若手日本語教師がすべき収入に困らないための正しい努力 〜やってはならない努力とは?〜|日本語3.0

インフォメーション

若手日本語教師がすべき収入に困らないための正しい努力 〜やってはならない努力とは?〜


日本語業界に参入してなんだかんだで8年目に突入しました。

思えば日本語教育の門を叩いた際

「男性はこの業界では生活していけない」

と散々言われました。

しかし、試行錯誤と努力を重ねることで日本語教師2年目から収入も激増し、ずっと重しになっていた奨学金も完済しました。今ではその時の蓄えで外国人の起業家を要請する学校を設立するという新しいことにもチャレンジできています。


今の日本、特に若者は大変厳しい状況です。。少子高齢化が進む中少数の若い人が大量の老人を支えなければならないから当然です。


そんな中でも日本語業界で日々激務をこなしながら将来への不安と戦うのは並大抵の負荷ではないでしょう。


多くの優秀な若手先生がこの業界に将来はないと見限って去ってしまうのは業界にとっても日本社会にとっても大きな損失です。

そこで今日は現場で奮闘しておられる特に若手日本語教師の方に向けて筆をとってみました。


まあ、別に年配の方にも見ていただければ嬉しいのですが、長年やってきたという固定概念やマインドブロックもあり、変化するのは難しいと思っています。


今60代ならギリギリ逃げ切れそうですしね。


しかし、若い世代の人たちが先輩たちのアドバイスを聞いたりして真似しだすとちょっとまずいのです。


理由は説明しますので最後までお読みいただければ幸いです。


<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。



<正社員で働き続けるとヤバイ>

まず、はっきり言いますが常勤、正社員という立場に固執せず、むしろ手放した方がいいと思います。


どうしても正社員の仕事が好きだという人は別ですが、正直学校にとっても先生にとっても無駄な仕事がほとんどです。


無駄な作業に費やす時間はあなたにはないはずです。

さらに日本国内の日本語学校は今よりは確実に減っていきます。現に出稼ぎ留学生に頼っていた学校は4月から実施の特定技能ビザによって学生への留学ビザ交付率がどんどん減っています。

それだけでなく日本国内でビザを取得している留学生たちまでもビザの更新ができず帰国を余儀なくされる事例が増えていっています。


つまり、日本国内の日本語教師としての椅子が現在進行形で縮小しているのです。


また、今後はほぼ間違いなく教室授業からネットに移っていきます。


また僕の教え子たちが卒業後、帰国して日本語の先生になっています。


わざわざ日本に来て大変な思いをしながら日本語学校に通う意味はほとんどなくなっているのです。



常勤になれば安定するという意見もありますが、それも違います。

今、正社員の給与の中に占める社会保障費の割合は3割です。

少数の若者が高齢者の年金を払っているのでどうしたってそんな負担率になってしまいます。今後この割合はどんどん増えていくでしょう。

もっと言うと正社員という雇用形態自体、怪しくなってきています。

メガバンクをはじめ、日産やNEC、富士通、損保ジャパンなど名だたる日本企業がリストラを行っており、その数計1万人を超えると言われています。

これはなんとリーマンショック級の規模です。

40歳や50歳になって、ろくにスキルのない状態でリストラにあったらもう目も当てられません。


特にエンジニア会では企業側も正社員を雇って一から教育するより必要な時だけフリーランスを雇って仕事を頼むと言う流れに移行してきており、現にアメリカではそう言う動きになってきています。

北米 – 2020年まで約50%がフリーランスに!?
https://www.lancers.jp/magazine/30703

この記事が書かれたのが2年前ですからアメリカではもうフリーランスの率が5割になっているかもしれません。


日本でも企業が正社員を雇うことの非効率性に気づいてきているので、多くの会社がフリーランス中心の雇用形態に切り替わっていくと考えられます。まあ気づけない会社はそれはそれで問題があるので転職した方がいいかもしれません。


つまり、今後正社員としての働き方は廃れていき、生活も人生も良くするためには会社ではなく個人の自助努力に委ねられているのです。

とにかくフリーランスや独立ということを視野に入れておくことが望ましいでしょう。


フリーランスは正社員に比べて経費として落とせる対象が多く、大幅な節税が可能なのです。

今常勤をやってる人は非常勤に切り替えるか、やめて失業手当を受け取りながら、生活してよく考えてください。
繰り返しになりますが、学校のためではなくあなたはあなたの将来のためになる勉強をしなければならないのです。

<SNSで外国語をマスターする>
もう先生も学校もいらない!?



<やってはいけない勉強@ 〜日本語の勉強〜>

ここまで常勤講師から非常勤に切り替え、時間を作ってフリーランスや独立という働き方を視野に入れるべきだという話をしました。


そのための勉強をしなければならないのですが、やってはいけない、無駄な時間の使い方というのがあるのでそれについて話そうと思います。


Twitterやブログを見ていると休みの日に熱心に日本語の勉強会に出ている殊勝な先生方もいます。


授業力を上げるため進んで情報を取りに行くという姿勢はプロとして見上げたものですが、結論から言うと意味がありません。


研究者になりたいなら別ですが、日本国内の日本語教師の雇用が減っている中で授業力を上げることにどれくらい


授業力は客観視しにくく「あなたは授業力が高いから」と給料をあげてもらったという例はほとんどありません。


僕が要請学校に通っていた時、すごい先生がいました。

日本語教師歴10年の30代半ばの男性教師で、説明が明快なのはもちろんのこと受講生が主体的に考えることができるよう所々工夫が凝らしてありました。それでいて毎回の授業の切り口が斬新でエンタメ要素も取り入れてあり、しかも明確な教授法の理論に基づかれた授業をされていました。

授業というよりはマジックやショーを見ているようで彼の授業はすぐに惹きつけられ、毎回彼の授業がある日は学校に行くのが楽しみでした。


同時に彼の待遇を知って驚愕しました。


彼の授業や日本語教育に対する愛情は深く、授業を見れば10年間、他の日本語教師の何倍も努力しているのは明らかでしたが、他の同世代の人や日本人の平均収入に比べると少ないものでした。


報酬はやりがいと言えば聞こえはいいのですが、僕にはやりがい搾取のようにも思えました。


彼を見て日本語教育の勉強をしても大した見返りはないと知り、工夫しなければならないとその時思いました。


ましてこれからは日本語教師の雇用も厳しくなってくるので、必死に勉強したことが無駄になることは避けなければなりません。

もちろん、教壇に立ってプロとして仕事をする以上仕事はちゃんとやらなければならないので、ある程度勉強は必要なのですが、偏差値55〜60あれば大丈夫です。

<えごま油>
脳の栄養素であるDHAが豊富に含まれている油です。



<やってはいけない勉強A 〜資格取得のための勉強〜>

収入アップのためと言って資格試験の勉強をしている人もいますが、これもあまり意味がありません。

資格というものはほとんどの場合、一度取得すれば取り消されることはありません。


つまり、資格保有者は増え続けるのであり、資格を持っている人に希少価値はないのです。


僕も知り合いの経営者の人が多くいますが、採用時に資格の数などを重視する社長は聞いたことがありません。


貴重な時間を資格試験などに費やすのも得策ではないでしょう。

(続く)

2019.12.03 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.