学校という場所は異常 その1|日本語3.0

インフォメーション

学校という場所は異常 その1


1月も終わりに差し掛かり、日本語学校では
ほぼ最後の難関でありイベントである日本語能力試験の
結果が出ました。


能力試験がビザの査定に影響するので
歓喜に沸いた人、失意の底に沈んだ人、様々です。


結果よりも頑張って積み上げたことの方が
後になって大事になってきます。


泣いた人も笑った人もそれを心に留めて先に進んで欲しいものです。


さて、
今回の結果を受けて、いやもっと前から
気になっていたことがあるのでちょっと書き留めておこうと思いました。


それは真面目に授業を受けている学生がいい成果を上げられず
休みがちで授業に出ていない学生が合格している傾向がある
と言うことです。


それは僕の授業のやり方にも問題があると言うことであり、
そこは反省しなくてはなりません。


ただ、やっぱり仕方がない面もあるんじゃないかなぁーと
思います。


読者の皆さんもご経験があるのではないでしょうか?


自分は一生懸命学校に行って授業に出て
ノートをとっているのに休みが多く授業に出ない学生が
要領よくテストや受験で成功を収めている、

そんな経験をです。


僕は何度もあります。

僕はかなり真面目に授業に出ていた側でしたので
何度も悔しい思いをさせられました。


でも、これってある意味で当然で、
やっぱり授業に出ると自分に足りない部分や好きで伸び代のある
勉強ができません。


授業に出ると自分の理解を無視して教科書だけ
どんどん先に進みます。

違うことをしていたら怒る先生もいるので
自分が興味がない勉強やする必要がない教科書の内容を
ずっとやらなければなりません。


本当に学問を追求したいなら
自学を中心にしてわからないところを学校でそれぞれの先生に
質問する、

そのスタイルが理想です。


それなのになぜか今の学校制度や授業を金科玉条のように思って
みんなに押し付ける傾向に疑問を感じています。


仮にも教師業をやっている
僕がこんなことを言ってはいけないかもしれませんが
これ以上真面目にやっている人が損をするのを見るのは
嫌だなと思っています。


今はテクノロジーが発達し学校じゃなくても
人間の才能を伸ばすツールは多く存在します。


無理やり学校に通う、通わせることはむしろ
才能を潰してしまうことにもなりかねないのです。


親御さんや学校関係者は是非それを
心に留めておいていただければと思います。


それでは!



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2018.01.25 | コメント(2)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント

分かります。
今、担当教科の成績をつけているのですが、日本語学校に通っている目的は「日本語を上達させるため」なのだから、授業中寝ていようが(他人を妨害するのはもちろんダメ!)、教科書忘れようが、発言が少なかろうが、そこは成績に落とし込まず、テストの点だけで決めてはいけないのか?と思います。
中学生の息子の成績もテストだけでなく「忘れ物」とか「授業態度」が大きいので、やっぱりおかしいと思っています。
目的は「(生徒が)習得できているか」なのに、結果が「(教師が)授業を回しやすいか(生徒が協力的であるか)」で計られており(成績は人質みたいなものですね)、まだまだ学生主体の学校は遠そうです。

from nico 2018.01.29 22:26

nicoさん
コメントありがとうございます。
日本の学校も日本語学校も先生のためだけの組織になってしまっているのを感じますよね。
先生たちは反対すると思いますが、映像授業でいいと思っています。

息子さんの学校ww そんな学校やめさせてリクルートのスタディサプリで勉強させたり、何らかのITスキルをネットで学ばせた方が絶対将来役にたつと思います。

from 佐藤ハヤト 2018.01.30 14:18

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.