今の時代は大学かオンラインサロンか?|日本語3.0

インフォメーション

今の時代は大学かオンラインサロンか?


「これからの時代、オンラインサロンに入るべきか大学に入るべきか」

そんなテーマを巡って最近、何人かの著名人がプチ炎上しているようです。

メディアアーティストの落合陽一氏



ブロガーのイケハヤ氏「やりたいことがないなら、とりあえず大学に行っておけ」
というヤバすぎる洗脳&搾取。
http://www.ikedahayato.com/20180926/77076557.html




他にも堀江貴文氏は常に「大学不要」を唱えています。

堀江貴文のQ&A vol.333〜大学は不必要!?〜
https://www.youtube.com/watch?v=yhTgEULJTXM


こう言った先進的な人たちに対して

「まだまだ大学のブランドは強いから必要だ」
「才能がない凡人は無難に言って就職すべきだ」

そんな批判意見が多数寄せられ、プチ炎上しているようです。

中には「自分のサロンに勧誘するためにそう言ってるんだ」という意見もあります。

みなさんはどう思いますか?

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが期待されます。
僕も一年以上摂取していますが、考えることが楽しくなる感覚が味わえます。




僕も大学の価値は相対的に下がってきていると思います。

大学に行く一番の理由に「就職に有利」を挙げる人もいますが、
今の時代これが事実じゃないことは明らかでしょう。


その年の景気によっては全然就職できない年だってあります。

多額の奨学金を借りたのに就職できず、奨学金破産する人もいるのは
皆さんご存知のはずです。


現在40%が非正規社員なわけで、就職できても返せないケースも増えています。


勉強するという目的であったとしても今やサロンやアプリの方に部があります。

一斉授業、一方向型の授業はわかる学生にとっては退屈で
わからない学生はどんどん置いていかれる、とても非効率な方法です。


また大学に人脈作りのために大学に行くのも違う気がします。


そんなモチベーションが低い学生たちと繋がっても何の価値もないし、
幅広い年代の様々な分野の人と知り合いになれるサロンの方が圧倒的に魅力的です。


時代錯誤の大学教授の話を聞くよりビジネスの第一線で活躍している
人と繋がった方がいいでしょう。


それに何と言っても費用面です。


非効率な大学に数百万も払い通うのに4年も月日をかけるのは
時間対効果も費用対効果も最悪な方法だと思います。


それに大学というのは4年生になって単位を取り終わり、
授業が出る必要がなくなったにも関わらず学費だけは徴収します。

これって本当におかしいですよね。

通常ならばそんな人は3年次で卒論書かせて卒業にすればいいのです。


このように大学をサロンと比較すると必要性は薄れているのは確かです。


大学に行くべき人は「研究者になりたい」「将来、海外移住したい」
という目的がある人です。


研究者になるならやはりきちんとした設備が整っている大学の方がいいし、
海外で就労ビザを取りたい人は学士を持っていないと取れないのが普通です。


ただし、一番大切なことは

「大学は悪い、オンラインサロンに入ればいい」

そんな単純なことではなく自分がしっかりしていればどんな方法でもいい
ということです。


オンラインサロンだって入るだけで行動に移さなければ意味がありません。

すごい人と知り合っても自分のレベルが低ければその人の話は
通り抜けてしまいます。


散々大学をこき下ろしましたが大学に行っても
能動的に動いていればいい出会いがあって道が開けるかもしれません。

「学生」という立場が武器になる場合だってあるのも事実です。


結局は自分次第です。


それを自覚することが何より大事でしょう。

それでは!


*noteでもブログと同じ記事の内容を公開しております。
https://note.mu/hayato49

ほしい物リスト公開を始めました。
食用品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.09.24 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.