天職の見つけ方 〜とりあえず1年本気でやって判断しよう〜|日本語3.0

インフォメーション

天職の見つけ方 〜とりあえず1年本気でやって判断しよう〜


先日、OECD諸国が残業代を含めた民間部門の総収入について、
働き手1人の1時間あたりの金額を算出しました。

https://mansionkeiei.tokyo/news/?p=978

ここ20年、日本だけが賃金水準が下がっているということで
話題になりました。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。



しかも多くの人は嫌な仕事を、場合によっては
パワハラを受けながらも無理矢理続けているという人も多いでしょう。

「継続は力なり」と言いますが力にならず結果も伴っていない
ということがこのデータから見て取れます。


「そうは言っても続けるしかないんだ」

そう思う人も多いでしょう。

やっぱり職場を辞めるというのは相応の勇気のいることで
不安な気持ちも理解できます。


しかし、大事な人生をやりたくもない仕事で成果も出ないまま
ずっと続けるのは流石に困難で人生の無駄遣いです。


諦めないことは大事ですが、
諦めるべき分野やタイミングもあるのも事実です。


今日はそれについてお話しします。


結論からいうと

「1年間、これだと決めた道で本気で頑張ろう」

ということです。


期限を区切るというのがポイントで、
時間的な制約がないと人間、本気になって物事に取り組まないのです。

レポートなどでも締め切りがある方が
本気で仕上げようとするのと同じです。


もちろんこの期間に必ず成功できるほど甘くありませんが、
その道で成功しそうかどうかがわかるのです。


自分に向いているかどうかが判断するためには
1年くらい時間が必要だということです。


僕の話でいうと日本語教師として生活していこうと決めたものの

「日本語教師は食えない」

という定説が僕を悩ませました。


ところがいざ教壇に立ってみると楽しく、その気持ちが伝わったのか
1年目から学生の評価が高く、他のクラスから見学に来るほどでした。

確かに給料は少なかったのですが、仕事に呼ばれるような形で
次々代行を頼まれ、結局お金に困ることはありませんでした。


学生たちを見ていても来日一年目で、日本語や日本の生活に
向いているかどうかがはっきり分かれてきます。


繰り返しますが1年で大成功することはないかもしれませんが
なんらかの手応えは感じるはずなのです。

それにつれ自分自身もワクワクしたりと周りから評価されたり、
少しでも収入が上がったりと何かしらポジティブな反応があるはずです。

本気で一生懸命やっている人には応援がついてくるのです。

もし、この1年の間に本気でやってみても収益化のめども立たず
楽しくもなく周りからの評価も全くない、というのであれば
スッパリ諦めて次の道へ進みましょう。


人生は有限です。


頑張るべき時と損切りすべき時を見極め、
出来るだけ無駄なく生きましょう。


それでは! 悠々と急げ!

ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.05.20 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.