ブログでいいことを言うよりかっこ悪さをさらした方がファンがつきやすい件|日本語3.0

インフォメーション

ブログでいいことを言うよりかっこ悪さをさらした方がファンがつきやすい件


こんにちは!

よくブログやメルマガなど、情報発信している人にありがちなのが
「ネタがない」
という悩みです。

これに関しては前も対策を書いたのですが、
→ http://hayato55.com/article/183466179.html

やはりどうしてもネタに困るということもあるでしょう。

しかし、そんな人は少し考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。




すなわち
「毎回、素晴らしい情報を発信しなければならない」
という考え方をです。

もちろん情報発信は受け手のためになった方がファンがつきやすいのですが、
毎回毎回、素晴らしい情報発信ができるわけではありません。


著名人のブログや本を見ればわかりますが
多大な成果を挙げている人たちのコンテンツでさえ、いつも質が高いわけではありません。

もっというと何をもって素晴らしいかは受け手によります。


したがって、自分のダメなところや失敗談を発信するのもアリだと思います。

そんなことを発信してどうするのかと思う人もいるかもしれません。


しかし、いいことを言うよりもかっこ悪い失敗談を情報発信した方が
ファンがつくことがあるのも事実です。


あれは約8年前、僕が内定切りにあった時のことです。


悔しくて半べそをかきながら新聞社に情報発信をしていると
新聞社が取材に来てくれ僕の事例がメディアにも取り上げられました。

驚きと嬉しさでメディアに載ったことをブログに書くと
その日のうちからとてつもないアクセスが集まりました。

多くの応援コメントが寄せられたおかげで、大変励まされ、
早く立ち直るきっかけとなりました。


その後、不当解雇を訴え労働審判を起こしたのですが、
弁護士費用諸々が20数万したのですが、今ならポルカなどで
簡単に補填できるほどのPVでした。


つい先日も新人の日本語教師の方のツイートがバズっていました。




お祖父様が危篤状態なので病院に行きたいと言ったにも関わらず、
勤め先の上司が欠勤を認めてくれずに憤っているようです。

このアカウント主さんは今年ツイッターを始めたばかりにも関わらず、
バズりにバズって一気に1600人ものフォロワーを集めています。


また、先日はある40代のおじさんが派遣社員から
契約社員になるための会社の採用面接に失敗したことを語っている動画を
あげていました。

しかし、それがそのおじさんの動画の中で1番の再生数を記録して収益が上がり、
「あのときかえって面接に落ちていて良かったかも」
と、そのおじさんが後日上げた動画でホクホク顔で語っていました。


このように自分の欠点や失敗も十分ブログのネタになり、
バズることがあります。

視聴者や読者も自慢話めいた成功体験や立派な言葉をずっと聞いていると
嫉妬を覚える人も出てくるかもしれません。


それよりも失敗している人や不幸に見舞われている人を見ることで
自分の体験と重ねて憐憫の情が湧き、応援したくなることもあるものです。


辛い経験や失敗談も綴ってみましょう。

それが成功に結びつくこともありますからね。


それでは!


*noteでもブログと同じ記事の内容を公開しております。
https://note.mu/hayato49

ほしい物リスト公開を始めました。
食用品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

タグ
2018.08.26 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.