日本語学校がYoutubeを始めるべき3つの理由|日本語3.0

インフォメーション

日本語学校がYoutubeを始めるべき3つの理由


Youtubeブームが来ています。

と言ってももちろん、Youtubeは前から注目されていたのですが、その傾向が変わってきたということです。

つまりYoutubeというものが世間に浸透して専業としてのYoutuberという職業が確立したわけですが、最近は逆に様々な分野で活躍している人がYoutubeに参入してきたのです。


個人的に注目しているのはK1の朝倉未来選手です。

「素人の喧嘩自慢にスパーリングを申し込んでみた」「ボッタクリバーに潜入してみた」「ヤクザに絡まれたらどうなるか」など自身の腕っ節やスキルを生かした企画内容で投稿動画の多くが100万再生を超えているというYoutube界の新生です。

従来、格闘家という職業はチャンピョンになってなんども防衛するうちにスポンサーがついて稼げるようになるというビジネスだったので、頂点に立つごく一部の格闘家しか豊かになれませんでした。


しかし、現在は朝倉選手のように工夫を凝らしてコンテンツを発信することで十分な収入を得ることができるようになる時代です。


他にもオリラジのあっちゃんやカジサックことキングコングの梶原氏など芸能界からのYoutube参入が目立ちましたし、ビジネスの第一線で活躍している方も続々Youtubeに乗り出しています。

そんな活躍している方がYoutubeに可能性を見出しているということなのです。

これからの時代個人はもちろん、企業も自身のYoutubeチャンネルを解説し、発信していくことが求められるでしょう。


企業がYoutubeでの発信によって恩恵を被った例として、あるシステムエンジニアのYoutuberが自身の動画であるシステム開発の企業を紹介したところ、80名以上からの応募があり、8名の採用が決定したそうです。

たった一つの動画でです。


今までは人材を採用したければリクナビである一定期間求人広告を出さなければなりませんでした。リクナビで求人を募集しようと思えば数十万、掲載期間によっては100万円はします。


それがYoutubeなら採用費用は一切かからずかつ動画で稼ぎながら人材を採用できるのです。今まではリクルートが求人市場を牛耳ってきましたが、これからは求人市場においても大きなパラダイムチェンジが起きてくることが予想されます。


この状況を鑑みて僕は是非とも日本語学校もYoutubeに参入していくべきだと考えています。

理由は以下の3つです。

1、学校の宣伝&集客効果 2、教師の待遇改善につながる 3、良質な教師の採用

順に見ていきます。

<えごま油>
脳の栄養素であるDHAが豊富に含まれている油です。



1、学校の宣伝&集客効果
日本国内の多くの日本語学校はブローカー頼みで出稼ぎ留学生にきてもらっている状態です。今後は特殊技能ビザが創設されるため、出稼ぎ目的の留学生はそちらのビザ取得に動くと考えられますが、それでも多くの学校は留学生にバイトをさせて学費を徴収し、教師の給料を払っています。

そのため教師が違法労働者から給料をもらうという異常事態が続いてきました。

しかし、Youtubeで先生たちに授業をしてもらい拡散していけば学校を宣伝できます。

いい授業を上げていけばその学校や先生にファンがつき、来日して日本語を学びたいという学習者も出てくるかもしれません。


2、教師の待遇改善につながる
Youtubeで授業を上げていけば当然Youtubeでの広告収益も見込めます。

いい授業をする先生の動画には当然アクセスが集まりますので、再生回数に応じて給料を分配することも可能になるでしょう。


いい授業をすれば給料が上がる成果主義になるので、授業の質を向上させようとするインセンティブも働き、教師同士がお互いに切磋琢磨し合えるような活気ある職場に生まれ変わるかもしれません。


また、動画にするとあとでフィードバックできるので自分の授業や他の先生の授業の改善点も見つけやすく、全体的な授業の向上につながることも期待できます。

<SNSで外国語をマスターする>
もう先生も学校もいらない!?



3、教師の採用につながる
先ほどのシステム開発会社の例の通り、良質な動画コンテンツを発信していくことは低コスト、いやむしろ収益を上げながら人材を採用することにつながります。


今までは学校の近辺からしか教師を採用できませんでしたが、動画授業であれば日本中、いや世界中から日本語教師を採用することも可能になります。


優秀だったものの地方にいてなかなか活躍の場が与えられなかった日本語教師にもチャンスが巡ってくるため、その学校全体の授業の質向上にもつながるでしょう。


このように日本語学校が動画に参入するメリットは多くあります。


一般の教育界同様、日本語業界も時間も場所も選ばない動画授業主体にシフトしていくのは間違いありません。


にも関わらず、現在Youtube用に動画を上げている先生も学校も少ないのが現状です。


今のうちに行動を起こせば日本語教育市場でかなり優位に立てるでしょう。

それでは!

ほしい物リスト公開を始めました。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.10.09 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.