教師が天才中学生の商材を読んでみた|日本語3.0

インフォメーション

教師が天才中学生の商材を読んでみた


僕は1年ちょっと前まで日本語学校で日本語教師をやっていたいわゆる教育者です。

職業柄教育には人一倍関心があるのですが、最近Twitterで今までの教育の概念をひっくり返すような動きが活発化してきていますが皆さんはご存知でしょうか。

学校をやめた理由は一言で言うと今の教育に疑問を持ったからです。

日本語学校も義務教育も教育の役割と義務を全く果たしていないと感じるようになり、教壇に立つのが苦しくなったのです。


そもそも教育の役割と義務とは一体なんでしょうか。


さまさまな考えができますが、僕は教育の最終的な意義は「自立させること」だと考えています。

そして自立するためには当然金を稼げる人間に育てなければなりません。

しかし、今の教育界には大企業に就職、公務員になれば安泰ということを平気で言う人が多くいて、多くの学生もそれを信じて無思考で学校に通っています。

結果、その学生たちも勤め先に依存しなければ何もできない人材になると言う、教育とはかけ離れたことが何十年も繰り返し行われています。


しかも「金を稼ぐ人材を育てる」と言うと旧来型の先生たちから多くの批判が来ます。

例えば「学問を残さなければならず子供達に伝承させなければならない」「子供にお金の話をしてはいけない」といった類の反論です。

よく考えて欲しいのですがお金がなければ研究し学問の新境地を切り開いていくことはできません。

アメリカがなぜ学問の分野でトップでいられるのかというとブランディングに成功し、世界中から資金を集めてこれるからです。


大人よりも優秀な子供たちはそんな教育の本来の意義や時代の変化を感じ取り、学校を見限って早々に自立してしまっている子どもたちが続々出てきています。

その代表格がキメラゴンさんで、冒頭で言ったようにTwitterインフルエンサー界隈を席巻しています。

https://twitter.com/kimeragon01?s=20

彼も今の教育に疑問を持って不登校になり、一念発起してなんとたった一年で月収10万円に到達したそうです。

以下がそのノウハウを表した彼の商材です。

【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと
https://brain-market.com/u/kimeragon/a/bUzMgoTZsNWa0JXY?from=bMzMwQTMgojclNXd
スクリーンショット 2020-02-17 16.52.32.png


僕も買って読んだのですが、正直驚かされました。

「これマジで中学生が書いたの?」

とそう思いました。

不登校児に対する誤解としてよく言われるのが「勉強しなくなる」というものがあると思うのですが、彼の教材を読めば読解力、分析力、達観力はその辺の大人をはるかに凌駕していることがわかります。


もう一つの誤解としては「楽な方向に逃げているだけだ」と言う批判ですが、これも大きな間違いです。

義務教育から外れると言うのは 会社を辞めるのとはワケが違います。

相当な覚悟と知見の積み重ねと絶え間ない試行錯誤を毎日続けなければならないのです。

その結果、思考停止で学校に通っている学生よりもはるかに勉強でき、優秀な人材に育つのです。


商材についてはネタバレになるので細かく触れるのは避けますが、心構え的な内容(自分にしかできないことを発信せよ)から徐々に具体的な戦略の話(フォロワーを増やす、商品を作る等)に移っていきます。


彼の1年に渡る試行錯誤と検証結果から書かれてあり、論旨明快で説得力があり、かつ再現性が高い内容になっています。

きちんと実践すればほとんどの人は稼げるようになるでしょう。

どうしてこのような天才に育ったのか、とても興味が湧いて調べていると彼が自身の体験を綴っているnoteも販売していたので買って読んでみましたが、こちらも大変興味深いものでした。

特に教育者は必読の書と言えるでしょう。

【令和の新教育】〜落ちこぼれ中学生を月収10万の「複業中学生」にした親の超戦略的な教育!〜
https://note.com/kimeragon/n/ndf7e7feac729#ecNbj

こちらもネタバレになるので詳しくは触れられませんが、個人的に刺さった内容を少しnote記事から引用します。

「子供だから」という理由で頭ごなしに
否定をしていると、「大人はすごい」と勘違いします。
結果的に、「子供だからここが限界...」と
限界でもないのに、勝手に自分の限界を
決めてしまったりします。完全に実力至上主義で仕事をする人が増えていくので「大人には勝てない」という価値観はもう古いんです。


従来は労基法で就労年齢は決まっているので子供のうちから会社に入ることもできなかったため、学校という閉ざされた環境にいるしかありませんでした。

しかし、今はICT機器も情報も民主化したので年齢関係なく、実践していった人のみ成長し、成功の果実を得ることができます。

むしろ実社会よりネットの方が優秀な人に出会えることも多いので、得られる知見も良質なものになりうるでしょう。

「アメリカの小学校に2011年に入学した子どもたちのうちの65%は今はまだ存在すらしていない職業につくことになるだろう」

というデューク大学のキャシー・デビッドソン氏の言葉がありますが、これからの変化の激しい時代はますます学校と社会の断絶は広がります。

人生は1番の先生なのでネットを通じて早めに社会に出ないと損をするのは間違いありません。


「学生なんて僕からしたら副業以外の何者でもないんですよ。少なくとも現時点では学生として学ぶ時間よりもネット上でより多くの人に僕の考えや知識を届ける発信の方がよっぽど社会に貢献できている生き方だと思います。

「学生が副業」という発想がまず面白いですよね。そんな発想は僕の時代ではあり得ませんでした。

ご存知の通り、ほとんどの教師は社会を経験していません。

彼らから良質な情報を得ることは不可能ですし、彼らが教壇に立ち続けて無自覚に子どもたちの可能性を潰しているとすればそのような教師は本当に社会貢献していると言えるでしょうか?


改革の努力も全くしていない、時代錯誤な教育をしている教師はみんな税金で飯を食っています。

逆に優秀な子どもたちが納税していてそんな無能な教師を養ってやっている、なんとも奇妙な構図です。

では、親や我々教育者はどうすればいいのでしょうか。それについてもキメラゴンさんはnoteで教えてくれています。

STEP1:幅広い情報を与える
STEP2:環境を整えてあげる
STEP3:必要な知識を与えながら見守る

驚いたことにこれはFacebookを創設した天才、マークザッカーバーグの両親と同じ教育方針です。

ザッカーバーグの両親も子供がやりたいと思ったことはなんでもチャレンジさせ、投資として必要な道具もなんでも買ってあげたそうです(ただし子どもが自分の意思でやりたいと言った時だけ)。


キメラゴンさんの言う通り、親や教育者の役割は子どもたちに好きを見つけさせて追求できる環境を整えればあとは勝手に成長するのです。このことは彼の存在が証明しています。

とは言えネットには危険なこともあるし、やはり分別がある親が判断しなければならないこともあるので完全に放任するのではなくきちんと「見守る」と言うのもその通りだと思います。


ネット社会は日進月歩の世界で、大人と子供が常に一緒に学んでいくと言う姿勢が新たな教育の形だと僕は考えています。

<所感>

日本は世界史上、ほとんど前例がないほどの少子高齢化です。

女性は2人に一人が50歳以上という漫画のような世紀末な状況が現実になっています。

きれいごと抜きで今後彼のように子どもの時から起業してお金を稼げる人材は希望の星です。

子どもたちで起業する人が増えれば、税収も上がり日本が再生する道も開かれてくるでしょう。

また、近年不登校児も増え、自殺する子供も増えてきています。

彼の成功事例がもっと広がれば、不登校児たちの希望となるでしょうし、多くの子ども立ちが学校を見限るようになれば学校も変わらなければならないことに気づき、変革を試みるかもしれません。


現代教育のあり方に一石を投じてくれたキメラゴンさんに感謝しつつ、今後を楽しみながら僕は新しい教育の形を実践し、具現化までつなげていきたいと考えています。

それでは!

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2020.02.16 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.