なぜ勉強したほうがいいのか?|日本語3.0

インフォメーション

なぜ勉強したほうがいいのか?

こんにちは。

僕はよく、「大学なんかいく必要がない」と言っています。

それに対して批判もあります。

「勉強しないで国民全体の知性が下がったら困る」

という批判ですね。


誤解しないでもらいたいのですが、僕は
「勉強する必要がない」
とは一言も言っていません。

むしろ勉強することはいいことなのでどんどんやっていただきたいです。

じゃあなぜ勉強することはいいことなのか?


理由も知らされずただ親や教師から「いいから勉強しなさい!」と
強制されたせいで勉強嫌いになった人も多いでしょう。


親や教師も勉強する意義を分かっていないのかもしれません。


そんな勉強嫌いなまま大人になった人がまた子供に勉強を押し付けて
また勉強嫌いな子供が育っていく、、、


そんな悪循環を止めるために今日は
「なぜ、勉強しないといけないのか?」
を考えたいと思います。


それを知ることで勉強へのモチベーションもあがると思いますので、
よろしくお願いします。


昔、農耕文化が始まった時のことを想像してください。
まだ日にちや曜日、時間の概念も無かった頃です。


あなたはいつから働けばいいのか
いつ種を植え、田植えをすればいいのか全くわかりません。


そんな時に日が登るタイミングや雨が降るタイミングなど
をある程度予測できる人がいるとしたらどうでしょう。


その人の言う通りに働けば明るいうちに働けるし、
冬が来る前に収穫できて食べ物も無駄にすることなく
家族と幸せに過ごせます。


この時代貨幣もないので、安定して食物を産出できるかいなかは
死活問題です。

あなたはその人のことを神様だと思うはずです。

そして
「あなたのおかげで安定して作物が収穫できます、お礼にどうぞ」

こうしてその人へのみつぎものが増えることになり、
その人は莫大な富を形成できます。


もちろん、その人は神様ではありません。
ちょっとばかり数学の知識があり、
適切な角度で地面に棒を立てることで
日が出て、沈むタイミングがある程度予測できたのです。


お分かりでしょうか。


人より勉強して知識があるということはそれだけで
優位に立てるのです。

古代ギリシャではこうして数学の学会が絶大な権力をつかむことができました。

現在は忙しくて勉強する時間より働く時間の方が長いという人が多いです。
だからこそ、あなたが勉強すれば人よりも優位に立てるのです。


勉強というほど大層なものじゃなくてもいいのです。

「最新のトレンドは何か?」
「流行っているアプリは何か?なぜ流行っているか?」

軽い情報収集をして新しいものに触ってみるだけで
かなりの知見が得られ、優位に立てるはずです。


僕が「大学に行く意味がない」と言っているのは
学校だと自分に足りない勉強が適切なタイミングで供給されないからです。


学校に与えられるのではなく自分で課題を見つけて
自分でどんどん勉強し、ライバルに差をつけましょう!

それでは!

2017.09.17 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.