先進国で一番勉強しない日本人  〜勉強しなければ社会の底辺に甘んじる理由〜|日本語3.0

インフォメーション

先進国で一番勉強しない日本人  〜勉強しなければ社会の底辺に甘んじる理由〜


突然ですが、皆さんは勉強していますか?


ちょっと前の話ですがNewspicksでこんな記事が出ました。

「先進国一、勉強しない日本の会社員に明日はあるのか?」
https://newspicks.com/news/2647674/

25歳以降の高等学校への入学者の割合を調べたものです。

スクリーンショット 2018-12-07 17.25.36.png
スクリーンショット 2018-12-07 17.25.46.png


他の先進国に比べて大きく遅れをとっています。

まあ、「高等学校に入る=勉強する」ではないのですが、
日本人が勉強しないというデータは様々なデータが示しています。


「日本人の知的好奇心は20歳ですでに老いている」
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/02/20-12.php


社会人と言われていますが、
大学生の段階から勉強しないというデータもあります。

https://toyokeizai.net/articles/-/13540

僕も大学の時、日本人の大学生の授業街の勉強時間は
20分かそこらというデータを大学の先生に見せられた記憶があります。

欧米圏から来た留学生が

「日本の大学は遊んでて単位がもらえるから楽勝だよ。
 だから日本に来たんだ」

と言っていてがっかりした記憶があります。


皆さんも日本人の不勉強ぶりは
どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか。


僕は日本人の不勉強ぶりこそが
日本衰退を招いている主因だと考えております。


なぜなら今の時代に勉強しないということは即没落を意味するからです。


理由を説明します。


昔は不勉強でも高度経済成長が雇用を生み出していたため、
就職できました。


就職した後も年功序列で能力がなくても出世、昇給していました。


そうやってレールに乗るために何も考えずに学校に通い、
出席と単位を取って卒業すれば安定した人生が送れたのです。


しかし、今はそうじゃありません。

高度経済成長のおかげで国内のモノやサービスが飽和し、
企業間による価格競争が起きています。


その結果賃金が押し下げられるか、リストラ、もしくは
長時間労働で補う形になりました。


長時間労働の結果、日本人は勉強できなくなったのだと考えられます。


また、勉強したところで昇給に結びつかないという
動機付けの問題もあるかもしれませんし、

資本集約型の産業で大成功したため、人を人材ではなく
労働者として扱う機運が定着してしまったのかもしれません。


しかし、今はクリエイティブ資本型の時代です。


つまり勉強したことがすぐに結果に結びつくのです。


具体的には自分が学んだことをブログやSNSを通じて発信しフォロワーを増やす、
プログラミングを学びアプリ開発をしてリリースする、
動画編集技術を学んでYoutubeで発信する、

と言ったことが挙げられます。


勉強と言っても学校でやるような数学などでなくても結構です。


写真の勉強や編集を学んでinstagramやPIXTAで発信してもいいのです。

自分の好きな勉強をすることで収入を増やせるチャンスがあります。


特に今は変化が激しい時代なので意識的に学ばなければ
新しい便利なことが吸収できず、大きく遅れを取るでしょう。


勉強しないことがいかにもったいないか分かったと思います。

毎日学び、進化しましょう。

それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。

*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.12.05 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.