昔の友達と会うメリットはない説|日本語3.0

インフォメーション

昔の友達と会うメリットはない説


先日、僕がツイートした内容が割と賛否分かれています。





言葉が足りない部分があったので今回は
ブログでまとめて回答しようと思います。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。




以前も記事で書きましたが、僕は昔の友達と会うことがありません。

理由は会って話しても職場や上司の悪口や嫁さんに対する愚痴、または
昔話ばかり聞かされるので会って話すメリットがないからです。


「人との関係をメリットでしか見ることができないのか」

とそう思われるかもしれませんが、
メリットというのは何も金銭的な利害関係だけを指すのではありません。


お互いに切磋琢磨し、成長して困難を乗り越えていくために
何かを共有できるのが友達というものだと僕は考えています。


人生は貴重です。


生産性のない愚痴や悪口を言い合ってお互いの貴重な財産である時間を
浪費する間柄はマイナスでしかなく、真の友達ではありません。


中には愚痴を言うことでストレスが解消される
という人もいるかもしれません。

しかし、愚痴を言うことには何の効果も得られません。


それどころか脳の特性上言語化して不満を言うことで
脳に情報が産み付けられ、ふとした瞬間にフラッシュバックするようになり
ストレスが増大する原因となります。


愚痴を言って問題解決のために話し合う方向になればいいのですが、
ただ愚痴を言うだけの時間は無駄どころか害悪でしかないのです。

愚痴を言ってスッキリすると思っている方は改めた方が今後の人生のためです。

<酵素ドリンク 〜摂取し出すといくら食べても翌日胃もたれしなくなりました>


あとこれは断言できますが、昔の友達がいないのはほぼ起業家や
フリーランスなどいわゆる社長業の人です。


社長の時間は一般人のそれよりもはるかに貴重です。


無駄な時間は少しでも削って何かを生み出し、世の中に価値を提供して
お金に変えなければ自分の家族と従業員、そのまた従業員の家族を
生活させることができません。


害でしかない愚痴に時間を費やすくらいなら
少しでもお金を稼ぐことをしなければならないのが社長業です。


それでも知らない人にとってはそんな人たちは
友達が少なくお金のことばかり考える浅ましい人かもしれません。


しかし、彼らの存在があるからこそ従業員は安心して生産性のない愚痴に
時間を費やすことができるのです。


社長業を営んでいる方々の思考を理解してほしいと思います。


それでは!

ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.03.18 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.