ビジネスYoutuberはオワコン化と教育Youtuberの台頭|日本語3.0

インフォメーション

ビジネスYoutuberはオワコン化と教育Youtuberの台頭


どうもです。

最近ずっと日本語の動画教材製作に勤しむ傍ら、Youtubeサーフィンをしています。

動画教材をYoutubeで宣伝するために色々勉強しているのですが、気づいたことがあるのでシェアしておきます。


Youtube界の流れとしては最初にヒカキン氏やはじめしゃちょーなどの芸能、エンタメ系Youtuberが参入し、Youtuberというものが認知されだしました。

その後、音楽系、グルメ系、旅行系、と様々な分野の人がYoutubeに参戦し、Youtuberというよりも本業をやっている人が副業として本業に関わる情報発信を始め、最近は税理士、弁護士などいわゆる兼業Youtuberが増えました。

企業側はそんな彼らに企業案件を委託することで商品やサービスを宣伝していたのですが、Youtubeの市場を見込んでか最近は自社や個人で情報発信を始める人が増えました。

こうしてビジネスYoutuberの参入が増えたというのが最近の動きであると認識しています。


で、ですね。

今後はビジネスYoutuberは衰退して我々教育系Youtuberの時代が来るかなぁーと思ってます。


理由を説明します。

まずなぜビジネスYoutuberが衰退するのかといえば情報の賞味期限が短いからです。

どういうことかというとビジネスの世界は常に日進月歩、昨日の情報が時代遅れになることだってざらにあるのです。

動画で「〜というサービスがいいですよ」と言っても来年には廃れているか新しいものに取って代わられているかもしれません。

2年前まで仮想通貨アフィリエイトが流行っており、それについて動画で語っていたビジネス系Youtuberがいたとしても今年仮想通貨アフィリエイトは見る影もありません。

GoogleのSEOの話をしても数ヶ月前にGoogleの仕様が変わり、今まで上位をとっていたキーワードが変わりブロガー界ことは記憶に新しいと思います。

そのためビジネス系Youtuberは次から次へと動画を投稿しなければなりません。


それに比べて教育系Youtuberはエンタメ系やビジネス系に比べて賞味期限が長いと考えられます。

つまり、ビジネス系のネタと違い数年後、急に数学や英語、日本語を学びたいという人がいなくなっているということは考えづらく、どの時代でも一定程度需要があるということです。


その分、トレンドに乗りにくく、拡散はされにくいのですがロングテールなので数年後にすごい再生数を叩き出しているということだって考えられるのです。


しかもですね。

ご存知の通り日本は空前の少子高齢化社会に突入しており、一昨年40万人、去年は50万人の人が日本列島からいなくなっております。


つまり、日本で日本人向けに商売している人は顧客が毎年40〜50万人減っているということなのです。

しかし、日本語の先生の場合日本語というコンテンツを海外に売ることができるので人口減少の影響を受けにくいのです。

それどころか世界人口はしばらく増加するのでビックチャンスなのですが、なぜかあまり言及されません。


聞こえてくるのは

「日本語教師を国家資格化しろ」「日本語教師の待遇を良くしろ」

といった他力本願な主張ばかり。

日本に留学する人が減っており、コロナ不況で公金が様々な分野で投入されている今、その必要性を感じて政府が公金を投入してまで日本語教師の待遇をあげるとは思えません。


何度かこのブログで主張していますが、人や政府に期待せず自分で動きましょう。


政府や社会を変えるよりも自分を変えて行動する方が早いし合理的ですからね。

それでは!

2020.09.12 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.