クリスチャーのロナウドが魅せた! 〜組織の戦術を破るには突出した個の力〜|日本語3.0

インフォメーション

クリスチャーのロナウドが魅せた! 〜組織の戦術を破るには突出した個の力〜



ついにW杯が始まりました。

大会二日目のグループBでは早くも熱い試合が繰り広げられました。

サッカー強豪国同士の対戦、ポルトガルVSスペインです。


スペインのパス回しは芸術そのもので、狭いところでも素早く
簡単にパスをつなぎ相手を翻弄します。


通常の相手ならそれでなすすべもなく点を取られて戦意喪失するのですが、
そうならなかったのはポルトガルにこの男がいたからです。


その名もクリスチャーノ・ロナウドです。


サッカーを知らない人のために
マンU、RealMadridという超名門クラブを渡り歩き、
猛者揃いのポルトガル代表に10代から呼ばれて活躍しまくり、
バロンドールというヨーロッパ最優秀選手賞を5回受賞するという
偉業を成し遂げた男です。


バロンドールといえば世界中の選手たちの憧れで、年に1名しか選出されず
5回受賞するなんて奇跡に近い偉業です。
(ちなみにメッシも5回受賞しています)


彼のプレーはドリブルしているのになぜかボールを持っていない選手より早い、
細身なのに数人に囲まれても取られない強靭な肉体、
高速フェイントで知らない間に抜かれている卓越した個人技、

つまり、早い、強い、うまい、が揃っており、
彼からボールを1人でボールを奪い取るのはほとんど不可能でしょう。


その日もロナウドはスーパースター揃いの両チームの中でも
突出した個人技を見せハットトリックを達成し、終了間際にスペインに追いつきました。


スペインのパスサッカーとロナウドの個人技、
お互いにいいところを引き出す名試合で、今大会はこの試合以上のゲームは
見られないかもしれません。

深夜3時から朝方5時までの試合でしたが本当に見てよかったです。


近年のW杯を見ていて思うのがやはりどこもレベルが上がっていると
いうことです。

積極的に戦術を取り入れて練っており、極端に弱い国というのが
なくなりました。


youtubeなどの動画プラットフォームが発達し、新しい戦術が出ても
すぐに研究され取り入れられます。


弱小国でも優れた戦術を取り入れて磨けば強豪国に対抗できます。

そのため戦術が発達した現代サッカーにおいて正攻法の戦術では
相手の守備陣に阻まれ得点できず強豪国が弱小国に敗れ去る例もあります。


相手の戦術を破るにはやはりロナウドのような突出した個の力です。


個の力やアイデアは戦術が発達している国に限って
対応できません。

システムが発達しているということは逆にいうと
マニュアルにないことや想定外のことには対応しづらいのです。


これは会社組織も同じです。


会社のシステムが発達し、浸透しすぎていると反対に不測の事態や
変化に柔軟に対応するのが難しくなります。


そんな時に物を言うのが個の力です。

自分の判断でいくらでも変わることができるし、
アイデアや着想で大企業を出し抜くことができます。


事実、今や企業のプロモーションビデオよりも個人が作ったyoutube動画の
方が影響力を持っています。


サトシナカモトと言う人物がGoogleやMicrosoftを出し抜く技術、
ブロックチェーンを開発し、世界を驚かせました。


今はネットを使えば個人で状況を打開できる時代です。


会社組織に頼らず自らのアイデアと技術で時代を生きぬきましょう。


それでは!

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.06.16 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.