Twitterからは真に有益な情報は取れない|日本語3.0

インフォメーション

Twitterからは真に有益な情報は取れない


以前、こんな記事を書きました。

日本語教師の給料が上がりようがない2つの理由
http://hayato55.com/article/186232918.html


これからは有益な情報は有料にするよりも無料にした方が
アクセスが稼げるためネット上のコンテンツは
全て無料化に向かうという話でした。

なので日本語のコンテンツも全て無料で勉強できるようになるため
日本語学校に通う人が減って日本語教師も食いっぱぐれるよと。


しかし、どうやらTwitterだけは様相が違うようです。


<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。



明らかに以前よりもTwitterの民度が著しく下がってきたからです。


現にZozoの前澤さんや落合陽一さんなどはほとんどTweetしなくなって
しまいました。


なぜかというと彼らのように実績を積んで有名になるといろんな人に
フォローされるようになります。

著名人と一般人は実社会で交わることはないのですが、
Twitterだと交わることができるのです。


その結果どうなるかというと著名人が有益な情報を発信しても
知性が低い人たちはそれが理解できません。


発信するも発信するもスルーされ続け感謝もされず
インプレッションも増えません。

反対に何が失言などがあると言葉尻を取られて
それが炎上につながったりもします。


前澤さんは交際相手の剛力彩芽のことで炎上したし、
落合陽一氏はDJ社長の炎上について言及しただけで炎上しました。


本田圭佑選手やホリエモン、イケハヤさんのツイートなんて
しょっちゅう炎上しています。


有益な情報をツイートしてもほとんど反応がないし、
下手すりゃ揚げ足取られて会社の株価まで下がってしまう。


頭がいい人たちはだったらもうネットで発信するのやめよう、
そんな風に思い、ツイートしなくなってきており
結果、Twitter上には有益な情報が出回らなくなってしまっているのです。


特にツイッターは炎上しやすいので、著名人は発言しにくいでしょう。


それでも彼らの多くは自分のノウハウを世に伝えるため
オンラインサロンを経営しています。


知識やスキルにお金を払って得ようとする人は頭がいい人が多いので
揚げ足取ろうとする人も少なく炎上もしにくいのです。


したがってもし、みなさんが尖った人の有益な情報が欲しければ
その人たちのオンラインサロンに入りましょう。


きっと有益な情報を得られ、学びに厚みが加わるでしょう。


それでは!

ほしい物リスト公開を始めました。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.08.09 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.