これからの時代起こりうるSNS格差について|日本語3.0

インフォメーション

これからの時代起こりうるSNS格差について


以前Yahooニュースに載っていたのですが、世界の匿名率は
アメリカ35%、イギリス31%、日本は75%だそうです。

確かに留学生たちのFacebookのプロフィール写真を見ると多くが
自分の顔であり、日々の投稿でも顔出しが当然です。


日本人のプロフィール写真は驚くほどみんな
顔を出していないのでこのデータは体幹からも信憑性があると思います。


理由はわかりませんが、日本は匿名社会です。


日本語教師の先生も恥ずかしいからという理由でYoutubeなどの
動画コンテンツで顔出しするのを拒む先生が結構います。


今日はこれについて述べたいと思います。

<酵素ドリンク 〜摂取し出すといくら食べても翌日胃もたれしなくなりました>


「顔出しや失敗が恥ずかしい」と言うのははっきり言って自意識過剰です。

顔出ししても最初は色々言われるでしょうが、
世間はあなたが思っている以上にあなたのことなんて気にしていません。


あなたはこの間ノーベル物理学賞をとった日本人科学者の名前と顔を
覚えていますか?

ほとんどの人はどちらも覚えていないでしょう。


ノーベル賞を取った人の名前すら忘れられている訳ですから
我々のことなんて絶対に気にされません。

「副業してるのが会社にバレるから」と言っても
会社があなたを守ってくれる訳ではありません。


つまらないプライドや事情で情報を発信しないのはこれからの時代
深刻なデメリットをもたらします。


なぜなら、これからの時代はSNSやYoutube、ブログのフォロワー数が
収入に直結するからです。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。




何かメディアを持っている人はポルカやクラウドファンディングで
簡単にファンからお金を集めることができるからです。


そして一つのメディアのフォロワーが多い人は他のプラットフォームでも
フォロワーを集めることができます。


人気Youtuberのツイッターのフォロワー数は必ず多いです。


もちろん発信している内容との相性もあります。

ブロガーさんがYoutubeのチャンネルを開設しtwitterでチャンネル登録を
呼びかけても一定数以上流れないそうです。


テキストが好きだと言う人はどうしても映像コンテンツに流れにくい
傾向はあるようです。


しかし、それでも何のメディアも育てていない人たちよりは
人を集めることに成功しています。


このように一つのプラットフォーム、SNSでフォロワーを集められる人は
他のプラットフォームや新しいメディアができても人を集められるし、
何か自分がしたいことがあれば多くの人を動かせます。


彼らはレバレッジを効かせて稼ぐことができるため自由な時間とお金があり
さらにまた新たな勉強や投資に時間とお金を費やすことができます。


逆に一つもSNSを育てていない人は今後新しいSNSやメディアが出現しても
なかなか人が集まらず収入も上がりません


つまり、今本腰を入れて自分に適しているSNSやプラットフォームを
見つけないと生涯労働収入に頼ることになり一生貧困のままです。


日本人の労働収入は今後下がる一方でかつ怪我でもすれば収入はゼロです。

労働収入はあまりにリスクが高いのです。

こうしてSNSを育てている人と労働収入しかない人のSNS格差は
今後ますます広がっていくことでしょう。


しかし、まだまだ全然遅くありません。


いますぐ自分に合ったコンテンツを適切なプラットフォームで
アウトプットしていきましょう。


好きなことを発信していけばそれを好きな人がフォローしてくれ
好きな人、同じ価値観を共有できる人たちが集まってきてくれます。


それが今後大きな力になります。


今すぐ行動に起こしましょう。


それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.02.17 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.