなくなるような心理状態にすればいいのです。

禁酒すると以下のようなメリットがあります。

・目覚めが良くなる。
これは1日目から実感できることですがマジで目覚めが良くなり、二日酔いの嫌な感じがなくなります。

・思考がクリアになる。
お酒が残らないので思考するのが楽しくなり、読書などインプットの質が上がります。

・便がしっかりする。
アル中の頃は下痢になることも多くありました。大量の水分を吸収できなくなるからです。しかし、禁酒してからは内臓が他の食べ物の消化に集中できるのでまともなものが出るようになりました。


・お金がたまるようになる。
これも1ヶ月経って気付いたのですが2万円くらいのお金を注ぎ込んでおり、こんなにお酒にお金を使っているのかと仰天しました。

・時間がたくさんできる。
酔っ払っている時間が少ないのでその時間をインプットの時間やアウトプットの時間にさけます。インプットが良質になれば当然アウトプットも良質になりうるので収入も上がります。

・現状の問題に向き合える。
これも時間ができて気付いたのですが、自分の事業が抱えている問題としっかりと向き合えるようになりました。

今までは心配なことがあるとお酒を飲んで逃げていたのですが、むしろお酒を飲んで逃げる習慣がつき、イライラにつながってストレスになるという逆効果だったのです。

不安でも禁酒でできた時間でできることを着実にこなしていくことが不安解消につながるのだと思いました。


以上、禁酒のメリットについて述べてきましたが、誘惑に負けそうになったときこのような効果を味わっている断酒成功者の話をYoutubeで聞きまくるのがいいでしょう。

僕が参考にしたのは以下のYoutubeです。

【禁酒セラピー】アルコール依存症が1年禁酒した結果・・・
https://www.youtube.com/watch?v=d141Zr42gxU&t=811s

3カ月禁酒したら人生変わった!
https://www.youtube.com/watch?v=-xsw7_3gKvY&t=403s

【禁酒】アルコール中毒の男が一週間禁酒したら別人に生まれ変わった【禁欲】
https://www.youtube.com/watch?v=lL-y-vOhPBw

本だと先ほど消化しいた禁酒セラピーがいいでしょう。
「禁酒セラピー」

これらの情報を毎日インプットしていると「禁酒したらこんな効果があるんだ!頑張ろう!」というモチベーションになると思います。

一方、禁酒のメリットといえば「楽しい気分になれる」「飲み友達が増える」とそう言ったところでしょうか。

先ほども触れましたが、自分が抱えている問題はしっかりと直視し、少しずつでも行動することでしか解決しません。

飲み友達も有意義な友達ならいいのですが、不平不満や愚痴を言い合うだけの友達だったらお金と時間の無駄遣いなのでさっさと人間関係を切るべきです。

人生を有意義に過ごしたいなら友達は選びましょう。



この方法に従ってやっていくと3ヶ月の体験記は以下のようなものでした。


<禁酒して1〜3日目>
飲みたくてしょうがなかったです。しかも一番ビールがうまい8月だったので余計辛かったです。
ずっとノンアルコールビールを飲んで、禁酒している人の動画を見ていました。眠れない日も多かったので、運動を多めにしてとにかく眠たくなる工夫をしました。


<禁酒して7日目>
少し体が慣れ、飲みたくてしょうがないという感情は減っていました。朝起きた時、思考がクリアになっていたのですぐに仕事に取りかかることができるようになりました。


<禁酒して10日目から2週間>
この時点で人生の禁酒記録を更新しました。時々飲みたい日があるもののだいぶ慣れてきていました。しかし、少し油断すれば「どんなものだったかな?」とお酒に手を伸ばしてしまいそうでした。

二日酔いの感覚を思い出したり、禁酒動画を見てひたすら飲みたくなくなるように心理操作していました。


<禁酒して1ヶ月目>
ほぼ禁酒動画を見なくても寝られるようになり、お酒の味もほぼ忘れてきていました。ノンアルコールビール1本と炭酸水という生活に切り替えることができていました。
ノンアルコールビールを飲まなくても炭酸水でも事足りる日もありました。

しかし、周りに飲んでいる人がいるとまだ飲みたいという感覚は残っていました。


<禁酒して2ヶ月目>
ノンアルを飲む量すら減って炭酸水中心の生活になっていました。禁酒してから初めての決済がきて大幅に経費削減になっていたので頑張ろうという気持ちになれました。


<禁酒して3ヶ月目(現在)>
ほぼ炭酸水中心の生活で、お酒を飲むメリットも分からなくなってきており仕事の生産性も上がったと思います。
とはいえ時々「飲んでみようかな?」という考えがよぎるのですが、次の日お酒が残っている感覚を思い出すと飲む気が失せます。


僕は経営者なので無用な飲み会に出席しないという選択肢ができたのですが、これを読んでいるあなたは付き合いもあるという人もいるでしょう。

さっきも言ったようにつまらない愚痴の言い合いになるならいくのをやめた方がいいです。

そんな友人と一緒にいるといつまでも負け組の人生から抜け出せませんからどうしても付き合いがある場合だけとか回数を制限しましょう。

スティーブ・ジョブズも「何かを止めることは何かを始めること以上に重要だ」と言っていましたが、本気で人生を変えたいのなら禁酒するという選択肢は大いにありです。


とにかく大事なことなので繰り返しますが、メリットを考えることです。

「お酒やめてお金が浮いた〜」「内臓が喜んでるわ〜」「時間がたくさんできて好きなことできるわ〜」

そう言い聞かせながら楽しく禁酒しましょう。

少しの間やめてお酒のない爽やかで生産性の高い生活を一度味わってしまえば前の生活には戻りたくなくなるはずです。


それでは!

2020.11.02 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.