起業は絶対に一人ですべき理由|日本語3.0

インフォメーション

起業は絶対に一人ですべき理由


お久しぶりです。

本業の教材開発が忙しく、めっきり投稿頻度を減らしてしまいました。

Vimeoで月額定額制、いわゆるサブスクリプションにして売り出しました。

Nihongo 3.0
https://vimeo.com/ondemand/nihongo30

少しずつ日本語動画コンテンツを発信していくため、一生懸命、インスタやFacebookページで宣伝しているところです。

なかなか思うようにいきませんが試行錯誤してやっていきたいと思っています。


さて、今日はちょっと悲報なのですが、僕が日本語学校時代にもっていて今でも親交があるネパール人の学生についてです。

(この人)
ビザが取り消されたネパール人学生のその後 〜教育の意義は学生の好きを見つけること〜http://hayato55.com/article/186867429.html

ビザが取り消しになった後帰国を余儀なくされましたが、その後バンドを組んでYoutubeで音楽配信をやると夢と希望に溢れて道を歩みだしましたが、それがどうやら危うくなってきたそうです。


原因はバンドメンバーが禁止薬物をやっていて逮捕され、スタジオも抑えられてPCも楽器も使えないとのことです。


挫折から這い上がり、夢だったミュージシャンへの道を歩み始めた矢先にこんなトラブルが起きるとはなんとも残念な話です。

まあ、ミュージシャンはいろんな思いをした方がファンに刺さる曲を作れると思うので、諦めずに活動を続けてもらってプラスの方向に向かえばいいなと思っています。


前から思っていることがあって、今回のことを見てやはりそうだと思ったことがあるのですが、やはり「ことを起こす時はまず一人でやろう」と言うことです。


特に起業する時はそうなのですが、今日はその話をします。

<えごま油>
脳の栄養素であるDHAが豊富に含まれている油です。



現代はIT化によりオフィスを構える必要もなく、金余り状態で資金調達環境も整ってきており、史上もっとも起業しやすい環境が整ってきています。


だからと言ってもちろん簡単に成功できるわけではありません。
むしろ失敗と試行錯誤の連続です。

ずーっと時間をかけても収入は0、もしくは赤字になることだって考えられます。


並並ならぬ努力、根性、知力、そして情熱が求められる世界なので耐えられずに95%以上の人が諦めてしまうのが起業の世界なのです。


つまり、起業前にそんないい人材と会える確率は5%くらいで、いい人に出会うためには100人に会わなければならないのです。


起業前にそんなことに時間を費やすのはナンセンスだし、ましてそれがあなたの身近にいる人がたまたまそうだったという可能性は極めて低いのです。


本当に優秀な人は一人で行動するし、仲間を探しあっている時点で優秀な人から見限られるでしょう。


また、起業前はチームメンバーの能力やスキルもよくわからない状態です。

俺は効率よく作業をこなしてるのに相方は作業量が少ない、でも給料は同じ、
逆に俺は時間もかけてコミットしているのに一人は本業をしながら片手間にやっていてそれでも給料は同じ、なんて場合になると当然不平不満がたまり、やがて解散する理由になるでしょう。

やはり誰かと組むなら起業した後で出会った人です。


成功が山の頂点だとして、先ほど起業前に仲間を探している人たちは山の麓で怖がって一緒に登る仲間を探しているのと同じことなので論外だという話をしました。

しかし、山の途中で出会った仲間と組む人はそれなりの実力者です。

なぜなら、あなたと同じように山に登る決心をして実際に途中までは登ってきた猛者であり、勇気も知恵も根性もあるということだからです。


よく企業の社長が他会社と提携したりしていますが、山の上を目指して登ってきた社長同士が決めたことだから有効に働くのです。


ただし、絶対に一人で始めなければならないかというとそうではありません。
しっかりとした役割分担ができる場合ならいいでしょう。


例えばあなたがプログラミングができて、相方がSEOの知識やSNSのフォロワーが多い場合などです。

最も有名な成功例がスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニャックです。

二人はアップル創業当時からの盟友ですが、ジョブズはハードウェアの知識と卓越したセールスの能力を持っており、ウォズニャックは天才プログラマーでした。

二人がそれぞれの持ち場で才能を発揮したからこそアップルはうまくいったのです。


最初から卓越した才能やスキルがないうちから仲間を探して起業などしないようにしましょう。

0+0は0なので、山を登っていくうちにスキルを身につけていきましょう。


それでは!

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2020.01.08 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.