若手日本語教師はキングコング西野に学べ  〜競わず自分だけのフィールドを見つけよ〜|日本語3.0

インフォメーション

若手日本語教師はキングコング西野に学べ  〜競わず自分だけのフィールドを見つけよ〜


独立して自由な時間ができたのでYoutubeの視聴時間が増え、先日キングコング梶原ことカジサックの動画を見ていました。

【登録者90万人記念】キングコング西野さんが部屋に来てくれました
https://www.youtube.com/watch?v=svsAhn7PdHU

この動画は相方の西野氏をゲスト出演していた時の動画です。

西野氏は現在、芸人はほぼ引退し、絵本作家として絵本を執筆したり、画家としてニューヨークで個展を開いたりとマルチな活動で活躍の幅を増やし、今や大成功を収めています。

この動画ではなぜ彼が大成功を収めたのかその秘密が語られています。


この内容が日本語業界や一般社会の人にも有益な内容だったので今日はシェアしたいと思います。

西野氏の今の活躍の原点は20代で当時「はねるのトびら」という民放番組でも視聴率ナンバーワンをとっていた番組でレギュラーを務めていた時のことだそうです。

その時に急に「ひな壇はでない」と発言し、これが炎上したそうです。

「ひな壇でないって芸人失格」「もう芸人やめろ」など激しい非難にさらされたということです。


しかし、実はこの発言は西野氏なりの策略に則ったものであり、事実この判断が吉と出て大成功につながり、今の彼の活躍があるのです。

どういう考えだったかというとそれまでのテレビは地デジ移行に伴い、薄型大画面、家族みんなで見るスタイルが主流でした。


大画面なので番組の登場人物が多くても見やすく、賑やかな感じが伝わっていたので「ひな壇芸人」というのは時流に適った芸風でした。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。



しかし、同時に当時はスマホが登場したばかりの時でもありました。

西野氏はこれに注目し、スマホでテレビを見るようになれば登場人物が多いと小さな画面では見にくくなり一人一人にスポットが当たることは難しくなり、ひな壇芸人の居場所がなくなっていくとそう考えたそうです。


そしてもう一つ、当時「はねるのトびら」など高視聴率番組をいくつも持っていたにも関わらず、自分たちがスターになったという感覚が全くなかったそうです。


それもそのはずで西野氏を始めとした当時の若手メンバーはビートたけしや明石家さんま、ダウンタウンなどが創った道をそのまま踏襲しているだけであることに気づいたのです。


このままその道を進んでも最初にテレビでお笑いを確立した人たちの二番煎じで、高い志を持つ西野氏は自分で新たな場所を作らなければ新しいものは生まれないし、先輩たちを超えることはできないと判断したそうです。


現に今のテレビはいまだにビッグスリーやダウンタウン、ナインティナインなどのテレビで笑いを確立した大御所、または老害が幅を利かせており、新たなスターはほとんど出てきていません。


そればかりか若手芸人はほとんど出番がありません。


また、そもそもテレビの視聴率自体も下がってきており、将来テレビで仕事がそこそこもらえるようになったところでその頃にはテレビが完全にオワコン化しているかもしれません。


それらの事実に気づいて西野氏は絵本作家や個展を始め、数年後に全く違う畑で大成功したのです。


そして彼に遅れること数年、相方のカジサックこと梶原氏も西野氏の意図を理解し、Youtubeというフィールドを見つけて毎日更新を続け、公約通りのチャンネル登録100万人登録を達成しました。


西野氏は著書の中で次のような言葉を記しています。

「他人と競った時点で負け。自分だけの競技を作れ」

<革命のファンファーレ>




キングコングの二人の行動は多くの日本語教師が参考にすべき点が多いと思います。

なぜなら、今の若手の日本語教師の状況はテレビの若手芸人に酷似していると思うのです。

・国内の日本語学校がこれから縮小し、日本語教育の市場が縮小している。
・教室授業からスマホによるネットコンテンツへの移行が始まっている。
・ベテランの猛者や老害の先生たちが幅を利かせている。


僕も養成学校時代、すごい日本語教師の先生に出会いました。

テレビの取材も受けたことがあるほどの先生で毎時間わかりやすいことはもちろん、授業の切り口や発想が斬新で興味をひく内容ばかりで、その先生の授業がある日は通学時間中から心躍るほどでした。


しかし、同時にその人の収入や暮らしぶりを知った時は少なからずショックを受けました。

10年以上、毎日試行錯誤を重ねてスキルと知識を向上させてたったそれだけの報酬しか得られないのかと。


その時僕はその先生と同じ土俵で戦っている限り、絶対に勝てないし、勝ったところで大した報いは得られない、ならば日本語教師以外の何かのスキルを習得しなければならないと危機感を強めました。


特に若い日本語教師の先生に伝えたいのですが、今のまま教室授業のためだけの知識や技術を身につけていってもその先には明るい未来はないということです。


ベテランの先生に追いつこうと努力してもそんなすごいスキルを持ったベテラン先生に限って毎日勉強してスキル向上に努めています。

その先生たちを追い越すのに何年かかるのでしょうか?

追い越したところでそれに見合った報酬が得られるでしょうか?


僕が養成学校で出会った先生を見れば容易に想像できるはずですし、このまま特殊ビザが創設されて出稼ぎ留学生に頼っていた学校が減り、教室授業の場が減って行けば当然ベテランの先生が優遇され、今の状況と環境で頑張るのはますます困難になるでしょう。


こんな記事を時間を割いて読んでくれているあなたはとても向上心がある方だと思いますが、その向上心と時間とリソースを別のところに割いて欲しいのです。

ぜひ教室以外の自分に適した戦場を見つけることに時間を割いて有意義な頑張り方をして欲しいのです。


以下は西野氏の言葉です。

「過去の常識にしがみつくな。その船はもう沈む。逃げろ。」


今や日本語業界、いや日本社会は沈みゆくタイタニックです。

繰り返しますが、今の環境でいくら頑張っても報われることは困難なので、沈みゆく船に頼るより自力で泳ぐ体力を身につけましょう。


最初は怖くても小さくてもいいので一歩踏み出してください。

自力本願で頑張る人にのみ助けが来て新しい未来が開けていきますからね。

それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.09.16 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.