おはよう日本「Japatalk」の炎上について 〜低価格化は避けられない〜|日本語3.0

インフォメーション

おはよう日本「Japatalk」の炎上について 〜低価格化は避けられない〜


ツイッターの日本語教師界隈が軽く炎上しているようです。

炎上元は何かというとNHKの番組「おはよう日本」で特集された
オンライン日本語レッスンについてです。

「おはよう日本 〜主婦が教える『JAPANESE』〜」
https://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2018/10/1022.html


主婦の方が外国人に日本語を教えているという内容だったらしく
教師も学習者もオンラインレッスンに登録するだけで日本語を教えたり
学んだりできるそうです。


好きな時間に、適正な値段で授業ができるため
先生も学生も満足できるというシステムです。

その主婦の方が所属しているのが以下のJapatalkというサイトです。

「Japatalk」
https://www.japatalk.com/


さて、この内容のどこに批判が殺到したかというと無資格でも可能で
1コマ25分、390円で教えていることに対してのようです。


批判意見を見ると

「そんな賃金、違法じゃないの!?」
「そんな賃金で働く人がいるから日本語教師の給料が上がらないんだ」
「文法も教えられない先生なんて先生じゃない」
「無資格で準備なく教えるなんて日本語教師と学習者なめすぎ!」

概ねそう言ったところに集約されるようでした。


『SNSで外国語をマスターする冒険家メソッド』 村上吉文


さて、僕はどう思うかというと全く問題ない、というより
時代的な流れなのでしょうがないと思っています。


まず「違法ではないか」という点についてですが、
HPを見ても別に学校法人ではないようなので
正式に先生を雇う義務もありません。


おそらく男女が出会うためのマッチングアプリや
ランゲージエクスチェンジのパートナーを探すアプリと同じ扱いです。


つまり、普通の人が「教師」「学習者」として登録しているだけなので
正式な雇用契約ではないため最低賃金が適用されなくても違法ではありません。


また「日本語教師の賃金が押し下げられる」という批判についてですが、
前も書きましたが日本語教師の収入が低いのは日本語学校の構造が原因です。

保育士、介護士、日本語教師はなぜ給料が上がらないのか? 
〜堀江貴文氏の発言から考察〜

http://hayato55.com/article/181479810.html

学生が増えて学校の収益が増えても先生も増やさなければならず
先生一人当たりの取り分が少なくなるからです。


「文法が教えられないから先生じゃない」というのも必ずしも
そうではありません。


先生は文法をきちんと教えなければならないと語学が習得できないと
思っている人もいますが、学習者の中には文法は全く勉強せず
日本のアニメや歌、アイドルだけですべて日本語を習得したという人もいます。

いい人やいいコンテンツに出会うことで学習者は日本語に興味を持ち、
自分で勉強してくれます。


反対に文法が苦手な学習者に無理矢理教えようとして
かえって日本語嫌いを増やしている先生も散見されます。


資格があろうがなかろうが、文法が教えられなかろうが
学習者が日本語に興味を持ち満足するような授業をすれば立派な先生です。


学習者も満足し、教師も充実しているのであれば
今後こういったサービスは拡大していくと思われます。


そうでなくとも現在無料で多くのコンテンツを利用することができるので
無料化低価格化の流れはいくら批判しても止まりません。


それよりもこの流れを受け入れた上でどのように行動すれば
チャンスにつながるかを考えるべきです。


今は国境なきそうゲリラ戦です。

学習者にとっては素人だろうがプロ資格があろうが関係ないわけです。

日本語教師の方も批判するのではなくJapatalkに参加してみてはいかがでしょうか。

素人先生との違いを違いを見せつけて学習者から認められれば
報酬も上がり、50分で4、5千円取れる先生になれるかもしれません。

実際それくらもらっている先生もいますからね。


この変化はチャンスだと前向きに捉えて行動に移していきましょう。


それでは!



ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。

*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.10.23 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.