Q:「母国語」「母語」「公用語」「標準語」は何が違いますか?|日本語3.0

インフォメーション

Q:「母国語」「母語」「公用語」「標準語」は何が違いますか?

Q:「母国語」「母語」「公用語」「標準語」は何が違いますか?

A:子どもが生まれて最初に身につける言語が母語です。

 母国語は文字通り、母国で広く使われている言語で、広く使われるように
 なった結果、公共の場やもので使用されるようになります。

 これが公用語です。

 公用語として認められるようになると義務教育の教科書や通貨にもその言葉が
 使われます。

 在日朝鮮人の例でいうと、母語はハングル語ですが母国語も公用語も日本語
 ということになります。

 標準語はその国の言語で理想、模範とされている言語です。

 日本なら東京の言葉が標準語だとされています。



ほしい物リスト公開を始めました。
食料品を恵んでいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。

*noteでもブログと同じ記事の内容を整理して公開しております。
https://note.mu/hayato49

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.06.22 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.