金融庁「やっぱり年金払えません。サーセン!」 〜日本語教育公共化が無駄な理由〜|日本語3.0

インフォメーション

金融庁「やっぱり年金払えません。サーセン!」 〜日本語教育公共化が無駄な理由〜


先日、金融庁が老後年金が2000万円不足するという試算を発表しました。

まあ、年金なんて現在の人口構成上、成立するはずがなく破綻なんて
わかりきっていたことなんですが金融庁が正式に認めたことに
やはり動揺が広がっています。


それに対して麻生大臣の発言が炎上しています。

退職後2000万円不足も 麻生大臣 資産形成考えて
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000156202.html


「無責任」「金持ちは貧乏人の気持ちがわからない」

そんな非難の声が上がっています。

確かについこの間まで政府は
「年金が払えなくなることはあり得ない」
と言っていたのですが、その舌の根も乾かないうちにです。


30・40代で「貯金ゼロ」の人は23.1%だそうで、
23%の人は露頭に迷うことになるかもしれません。

https://moneyzine.jp/article/detail/215885

強制的に徴収されている会社員の方は本当に悔しいでしょう。

その会社員もこれからは厳しくなります。


<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。



少し前、トヨタの社長が「終身雇用を維持するのは難しい」
と発言して話題になりました。

2兆円という最高益を挙げている日本を代表するトヨタが
終身雇用が無理だということはほぼ全ての会社が同じ状況だと
考えていいでしょう。


トヨタは自動運転の開発に取り組んでいますが、自動運転にすると
多くの部品がいらなくなるそうです。


なぜなら電気自動車になるためバッテリーとコンピューターさえあれば
車は動くため、その他の多くの部品は不要になります。


ということは多くの部品会社も不要になるのです。

最近はボディにチタンが使われるようになるため鉄の使用量が
少なくて済むそうで鉄の需要も無くなるでしょう。


自動運転車になると町中を車が走っている状態になるため
駐車場もいらなくなり必要な時にスマホで呼べるようになります。


車を所有する必要がなくなるため車が売れなくなります。


売れなくなることがわかっていても開発しなければ
ライバルに先を越されて市場でシェアを取られてしまいます。

自動車会社は車が売れなくなるように新しい車を開発しようとしている
という究極のイノベーションのジレンマに陥っているのです。


話がちょっと外れましたが、これからは自動化省人化の流れがきます。


これは日本語業界でもそうで、
先生の代わりに動画を見て学習できるようになるでしょう。


そうなると教師は必要なくなるかもしれません。


<SNSで外国語をマスターする>
もう先生も学校もいらない!?



にも関わらず、外国人を単純労働者として大量に受け入れるなら
日本語教育が必要になるので法整備して国の予算で日本語教育を施し、
日本語教師の待遇を改善せよと主張している人もいます。


自動化と省人化ができるのにわざわざ税金で
日本語教師を雇うのはナンセンスです。


そもそも年金すら払えないほどのジリ貧国家が果たして
予算を割いて日本語教育を整備できるはずがありません。


変な期待はせずに自ら行動に起こした方が絶対に早いのです。


年金がもらえないというと多くの人は控えて及び腰になるかもしれませんが、
一人一人が会社や国に頼らない覚悟で動き出せばいいのです。


将来は今の延長、一日1日を大事にすれば将来もより良くなります。


今日を全力で生きましょう。

それでは!


*ちなみに今回の金融庁の発表を受けて「もう年金払う意味がない」
と言っている人がいますが、年金を払わないと病気や怪我をした際に
本来もらえる障害年金がもらえなくなります。




ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.06.06 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.