子どもにネットを禁止すべきか 〜子供達はやはり大人より優秀な件〜|日本語3.0

インフォメーション

子どもにネットを禁止すべきか 〜子供達はやはり大人より優秀な件〜


この間、テレビで「男子中学生が将来なりたい職業」について取り上げていました。

結果は以下の通りです。



どれも時流に適っている職業でやはり最近の若者は優秀だなと思う一方でいくつか気になった点もあったので記事にしました。

ツイートにも書いていますが、番組での取り上げ方が結構批判的だった点です。

「楽して動画投稿やって金を儲けようなんて最近の若者はけしからん」
「ゲームで遊びながら収入を得ようなんて甘い」

と言う論調でした。


これまでの年功序列、終身雇用という形態がどんどん崩壊し、正社員という地位すら危うくなってきていて新しい働き方にシフトしなければならない、そのことに中学生が気付いてるのに全く気付いていない大人が若者の可能性を消しているという日本の縮図を見たような気になりました。


あと気になった点といえば「将来なりたい職業」というテーマです。


5番はともかく1番から4番までは今すぐになれる職業です。

1位のYoutuberは動画を撮って投稿するだけ、2位のeスポーツはゲーム配信を始めればいいし、3位と4位は今すぐUdemyなどの動画教材を買ってプログラミングを学んでアプリやゲームを作ればいいのです。

いずれもそんなに遠い将来になるまで待たなくていい職業ばかりだからすぐに始めればいいのにと思ってしまいました。

スタジオにいたような芸能人が親だったりするとやはり何も考えずに子どもにネットを禁じているのかもしれません。

【発信で月収6桁達成のテンプレ】月収6桁の中学生が一年間でやってきたこと
https://brain-market.com/u/kimeragon/a/bUzMgoTZsNWa0JXY?from=bMzMwQTMgojclNXd

<子どものネット利用を禁止させるべきか>

賛否ありますが僕は子供(小学校くらい)のうちからネットを介して社会と繋がりを持って行くべきだと考えています。


こういうと「ネットには有害な情報もあるので大人が制限すべきだ」という意見が出るのですが、本当にそうなのでしょうか。

そもそもこういう意見って大人の方が子どもよりもネットについて熟知しているという前提に立っていますが、一概にそうとも言えません。ネットに疎く使いこなせない大人は大勢いるし子どもに教えることができるほどリテラシーの高い大人は案外少ないものです。


日本語学校でもベテランのおばさん先生がICTに疎いからという理由でいつまでもICT化が進まないことが結構あります。


こちらのキメラごんさんは中学生のブロガーで自身の両親の教育方針を記したnoteを販売開始しました。これが売れており一日数万円の利益が出ているそうです。

【令和の新教育】落ちこぼれ中学生を月収10万の「複業中学生」にした親の超戦略的な教育!https://note.com/kimeragon/n/ndf7e7feac729

https://brain-market.com/u/kimeragon/a/bUzMgoTZsNWa0JXY?from=bMzMwQTMgojclNXd


彼の言語化能力、分析力、適応力、世の中を見渡すメタ認知力はその辺の社会人よりもはるかに上だと思います。






彼がこのような成果を上げられるようになったのは子どもの頃からネットを通じて現代社会にアクセスし、大人社会の中で揉まれたからに他なりません。

PCやネットは人間の能力を最大化させます。そのため幼い頃からPCに触れさせておくと才能が開花し、大化けする可能性もあるのです。

Facebook創始者のザッカーバーグやGoogle創始者のラリーページ、現代の魔法使いこと筑波大教授の落合陽一氏は小中学校からPCを使い、慣れ親しんでいたことはよく知られています。


確かにネットには子どもに見せてはいけない有害な情報も溢れているのも事実です。

ネットやスマホに限らず便利なものには必ずリスクがあります。

自動車が普及したら交通事故が増えてしまいましたが、だからと言って自動車を禁止すれば経済的な損失が計り知れません。

それと同じことで今日本で子どものネット利用を禁止してしまえば潜在的に大きな経済的損失があります。

日本は少子高齢化社会で、少数の若者が大多数のお年寄りを支えている構図です。


キメラゴンさんのように小・中学生でも稼げる人がたくさん出てくることは現在の日本にとってとてもありがたいことなのです。


ネットの有害情報なんて死のリスクがある交通事故に比べれば大したことがありません。むしろネットでのホームスクール体制を整えれば通勤時に学校に行く機会も減らすことができ子どもたちが交通事故で死亡するリスクも減らせるでしょう。

有害な情報や人も社会の一部です。乱暴な言い方ですが綺麗事だけではなく早いうちに残酷な社会の現実に触れるのも勉強だと思います。

これは日本と世界各国の学校のPC導入率をグラフにしたものだそうですが、かなり危機的な状況です。




このままでは日本の日本の子どもたちが高校や大学を卒業する頃には世界の子どもたちに大きく遅れをとっている恐れがあります。

それも真面目に学校に通っている真面目でいい学生ほどです。


これからの変化の早い時代、出来るだけ子どもは早いうちからネットを通じて社会を経験させ、リスクやトラブルには親御さんと共に向き合い共に学んで成長していく、それがこれからの教育の適切な形だと僕は思います。


それでは!

キメラゴンさんのBrainのノートです。
https://brain-market.com/u/kimeragon/a/bUzMgoTZsNWa0JXY?from=bMzMwQTMgojclNXd


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.12.10 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.