『ZERO to ONE』 ピーター・ティール A 〜独占ビジネスの見つけ方〜|日本語3.0

インフォメーション

『ZERO to ONE』 ピーター・ティール A 〜独占ビジネスの見つけ方〜


前回までの記事でこれからビジネスを始める人は
競争ではなく独占を目指すべきだということが
わかったと思います。


『ZERO to ONE』〜君はゼロから何を生み出せるか〜


ではそんな独占できるようなビジネスの種を見つけるためには
どうすればいいのでしょうか。


今回はそれについて述べます。


・独占のタネを見つけるためには

ティール氏は本書で以下のように述べています。

「本当に社会のためになるのは、これまでと「違う」ものだ。
 それが新たな市場の独占を可能にし、企業に利益をもたらす。
 最良のビジネスは見過ごされがちで、大抵は大勢の人が手放しで
 賞賛するようなものじゃない。
 誰も解決しようと思わないような問題こそ、一番取り組む価値がある」


このようにティール氏は「隠れた真実を探せ」と述べています。


よくビジネスするにしても「何をしたらいいかわからない」と
そういう人がいますが全くそんなことはありません。


ビジネスというのは問題解決をした結果報酬をもらうことであり、
問題の数だけビジネスの種があるのです。


もし本当にないのならこの世は完全無欠な世界であることに
なってしまいます。


もちろんそんなことはなく社会は問題で溢れかえっています。


ただ、問題が大きすぎて見て見ぬ振りをしている人が多いのです。


ティール氏の言う通り
誰も解決しようと思わないような問題こそ一番取り組む価値があるのです。


なぜなら「誰も取り組まない=独占市場」だからです。


あなたも今の職場や今まで見てきた社会問題で
見過ごしてきたものがあると思います。


僕と同じ日本語業界の方でしたら

・出稼ぎ留学生の問題、
・技能実習生の問題、
・ICT化の問題、

様々な問題がありますが、誰も解決しようとせず
見て見ぬ振りをしています。


いや、問題だとすら思っていないかもしれません。


「見えない真実」はみんなが見て見ぬ振りをしている、あるいは
問題だとも思っていない問題の解決策をずっと探っていくことで
見つかるのです。


こうしてみると起業のチャンスはそこらじゅうに転がっている
ことがわかります。


複雑で大きく見える問題から逃げたくなる気持ちもわかりますが、
そんな大きな問題もつまるところ小さな問題の集合体です。


したがって自分に解決できそうな小さな問題を探し、
一つ一つに向き合って解決していけばいいのです。


お金にならないから嫌だと言う人もいるかもしれませんが、
お金のことは気にしなくてもいいのです。


きちんと問題に向き合って行動し、情報発信していく人には
必ず人もお金もついてきます。


これを読んでいるあなたも今まで見て見ぬ振りをしていた問題を
解決するために一歩踏み出してみましょう。

未来は自然に良くなるのではなく、一人一人の間断なき努力によって
良くなるのです。


あなたの一歩が社会にとって大きな一歩になります。


一つずつ行動に移していきましょう。


それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.04.22 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.