ビジネスはお金の奪い合いから時間の奪い合いへ|日本語3.0

インフォメーション

ビジネスはお金の奪い合いから時間の奪い合いへ


自粛期間中、教材開発の傍、ずっとYoutubeを見ています。

基本自粛反対派なのですが、行きつけの店も施設も閉まっているので僕も自粛せざるを得ません。

なんども言っていますが、日本での死者は600人ほどでインフルエンザで死ぬ人に比べると格段に少なく、感染率もインフルエンザより少し高いだけだとわかっています。

ちなみに今年はインフルエンザで一日50人以上なくなった日もあります。
https://president.jp/articles/-/33053

経済をストップして失業者や犯罪者、自殺者が出ることを考えるとコロナでの死者はそれほど重要なものなのか疑問はぬぐえません。

そんな中自粛期間中でもZoomなどのテレビ電話サービスの株価は伸びています。

フリーランサーの中にはすでにリモートワーク中心の人もいた(僕もその一人)ので、そういった人たちもコロナショックの影響は小さいかむしろ伸びています。


今後、アフターコロナではなくウィズコロナになるのであればやはり現代における最適解はオンライン化です。

今回のように勤め先が休業になったり、倒産したりしてもオンラインで自動的に売れる商品を作っておけば困る必要はありません。

そのためには今みたいな空いた時間を使ってSNSをただ見るだけではダメで、それを咀嚼しあなたの自身のコンテンツを作らなければなりません。


従来のインターネットがない時代は店舗を構えて商品を売ることで収益を得ていましたが、すでにルールは変わりつつあります。

Youtuberやinstagramer、ブロガーなど今収益を上げている職業は視聴者、読者から直接お金を取るわけではありませんが、時間を奪うことでPVを稼ぎ企業広告を出して稼いでいるのです。

つまり、多くの人の時間を奪えるほど魅力的な商品、コンテンツを作るかが勝負です。

あなたは空き時間に誰かのコンテンツに時間を奪われていますか?

それとも誰かの時間を奪うほど魅力的なコンテンツ作りに勤しんでいますか?


前者に甘んじるか後者に転身するかで今後の勝敗が変わります。

限りある時間を有効に使い分けましょう。


それでは!

2020.05.18 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.