日本語教育推進法 をあてにするな 〜日本語教師が取るべき方策〜|日本語3.0

インフォメーション

日本語教育推進法 をあてにするな 〜日本語教師が取るべき方策〜


21日に国内の日本語教育の充実を促す日本語教育推進法が成立しました。

内容は国や自治体には地域の日本語教育を企業には雇用している
外国人に対して日本語教育を充実させることを明記したものです。


法案が成立した背景には国内の外国人の増加にあり、
2018年末時点の在留外国人数は約273万人で過去最多を記録しました。


これにより国や自治体、企業には日本語教育の推進に関する施策を定め、
実行する責務があると規定されました。

学校での指導を充実させるための教員の配置、地域の日本語教室で
教える人材の育成や教材開発の支援などが必要だと追記されました。


日本語教育の重要性が明記されただけでも一歩前進だと思いますが、
これによって日本語教育が公教育化されて日本語教師の待遇もよくなる
と考えている人もいるようですが、どうなのでしょうか。


<えごま油>
脳の栄養素であるDHAが豊富に含まれている油です。



具体的に予算をどう割いていくのか額も決まっていませんし、
留学生の就労28時間ルールのように有名無実化すると思います。


そもそも年金も払えないオワコン政府がわざわざ時間と予算を割いてまで
日本語教育を施すとは考えられません。


また高齢者の保守的な票田を抱えている自民党議員は抵抗を示すかもしれません。


もちろん、法律に明記されたことは素晴らしいことですが、
すぐに公教育化されて日本語教師の待遇も上がると期待するのは早計でしょう。


他にも理由があります。

これからの時代、コンテンツは無料化していきます。


一昔前は映画やCDなどはレンタルしなければならず、
買おうとすれば1000〜3000円はかかっていました。


しかし、現在映画はネットフリックスで月額制で見放題でき、
音楽はitunesなどで100円くらいで買えるようになりました。


もっというとYoutubeでタダで聴ける音楽や映画もあります。

本の内容も発売すると同時に要約されたサイトができます。


なぜ無料にするかというとGoogleの使用上無料で公開した方が
長期的に得するようになっているからです。


例えば画期的な英語学習のノウハウがあったとしてそれをサイトで
有料にしたサイトと無料にしたサイトがあったら読者はどちらのサイトを
閲覧するでしょうか。


間違いなく無料のサイトですよね。


そしてその無料のサイトは有料のサイトよりも当然
多くのアクセスを呼び込むことができます。


そうして広告費を稼げる上にフォロワーや長期的な
読者になってくれます。


「こんなすごいことを無料で教えてくれるこの人はいい人だ!」

そう思われて顧客の信頼を得たほうが長期的には得をするのです。

チャンネル登録者の多いyoutuberは企業案件を受けていますが、
これも同じ構図です。

顧客から少額を取るより企業からお金を取った方が
額も桁違いなんですよね。


ネットで成功している人たちはこのことがわかっています。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。



これを日本語業界で置き換えるとやはりこれからの時代の授業は
動画授業が主体になっていきます。


動画であれば好きな時間に好きなだけ学ぶことができるので効率的なのです。


それぞれの多様な価値観を持った学習者が多様なリソースを使って
学習できる状況が整いつつあるにも関わらず、
非効率な公教育化することに意味はあるのでしょうか。


特に就労者の場合は大変な労働の後に授業に行くのは
とても過酷なことだと思うのですが、それだったら
スマホで片手間に日本語を勉強できた方がいいに決まっています。


では日本語教師はどうすればいいかというとインスタでもFacebookでも
youtubeでもなんでもいいのですが、それぞれが日本語を教えるコンテンツを
作りフォロワーやアクセスを増やしていけばいいのです。


集めていけば企業さんから案件のお話が来るでしょう。


教育とは本来学習者を自立させるために存在するのであれば
教師は国に頼らず自立する姿勢を示し、学習者に背中を見せるべきでしょう。


それが真の教育だと思いますし、僕もそう信じて毎日実践しています。


それでは! 悠々と急げ!


2019.06.23 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.