画面録画ソフト を使って授業の質を上げる。 〜画面を録画する方法〜|日本語3.0

インフォメーション

画面録画ソフト を使って授業の質を上げる。 〜画面を録画する方法〜

こんにちは、いかがお過ごしですか。

日本語学校は夏休みももう直ぐ終わり、
今週から学校が始まります。

僕はずっと教材開発のため、研究と勉強に勤しんでいました。

いや〜、誰もやっていない分野はどの道をどのくらいまで
進めばいいのか全くわからなくて、なかなかタフです。

孤独で地道ですが、この状況に置かれているのは世界で僕一人なので
誰も学んでいないことを学べて充実感も味わえています。

さて、先日僕が個人で日本語を教えているギリシャの学生が
受験勉強のため一時離脱しました。

ギリシャは18歳未満の学生は大学に入るために
全国統一試験を受けるそうでこれがまた最難関、
それでどの大学に入れるかが決まるのでみんな必死で勉強するそうです。

彼も大学進学のため来年6月までは勉強に集中したいということです。

しばしのお別れですが僕は研究の時間が増えたと
プラスにとらえることにしています。

で、先ほどもいいました通り、彼とはスカイプで授業をしていたのですが、
そこで重宝したツールを今日はご紹介します。

画面録画ツールです。
Apowersoft
https://www.apowersoft.jp/free-online-screen-recorder

使い方は簡単、「録画開始」ボタンを押すだけで
範囲を指定し録画が始まります。

Macをお持ちの方なら、 Quick Timeでも録画できますが、
これは「音」か「画面」どちらか飲み録画可能で、
音と画面同時に録画できません。

同時に録画できるものは僕が見た限り
このApowersoftしかないかなぁと思います。

これはMac専用で無料ですが、
ウィンドウズだと無料の録画ツールは今のところないようです。

さて、なぜこれがいいかというと
録画したデータを学習者が見ることで実質何度も授業を受けること
が可能になります。

考えてみればこれは画期的なことです。

従来は授業がわからなくても教科書だけどんどん先に進んでしまい、
学費とお金が無駄になっていくという学生もいました。

しかし、定着するまで録画を何度も見直すことで、
こういったことは防げます。

自分がどこで間違えたのか、正しい言い方はどうなのか、
客観的に確認することができます。

実際に録画して相手にデータを渡し出してから
かなり定着するようになりました。

また、これは教師側に取ってもメリットがあります。
自分の説明が甘くないか、授業構成はどうなのか、
話すスピードはどうなのか、チェックできます。

学習者にとっても教師にとっても最高の教材です。

ネットで個人レッスンをやっておられる方、
ぜひおためしください。

それでは!


ほしい物リストです。
食用品をプレゼントいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2017.08.29 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.