日本語教師は薄給なのに日本語教師の〇〇%がボランティアという現実|日本語3.0

インフォメーション

日本語教師は薄給なのに日本語教師の〇〇%がボランティアという現実



今年も残すところ後4日、年末の大掃除のついでにツイッターを見ていると
カナダの村上吉文先生が自身のブログをあげておられました。


2018年はツイッター日本語教育元年だったなあ
http://mongolia.seesaa.net/article/463412576.html


ツイッターが日本に上陸したのは2008年なので、
今年で10年になりますが、10年経ってようやく日本語教育界で
ツイッター元年をむかえたと言うことです。


この記事の結論には少なからず勇気付けられます。

「孤軍奮闘しているだけだった現場の日本語教師の皆さんが、
 このように情報発信を始め有機的に繋がり始めたことには、
 もしかしたら移民の受け入れを超えるぐらいのインパクトを日本語教育界に
 もたらすのではないかと思っています。」



そうであってほしいし、そうあらねばならないと思います。


一方でこんな記事もあります。

日本語教師の約59%がボランティアの限界
https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakaiki/20180313-00082639/


日本国内で日本語を教えている機関の約6割がボランティアで
残りは常勤1割、非常勤3割で占められている、ということです。


これってものすごく不思議だと思うのは僕だけでしょうか。

『SNSで外国語をマスターする冒険家メソッド』 村上吉文


なぜなら、6割の人が無料で教えるほど余裕があると言うことなのです。


だったら、その人たちはSNSなどで学習者が日本語を学習できるような
コンテンツを発信すればいいと思うのですが、なぜそんな思考に
切り替えられないのでしょうか。


記事では以下のような地域ボランティアセンターの方の声があります。

「この30年近く、地域の多文化共生を担ってきたのは比較的裕福な主婦層。

 20年、30年前に子育てがひと段落した、いわゆる”有閑マダム”たちが、
 時間ができて社会貢献として始めた国際交流が原点になっている。
 でも、今の若い人たちにそんな余裕はなくて、
 ボランティアを募集してもなかなか集まらない。

 ボランティアの多くが60代後半や70代にさしかかってきて、
 そろそろ体力的にもきつくてね」

これは僕の感覚とも一致します。


日本語学校の給料が上がらないのは構造上の問題もありますが、
無料のボランティアがあるから日本語教師の給料が
押し下げられてしまうという面もあるかもしれません。


外国人労働者が来る以上、日本語教育の需要は高まるのは間違い無いのですが、
じゃあ先生の給料が上がるかというとそれは疑問符がつきます。


なぜなら多くの外国人労働者は途上国からの人材がほとんどで
彼らからお金を取るのは難しく、彼らを雇う企業からお金を取るのも
難しい状態です。

企業もお金がなくて人件費を削りたいので外国人を雇うからです。


ボランティアが悪いとは言いませんし、素晴らしいことです。


でも、自他の精神も身をすり減らすほどやってしまっては
自他の行為もできなくなります。


そうやって日本語の先生の給料が下がれば
誰も日本語教育を担う者がいなくなります。


日本語の先生も自分のためになることも考えなければなりません。

そのために日本語の先生は単なるボランティアではなく
自分のメディアを持ち収入につなげなければならないのです。


日本語の先生の間でTwitterが広がっているのはとても結構なことです。


国や企業、学校、誰も助けてくれません。

Facebook、instagram、twitterなんでもいいので副収入を得る努力をしましょう。

それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。

*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.12.28 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.