スポーツ界1の天才的頭脳 〜なぜ本田圭佑はビジネスに手を出すのか A |日本語3.0

インフォメーション

スポーツ界1の天才的頭脳 〜なぜ本田圭佑はビジネスに手を出すのか A 


さて、ミランに移籍したあたりから本田選手は現役選手でありながら
カンボジアやオーストリアのチームを買収し始めました。

カンボジアでは代表監督に就任しました。


サッカー関係だけでなく投資会社も設立し、
様々な事業に投資しているようです。


現役選手、しかも代表選手でありながら監督やチーム買収する選手は
ほぼ前例がなく、まして投資会社を設立するなんてなおさらです。


そのせいで
「本業に集中しろ」と批判もされ、試合で結果が出ないと
「副業にばかり時間を割いているからだ」と攻撃の的にされました。


「なぜ反発されながらも現役選手で監督業につくのか」

そう聞かれて本田選手はこう答えています。


「現役と引退後では与えられる影響力とインパクトが違うから」

<えごま油>
脳の栄養素であるDHAが豊富に含まれている油です。



多くの選手にとってセカンドキャリアはとても厳しいものです。

なぜなら大抵の場合、知名度も体力も気力も衰えた末に引退します。


サッカーしかやってこず、それもできなくなった30代に
就職口があるかというと難しいのは自明でしょう。

それで飲食店などを立ち上げますが、潰してしまうケースも
多いものです。

しかもお金だけ入ってきていて金銭感覚だけが
上がった状態で転落してしまったら地獄です。


一方で本田選手のようにまだ知名度があるうちにこうした活動すれば
集まってくるお金も人材の質も全然違い集客にも困りません。


今のうちに人脈と経営ノウハウを身につけておけば
現役引退後も生活に困らないどころかそれらを使って
大きく飛躍することも可能です。


本当に賢く合理的で先を見越した行動です。


おそらく彼の場合「セカンドキャリア」と言った小さな
発想を越えた規模で考えているのでしょう。


なんせ彼には世界から貧困と戦争をなくすという目標があるわけですから。


現に彼自身もメキシコ、オーストラリアと各大陸のリーグに
移籍しています。


おそらくですが将来、世界規模でビジネスを展開するため、
全大陸に渡り歩いて知名度を上げているのでしょう。

この目論見も今の所概ね成功しています。

「世界で有名な日本人」と言うランキングで彼の名前が挙がっています。




サッカーが盛んな国では大抵本田選手の名前が1番に入っています。


まさに深謀遠慮の大戦略家です。

これも「世界から貧困と戦争をなくす」という
壮大なビジョンがあってこそでしょう。


世界を変えるためには世界中にリーチできるITの勉強が必要だ
ということで自身もオフの日はプログラミングの勉強をしていると
インタビューで語っています。


しかも10時間だそうです。


まさに有言実行の男です。


彼の反省を軽く振り返りましたがいかがだったでしょうか?

本田選手のファンになってしまいましたか?


壮大なビジョンを実現させるために動き出した、
今後の彼の動向に注目です。


それでは! 悠々と急げ!

ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.06.14 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.