これから動画参入する人が注意すべきこと 〜Youtubeは衰退する!?〜|日本語3.0

インフォメーション

これから動画参入する人が注意すべきこと 〜Youtubeは衰退する!?〜


昨日ですが先日アカウント停止を食らったラファエル氏が
Abema primeに出演していました。


アカウント凍結になった理由について赤裸々に語っていました。

彼によるとどうも最近の動画ではなく過去の過激な動画や
アダルトチックな動画が引っかかり凍結になったのではないかと語っていました。


中でも最後にラファエル氏が語った言葉が衝撃的でした。

「これからYoutuberになるのはやめたほうがいい」


僕もYoutubeを始めようと思っていたのでこの言葉には驚きましたが、
Youtubeの仕様を知り尽くした彼の言葉だけに真摯に受け止めなければなりません。


スタジオにいる人たちが全くその言葉について
突っ込まなかったのですが、彼の真意は何なのでしょうか。


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



今日はそれについてまとめ今後のYoutube戦略について考えようと思います。


ラファエル氏、ヒカル氏、禁断ボーイズ、ジョーブログ 氏など
チャンネル登録が100万人を超えているYoutuberはみんな過激なこと、
時に法に触れるようなことをして炎上商法の手法で人気者になりました。


しかし、最近Youtubeのルールが厳しくなり、
少しでも過激な内容を含むと規制の対象になりました。


それにより尖ったコンテンツが出せなくなり、
みんな当たり障りのない動画を出さざるを得なくなりました。


YoutubeはSNSで拡散されることでチャンネル登録者を増やすことが
できたのですが拡散されにくくなったのです。

また、
尖った内容のコンテンツが減ればYoutubeの視聴者も減る恐れがあります。

テレビでの規制が厳しくなり視聴率が減ったのと同じことです。


まとめとしてラファエル氏の言葉の真意はこう考えられます。

・炎上商法は従来は拡散されるメリットもあったのですが、
これからは拡散もされないしBANのリスクだけが高まるためやめたほうがいい。

・したがってバズるコンテンツは減るため
新たな大物Youtuberが台頭するということはない。

・しかし5G時代に突入するためYoutube自体が広がることは間違いないため
チャンスはある。

・Youtuberになるため全精力を注ぐのはリスクが高いが副業でやる分には有効。


最近ブロガーさんたちがこぞってYoutubeに参入してきていますが、
彼らのようにブログで稼ぎつつリスクヘッジのためにYoutubeでも
収入の柱を立てるというのが戦略としていいのではないでしょうか。


イケハヤさん然りみんなが揃って言っているのは
Youtubeの広告収入よりYoutubeを経由しての売り上げがすごいということです。

彼らはYoutubeの概要欄にnoteやサロンのURLを貼っているのですが、
Youtubeを見た人がそこにアクセスし商品を買っていくのです。


結論としてはこれから動画事業に参入する人は
過激な内容を避け、まずは自分の商品を作り、それを宣伝するために
Youtubeを始めるという形をとったほうが得策だとまとめることができます。


変化しやすいこの時代。


きちんと的確な対応をして生き残りましょう。

『Youtube革命 〜メディアを変える挑戦者たち〜』ロバート・キンセル 



こちらのサイトで物販を始めました。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/quo-shop/

健康食品が主ですができれば購入お願いします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.01.28 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.