Youtuber草薙やキングコング梶原は面白くない!? 〜なぜ面白くないのにチャンネル登録者が増えるのか〜|日本語3.0

インフォメーション

Youtuber草薙やキングコング梶原は面白くない!? 〜なぜ面白くないのにチャンネル登録者が増えるのか〜


だいぶ前、こんな記事を書いたことがあります。
 ↓ ↓ ↓
「ヒカキンは面白くない!? 〜優秀な人に出会った時の反応でその人の伸び代がわかる〜」http://hayato55.com/article/96849783.html?1540215469

優秀な人は人のいいところを取り入れようとする、という内容でした。


近年、Youtubeをはじめる芸能人が激増しています。

やはりYoutubeの可能性にみんな気づきはじめたようです。


それに対してやはりネット民の反応は概ね冷ややかで

「テレビの台本のおかげで売れた奴がYoutubeで売れるか」
「テレビで売れなくなったからか」
「有名Youtuberとコラボばかりするな」

そんな批判コメントがあふれています。

特に「なんで売れてるのかわからない」という声が結構多いようです。


僕はYoutuberではジョーブログさんとかはなおさんのファンなので
ヒカキンさんや草薙さんの動画を特別面白いとは思いません。


でも、なぜ彼らが売れているかはわかっているつもりですので、
今日はそれについてお話しします。


表現者には段階があります。

@まずファンが誰もいない段階(僕もここです)

A売れなくても見返りがなくても応援してくれるファンがいる段階

Bある程度売れて有名になり始める状態、同時にアンチも増える段階

Cクオリティが関係なく信者がつく段階


Cの地位まで到達するためには視聴者や読者が喜ぶようなもしくは
ためになるような情報を発信し続けなければなりません。


ヒカキンさんはどんな顔をしたら子供が喜ぶのかずっと鏡で見て研究し、
サムネの顔写真も納得がいくまでなんども撮影しているそうです。

そうやって毎日機が遠くなるほどの努力を積み重ねてキッズファンを獲得し
@からCの段階まで到達したのです。


草薙さんもそうですね。

SMAP時代に国民的アイドルとして活躍し、歌や演技で多くの女性ファンを
獲得した結果、Youtubeでもファンが見るようになったのです。


そうしてCの段階になるとその人自身が好きでその人のコンテンツなら
質は関係なく楽しめるというファンが大勢集まるようになります。

そうなると適当に駄弁ったりご飯をたべたりするだけでPVを稼げるのです。


面白くないことをやっても売れている人は
それまで死ぬほど努力した結果なんですね。


今後表現者になりたい人はCまで行けるように不断の努力を続けましょう。

Cのレベルになるとブランドがついて楽に稼げるようになりますからね。


それでは!


*先日、ほしい物リストから以下の商品を送っていただきました。
 どなたか存じませんがありがとうございました。<(_ _)>

IMG_0711.JPG


ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。

*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.10.21 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.