1ヶ月禁酒しました 〜目覚め、思考力、発想力などの成果〜|日本語3.0

インフォメーション

1ヶ月禁酒しました 〜目覚め、思考力、発想力などの成果〜


前にも触れましたが、僕は1ヶ月以上禁酒していました。


「禁酒に成功しました! 〜禁酒しようと思ったら禁酒できない〜
http://hayato55.com/article/183884048.html

と言っても今は週一回くらい飲んでいますが、それまで毎日飲んでいたので
禁酒の前と後で様々な変化がありました。


これから禁酒しようか迷っている人の参考になると思いますので
今日は禁酒の効果についてお伝えしようと思います。


頭がクリアになる

これは禁酒の初日くらいから実感できます。

お酒を飲んだ次の日はとにかく頭が重く、回転も遅くなるため
仕事に取り掛かるのが億劫になっていました。

ちょっとでも寝とかなきゃ明日のパフォーマンスが落ちると思って
無理やり酒飲んで寝ていました。

それが逆にパフォーマンスを下げる主因になっていたのです。

仕方がないのでジムへ足を運び、
運動して酒を抜いてから仕事に取り組むというのが日課になっていました。


まあそれはそれで健康的でいいのですが、禁酒した次の日は頭がクリアになり、
本や論文を読んだり考えたりするのが楽しくなりました。


ストレスがなくなる

これは反論があるかもしれません。

「いや、ストレス解消のために飲むんじゃん」って

嫌なことがあった時は酒を飲んでパッと忘れよう、と言いますからね。

しかしですね。


僕も学生の時そうだったのですが、夜になると将来が不安で不安で
仕方なくなることが多くありました。


そしてその不安を少しでも和らげるために酒を飲んでいました。


それをずっと続けているとどうなるかというと、

逃げるから作戦が立てられず、行動に移せず、成果が出ない、
成果が出ないからまた不安になって逃げる、そういった悪循環に陥っていました。


ところが禁酒して頭がクリアになると不安の正体を突き止めることができ
対策も立てられるようになります。

集中して取り組むことができるようになり充実感も味わえるようになりました。


もちろん、どうしても逃げたい時は飲んでもいいと思います。

気と心を楽にして開き直るのも大事でしょう。


ただ、それに依存してしまうとよくないという話です。

飲んでも飲まれるなってやつですね。


アイデアが出なくなる
さて、最後は禁酒によるデメリットです。


何事もいい面と悪い面があり、禁酒も例外ではありません。


1ヶ月禁止した後に実感したのはアイデアや面白い発想が出にくく
なったような気がしました。


実はこれは科学的にも証明されていて、
アルコールにはリラックス効果があり、リラックスした状態の時ほど
アイデアが出やすくなるということです。


「ロジカルな仕事にはコーヒー、クリエイティブな仕事には…?」
http://hayato55.com/article/96538409.html

あまりずっとコン詰めて考えすぎても
面白い発想は生まれにくいのです。


仕事が上手い人が遊ぶのもうまいものですが、
彼らなりにうまくガス抜きをしているのだと考えられます。


もちろんアイデアを出すには普段の良質なインプットが肝心です。


結論、普段はできるだけ摂生してインプットにつとめ、
バランスとしては1週間に1〜2回くらいに飲んでリラックス、
それで面白いアイデアが降りてくるのを待つのがいいかなと思います。


まあこれも個人差があると思いますので
そこはご自身で調整していただければと思います。


それでは!

ほしい物リスト公開を始めました。
食用品をプレゼントいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.10.11 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.