結婚相手に年収を求めることの愚かさ  〜日本人の平均年収の虚実〜|日本語3.0

インフォメーション

結婚相手に年収を求めることの愚かさ  〜日本人の平均年収の虚実〜


この間、Facebookで婚活サイトの運営者の話を読みました。


最近では婚活サイトや街コンに参加するのは女性ばかりで
女性の席の方がすぐに埋まるということです。


それでは婚活パーティにならないということで
主催者側が男性の登録者に電話をかけまくって引っ張ってくる
というようなことをやっているそうです。


婚活パーティーや街コンでの女性余りは本当によく聞くので
おそらく全国的な傾向なのでしょう。


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



なぜ男性が少ないのかというとサイト運営者によると

「男性の給与水準が下がったため男性が責任感から婚活パーティーに
 参加するのを躊躇する男性が増えた」

ということでした。


これは僕の感覚値からも賛同できます。


周りの同級生も「俺収入ないから」という理由で
結婚を渋る人が多くいます。


民間給与実態統計調査によると日本人の平均年収は420万円くらいで
年々減ってきています。


平均といっても上は孫正義や楽天の三木谷社長、ホリエモンなどの
大富豪が占めていて上限がありませんが下には全く下限がありません。

世界の富は1%の人が99%の人が平均を押し上げているという話は聞いたことがあると思いますが


この平均年収は源泉徴収を元に算出されるので
源泉徴収されないフリーターやニートなどは当然除外されるのです。


つまり、平均給与は高収入の人が押し上げているのであって
実態以上に日本人のほとんどの男性は収入がない状況にあるのです。



それに対して多くの女性は結婚相手に白馬の王子様的な価値観を持っており、
金持ちの相手や安定した公務員を結婚条件にあげる人が多いようです。


しかし、そんな人に出会える確率なんてほとんどないということが
わかってもらえたかと思います。


しかもしかも、
そんな希少価値の高い年収の高い男性はその人も相手を選び放題です。


そんな人が年収しか見ない自分がいい思いをすることしか
考えていない女性を選ぶでしょうか。


結婚相手に年収を求める女性はあまり望みを持たない方がいいでしょう。


そもそも結婚というのは本当に好きな人と一生添い遂げたいという思いから
始まった制度だったはずですが、いつの間にか結婚するために
相手を見つけるという本末転倒なものになってしまいました。


ここは原点に戻って本当に好きな人を探すことに
専念した方がいいのではないでしょうか。


いかに相手が貧困でも「この人を助けてあげたい」
そんな思いを抱ける人です。


そうやって人のために全力を尽くす人は自分の損得を先に考える人より
必ず魅力的になり、人も寄ってくるはずです。


利他の精神はビジネスでも結婚など人生のあらゆる場面で重要です。


余裕がない時はそれを忘れがちですが、忘れているからこそ
自己中心的になってしまいうまくいかないのです。

余裕がない時こそ利他の精神を忘れないようにしましょう。


それでは!


*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.01.21 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.