「ブログはオワコン」の虚実  〜動画とテキストのそれぞれの強み〜|日本語3.0

インフォメーション

「ブログはオワコン」の虚実  〜動画とテキストのそれぞれの強み〜


以前、こんな記事を書きました。

ブログはオワコンと動画の可能性
http://hayato55.com/article/184888625.html

ブロガー界の第一人者のイケハヤさんが「ブログはオワコン」と
発言したことが話題となり、その記事を受けて書いたものです。


軽くまとめると昔はネットといえばブログが主な情報収集源や
収入源になっていたものの今はSNSが台頭し、ユーザーが
様々なメディアを選択できる環境になりました。


特に動画の台頭はめざましいものがあり、トップブロガーとして知られる
イケハヤさんも自身のYoutubeの視聴時間がブログの視聴時間をすでに
超えたと言っています。


ブログが出た当初からブログをやっているにも関わらずです。


メディアが多様化することにより相対的にブログの視聴者時間も
減るということです。


こう言った声を聞いてブロガー界隈は少なからず衝撃を受けており
不安の声が広がっています。


「じゃあ、俺もYoutube始めよう」

そうやってすぐYoutubeを始める人の行動力はとても
素晴らしいと思います。


しかし、
今からブログを始める人も続ける予定の人も肩を落とす必要はありません。


ブログと動画、それぞれの特性をつかめばそれぞれのメディアで
適切な情報発信ができ、結果どんなメディアを使っても生き残れます。


以前書いた記事では「ブログも残るものは残る」と述べましたが、
具体的なことには触れませんでした。


今日はどんなブログが生き残るのか具体的にテキストと動画の
それぞれのメリットをあげます。


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



動画のメリットはやはり再現性が高い点です。

プログラミングなどハウツー物であれば
動画の通りに実行すればすぐに再現できます。


テキストのコンテンツだとそうはいきません。

読み物の場合、良くも悪くも脳内でイメージ変換されます。


よほどうまい文章でない限り、読み手によっては全く違うものを
イメージしてしまいうまく実行できないことも多々あるのです。


また動画の他のメリットは短い時間の中に情報量が豊富な点です。

テキストだとページを割いてイメージまで全て文で説明しなければなりませんが、
動画であれば絵を見せれば完結します。


時間がかかる割に受け取る情報量が少ないのが難点です。


ではテキストのメリットは何でしょうか?


まず、何と言っても検索性が高いところです。


検索エンジンでキーワードを打ち込むと出てくるものは
ブログのタイトルや内容のキーワードです。


動画でもタイトルは引っかかりますが、動画の中で話している
言葉まで検知して検索結果に表示する技術は今の所ありません。


テキストであればどの部分に必要な部分が書いてあったのか
すぐに探すことができますが、動画になるとどの動画の何分くらいに
必要な内容が述べてあったのか探すのに時間がかかるのです。


また、知能と年収が高い人は動画よりもテキストベースの媒体を好む傾向が
あると言われており、テキストベースの方が高額な商品が
売れやすいと考えられます。


また複数のテキストを同時に読めるのもテキストの強みです。


このようにテキストの強みは多分にあります。


テキストの特に強い部分である検索性を意識して記事を書けば
検索結果のトップに表示させることも可能であり
まだまだブログの可能性はあるでしょう。


もちろんYoutubeなど動画コンテンツに挑戦するのはとても
いいことですので、どんどんやりましょう。


大事なのは情報に踊らされるのではなくメディアの特徴を捉え
メディアに適した発信の仕方を研究することです。


したがって
ブログの将来を不安に思っている人も心配せずに前に進みましょう。


それでは!


*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.12.23 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.