第一回 創業セミナー「経営理念からのビジネスモデル、発想法など」|日本語3.0

インフォメーション

第一回 創業セミナー「経営理念からのビジネスモデル、発想法など」


十月から市の商工会議所開催の創業セミナーに参加しています。

田舎だからか定員50人のところ7人しか集まっていませんでした。

まあその分集中しやすそうな雰囲気にはなっていました。


今日から考えを整理して理解を定着させるためセミナーの内容をアウトプットします。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが期待されます。
僕も一年以上摂取していますが、考えることが楽しくなる感覚が味わえます。




<理念とビジネスモデル>

経営理念とビジネスモデルについてです。

経営理念とはその会社を通して何を成し遂げたいのか、
どのような形で社会貢献したいのかを明文化したものである。


例えばラーメン屋なら美味しいラーメンをお客さんに届ける、などです。


ビジネスプランは理念を遂行するためにどうやって
お金を儲けるのかという具体的なプランです。


ビジネスの理念やビジョンは時代がどう変わろうと貫いてもいいのですが、
ビジネスプランの方は状況と時代の変化とともに変えなければなりません。


さっきの「美味しいラーメンでお客さんを笑顔に」という理念を掲げている
ラーメン屋さんであればその理念は時代が変わっても変えなくてもいいのですが、
ビジネスプランはネットが台頭したらHPを作る、SNSで発信する、
商品化してネットで販売するといった具合に変えなければなりません。


逆にいうとビジネスプランは時代にあったものでなければ
お店や会社が回らなくなり最終的に理念も死んでしまうことになります。


情報を伝えるためには5W1Hが必要だと言いますが、
ビジネスプランを考えるためには5W2Hという概念が必要です。

Why = なぜ事業を始めるのか、事業を始める理由
Who = どの市場か対象となる顧客は
What = 提供する商品サービスは何か、強みは何か
Where = 店舗や事務所の場所など
When = どのようなタイミングで始めるか、創業後の営業時間など
How = サービスの提供方法、販売形態など
How much = 価格。売上見込み。だれだけの資金が必要か。


どうでもいいと思う人もいるかもしれませんが、これらは資金を調達する際、
投資家さんにプレゼンテーションしたりする時必ず問われることですので、
必ず考えておきましょう。


これらを自分のビジネスに当てはめて考えてみます。

・Why = なぜ事業を始めるのか、事業を始める理由

世界の学習者に安価で日本語を学習してもらうため。


途上国からの学生が年収の何倍もの学費を払うために借金をして
それを返済するためにオーバーワークしている。

学習者に純粋に日本語を勉強してもらいたいという思いから思い立った。

Who = どの市場か対象となる顧客は

ネットユーザーの日本語学習者


What = 提供する商品サービスは何か、強みは何か

日本語動画教材。
教室授業に比べて安価であり、場所や時間を問わず学習できる。

Where = 店舗や事務所の場所など

インターネット

When = どのようなタイミングで始めるか、創業後の営業時間など

教材ができ次第すぐ

How = サービスの提供方法、販売形態など

FacebookやTwtter、instagramなどで発信


How much = 価格。売上見込み。だれだけの資金が必要か。
基本的に無償で提供し、広告収入を得る


またちょっとした思考実験もしました。

ビジネスプランを練っている時に迷った時にどう切り抜ければいいのか
発想力を鍛えるためのものです。


例えばハサミは普通何かを切るために使いますが、
他の用途は何かないか2分で考えアイデアを発表しました。

例えば、
・刺して使う、ナイフのように使う、栓抜きとして使う、飾りにする等


用途が決まっていると思われている道具の固定観念を壊して
どんな発想ができるかという訓練です。


余談ですが、様々な講師の方が話してくれましたが、
やはり自分の体験を話してくれる人の話は惹きつけられます。


教科書で一般論を語っている人よりも現場での裏付けがある方が
説得力も独創席もあり面白いと感じました。


最後にそれぞれのビジネスプランについて考え、プレゼンテーションをしたので
参考にしました。


一人持ち時間3分しかなかったので先ほどの反省点を踏まえ、
自身の経験からなぜ日本語教材を作ろうと思うに至ったのかを簡潔に伝えました。


他の人の発表を見て思ったのですが、一般の人に自分の業界の専門用語を
並べて話してもほぼほぼ伝わらないということです。


3分という短い間ですから、自身の経験からあるいは
一般に馴染みのあるところから話すと伝わりやすいでしょう。


あとは長州に質問をしながら話すと注意を引くことができると感じました。

将来自分が資金を募る時プレゼンをする際に参考にしようと思いました。


以上


ほしい物リスト公開を始めました。
食用品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。

*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.10.02 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.