嫁ブロック、親ブロックの対処法  〜まずは家族サービスから始めよ〜|日本語3.0

インフォメーション

嫁ブロック、親ブロックの対処法  〜まずは家族サービスから始めよ〜


起業するときに躊躇する理由として「嫁・家族の反対にあう」いわゆる嫁ブロック・親ブロックが挙げられます。

「反対されて辞めるくらいの意思なら成功しないから辞めろ」

と言いたいところですが、誰でも理解されないままずっと小言を言われているとどんな意思の強い人でも精神は疲弊します。

やはり近くで支えてくれる存在はやはりありがたいものです。

家族が味方につけばオフィスを構えることもなく実家をオフィスにして起業もできるわけですからとても頼もしいし、成功確率もぐんと上がるのは間違いありません。


じゃあ、どうすれば応援してもらえるようになるのでしょうか。


ここで注意して欲しいのは事業内容を説明するのは控えた方がいいということです。

難しい事業の話をしても理解してくれるとは限らないし、とくに両親の場合ITの分野に関しては胡散臭いものだと考えている人の方が多いですから「そんな怪しいものやめろ」と言われるのがオチです。

事業内容ではなくあなた自身を売り込むことです。


「私のことを理解しない方が悪い」と考えるのではなくあなた自身が信頼されるような生き方をしてこなかったと考えてください。

一番長い時間を共有している家族も説得できない人がこれから先ビジネスを始めて赤の他人を説得するのは普通に考えて無理でしょう。


ではどうやって信頼を得るかというと親や奥さんを喜ばせればいいのです。

具体的には子育てや料理作り、掃除など奥さんや親御さんの手助けになることです。

ビジネスとは誰かのお悩み、問題解決なので身近な人から手助けしていくことで自分の周りからマーケティングをかけていくのです。

特にあなたが両親から受けた経済的精神的恩恵は計り知れないでしょう。

大学まで行くのだとしたら数千万円かかりますし、それを稼ぎ出すのに数十年とかかります。


それだけ時間と手間とお金をかけさせておいてさらに「起業したい」「夢を追いたい」と我を通すことしかしなければ両親が「はあ?」と思うのも無理はありません。

そういった意味でもまずは身近な人に感謝し、手助けする、そういう当たり前のことができてこそ事業も成功させることができるのです。


周りを変えようとするのではなく自分が変わる努力をする。

ぜひお試しください。

それでは!


2020.07.03 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.