読後 『学校と社会』 ジョン・デューイ A 〜これからの日本語学校のあり方〜|日本語3.0

インフォメーション

読後 『学校と社会』 ジョン・デューイ A 〜これからの日本語学校のあり方〜


前回は教育学者デューイの「学校と社会」について要点をまとめました。


読後 『学校と社会』 ジョン・デューイ @ 〜学校とは「小社会」であるべきだ〜http://hayato55.com/article/186010551.html

<ジョン・デューイ「学校と社会」>


デューイは本書で近代教育の問題点について触れています。

すなわち、

@実社会との乖離、A受動的な教育、B教科を分けている、

という3点です。

教育とは子供達が最終的に自立することであり、
学校は子供達の自立のための訓練場でなければなりません。


そのために学校は出来るだけ社会に近い環境と状況を
整えなければならないということでした。


そのために学校を大学や産業界、校庭を自由に
行き来できる環境を整え、さらに学校内部も
図書室や食堂や台所など自由に横断できる構造になっています。

デューイ.002.jpeg

現在の教室で先生が一方的に話し、学生がノートを取る
というスタイルとは全く違っていますが、子供たちが能動的に
生き生きと学習し成果をあげるようになったということでした。


今回はこのデューイの構想を現代教育、とりわけ日本語教育に
どう応用するべきか所見を述べようと思います。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。



<デューイの構想を現代教育にどう生かすべきか>

日本語学習者は年々、多様化してきています。

国内日本語学校の著しい変化の特徴として
非漢字圏の学生が大幅に増えました。

にも関わらず教科書や漢字の書き取りをさせている学校があります。


現在多くの会社でICT機器を使うのが一般的であり、
授業やテストで漢字を正確にかけることに時間を費やす指導は
改めるべきでしょう。


またICTの予測変換機能や文法・語彙訂正機能、翻訳機能も
向上してきている点を鑑みても文法や語彙を
正確に覚える必要性も低くなってきています。


このように留学生の場合、ICT機器を使用することによって
足りない日本語能力を補うことができます。


特に日本で生活する学生にとっては切実な問題であり、
授業でICTを補助的に使用するというよりもICTを使って
どう日本社会で自立していくべきかという考えに
シフトしていくべきでしょう。


具体的には授業で教材販売サイトのnoteを作成させることが
挙げられます。

自分の考えをロジカルに明確に言語化できる訓練ができ、
アウトプットを目的としてインプットしていくと吸収が違います。

漢字や文法を正確に覚えるよりも
発信内容や論理展開を重きをおいた指導ができます。

さらにアクセスが増えれば収入源にもなり、
生活の助けにもなり得ます。


日本語ができない学生もネットに接続すれば
自国の情報に触れることができます。


もちろん、収入を得ることはビザの関係もあり禁じられていることも
ありますが、国内外国人に商業活動を認めるスタートアップビザなど
を利用すれば実現できるかもしれません。


学習したことをinstagramやtwitter、Facebook、Youtubeで
発信してもいいでしょう。

フォロワーが増えればビジネスになりますし、発信した日本語を
フィードバックしてもらうこともあるかもしれません。

<SNSで外国語をマスターする>
もう先生も学校もいらない!?



現在の日本語学校ではICTで日本語を補う教育をせず
日本語が拙いまま学校を卒業させてしまっています。


日本語が拙い外国人はまともな職に就けず、
犯罪に巻き込まれたり逆に犯罪に走ったりする恐れがあります。


そんな人が増えれば社会不安になるでしょう。

日本語教育に対してICT導入云々ではなく
ICTをどのように導入すべきかがという段階にすでに入ってきています。


ICTで学校と社会をつないだ教育こそがデューイの構想の
アップデート版で、今後教育関係者が取り組むべき課題です。


移民社会はもうすでに始まっていて待ったなしの状況です。


焦らずしかし確実に進めていきましょう。


それでは!悠々と急げ!

ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.05.22 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.