直感を磨くためには|日本語3.0

インフォメーション

直感を磨くためには


10月も終わりに近づき、世間はハロウィンでお祭り騒ぎです。


そんな中、コミュ障で陰キャの僕は家にこもっています。


みんなが楽しそうな様子を見るのは好きなんですが、
どうも輪の中に入るのが苦手でして、いつも通り過ごそうと思った次第です。


さて、こうして毎日孤独な作業に勤しんでいますが、
早速、仲間と物販ビジネスを始める話が舞い込んできました。

退職するときは見る前に飛んだ状態だったのですが、個人でやっている
skype日本語授業もあるので一人の生活費くらいならなんとかなりそうです。


最近つくづく思うことですが、自らの直感に従っていれば絶対に道は開ける、
と言うことです。


日本語教師になったのも「やってみたいな」と言う直感だったし、
起業したいなと思ったのも直感です。

9月に日本語学校を退職したのも「あれ、なんかこの業界おかしいな」
と言う違和感からでした。


反対にこの直感に逆らって行動すると必ず痛い目を見ました。

日本の就活システムに違和感を持ちながら就活を続けて
数十社落ちた末に内定切りに遭いました。


自分は働くのに向いていないと思いながらもアルバイトを無理矢理探したものの
仕事が全然できずすぐクビになりました。


最初にひらめきや直感がきてあとで論理の糸が繋がると言う順番です。

そしてその論理構造をたどって行動すると必ず成功してきました。


今も無職ですが次の成功までの発展途上に乗っているのだと思っています。


ではその直感を磨くためにはどうすればいいのでしょうか。


答えは実に簡単で直感に従うことです。


具体的には合わないと思ったことや違和感を感じたことはやらず、
なんとなく楽しそうだと思ったことや興味を持ったことを始めることです。

また、その際他人の意見に左右されないことが大切です。

直感に従うことで直感は冴えてくるのです。


逆に直感をずっと無視し続けると
直感が鈍くなり、心の声が聞こえなくなります。

そして全くうまくいかず意味のない苦労ばかりすることになります。


神様(という言い方が理解しやすいのであれば)があなたのために
直感という形で送っているアドバイスを何度も無視し続けると神様が
気を悪くしてしまい、アドバイスしなくなるようです。


直感やひらめきが降りてこなくなった人は無理矢理にでも時間を作り、
リラックスしたほうがいいでしょう。


リラックスした瞬間に心の声が聞こえてくるはずです。

直感を磨くには直感を信じるしかないのです

そしてそれを信じた先に道が拓けます。

他人の声よりも自分の声を聞いてください。

それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。

*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.10.30 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.