日本語の拍について 〜外国人から日本語の拍はどのように認識されているのか〜|日本語3.0

インフォメーション

日本語の拍について 〜外国人から日本語の拍はどのように認識されているのか〜


<「拍」とは?>

日本語の基本的な単位は「あ」「か」「サ」などひらがなやカタカナで
表される文字である。

音声学などを勉強した人は「か」は「k」「a」に分解されることを
知っているが、特別な場合でない限り基本的には仮名文字で表される。


日本人は明治に入って初めて日本語がアルファベットに分解できることを知り
驚愕し、これこそ日本語を正確に表現する方法だとしてローマ字で書く試みが
始まったのである。


このようにその言語で表される最小の音を表した文字を拍(シラブル)といい、
日本語ではひらがなとカタカナの仮名文字で表される。

日本人にとって仮名文字1つの拍を認識し、発音するのは容易いが、
外国人にとっては困難である。

「日本の景色はきれいですね」
「すみません。お父さん」

というところを日本語学習者は

「ニィッポンノゥケシキィワキレィデスネィ」
「スミマセンヌ。オトゥサンヌ」

と発音する学習者もいる。

これは一つ一つの日本語のかな、母音と子音の組み合わせが
認識できておらず独立の拍にできず発音してしまうためである。


特に欧米圏の学習者にとって「dog」は一つの拍であり「d」「o」「g」と
3つの拍に別れるわけではない。

したがって一文字ごとに拍が別れて発音するという感覚がないのだ。

反対に「春」の意味がある「spring」が一拍であると
聞くと日本人にとっては違和感を覚えるだろう。


日本語で、また世界の言語の特性から見ても特殊な日本語の拍は
「ん」を表す「發音」、「っ」など小文字で表す「促音」、
「ー」で表す「長音」の三つである。


特に促音は実際には聞こえない音を発音しなければならず
長音も単語によっては意味が変わるためいずれも学習者にとっては
習得困難な拍だと言える。


筆者が日本語教育の現場で日本の歌「世界に一つだけの花」を紹介し、
歌詞のところどころを空白にして歌詞を聞き取る試みをした。


「笑顔をくれた」という歌詞が「えーがおをくれたぁ」と歌われたが
ほとんどの学習者は「笑顔」を「映画」と聞き取った。


このように拍という点が伸ばされるだけで意味が変わるため
聞き取りの難易度が格段に上がる。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。




<日本語の拍の数が少ない事によるメリット>

日本語の母音は「a, i, u, e, o」の5つと
「k, s, t, e, c, n, h, m, r, g, z, d, b, p」の14つの子音とで構成されている。

ラテン語やスペイン語の母音も5つで日本語と同数であり、
アラビア語やタガログ語は3つしかない。


日本語の拍の数は金田一春彦によると112で
これは英語の300分の1である。


この中の組み合わせで語が形成されるため融通が利く。


具体例を挙げると「犬」という単語は「い」と「ぬ」という拍に
分解されるため、「いぬ」を覚えると「石(いし)」という単語を見たとき
「し」がわからなくても「い」という文字は読める。


これが英語だとそうはいかない。

例えば「o」という文字は単語によって読み方が違う。

犬を表す「dog」は「ドッグ」と発音するが「働く」を意味する「work」の「o」
はむしろ「ウァーク」と日本語の「あ」に近いような発音をする。


このように英語はアルファベット言葉ごとに発音、読み方、
アルファベットの組み合わせを覚えなければならず汎用性が低い。


日本語であれば「カタカナ」と「ひらがな」の50音を覚えれば
意味がわからなくても読み方がわからないという事態は避けられる。


拍が少ないことの恩恵が世界的に知られた事例がある。


日本では世界で初めて話した言葉が文字で表示される、
いわゆる音声入力のワープロが発明された。


これは日本語の拍の少なさが原因だと言われている。


つまり、機械に日本語で「あ」「い」と拍を吹き込んでいくと
機械ではその文字がそのまま表示される。

五十音吹き込んでしまえば「inu」と発音すれば「いぬ」が表示される。

これも英語だとそうはいかない。


「is」「dog」「cat」など一つ一つの単語ごとに別の音声を吹き込まなければ
ならないため完成に膨大な時間がかかるのである。

<酵素ドリンク 〜摂取し出すといくら食べても翌日胃もたれしなくなりました>


<日本語の拍の数が少ない事によるデメリット>


日本語の拍が少ないことによるメリットもあるが反対にデメリットもある。

例えば112の拍の組み合わせでしか語が作れないため
同音異義語が多くなってしまう点である。


また、日本人が総じて英語を始め語学を話せる人が少ないことは
母音の数の少なさも一因であると考えられる。


中国語には日本語の「あ(a)」に似た音がいくつもあるが、
日本人はこれを聞き取ることが苦手である。


海外で日本人より韓国人の方が外国語の発音を褒められる理由は
日本語よりハングル語の方が母音が多く聞き分けられる音の範囲が
広いからであると考えられる。


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.04.08 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.