「仕事を求める人」と「仕事に求められる人」|日本語3.0

インフォメーション

「仕事を求める人」と「仕事に求められる人」

こんにちは

私が住んでいる福岡は記録的な大雨に見舞われ、
30人以上もの犠牲者が出ました。

たくさんの人から「大丈夫?」というメールをいただきました。
ありがとうございます。


幸い僕が住んでいるところは
電車が止まったくらいで、大した被害はありませんでした。
ご心配してくださった皆さんありがとうございました。


さて、先日ある先生から日本語教師養成講座の講師になってほしいと
打診されました。

先生を育てる先生ですね。

5年目にしてこんな大役が回ってきたかと感慨深いものです。

世の中には2種類の人間がいると思うんですね。
「仕事を求める人」と「仕事に求められる人」です。


違いは前者は自分の能力がわからないから
給料を見て仕事を探している人。
こんな人は今の職場をクビになると困ります。


後者は自分のスキルを磨いており、それが周囲や業界に知られており
仕事が次々と舞い込んでくる人です。


こんな人は今の職場をクビになってもいろんなところから呼ばれて
困らないし、そもそも今の職場にも重宝されるので
クビになりにくいです。


やはり多くの人は前者に属していると思います。

最初はみんな自分の能力がわからないから当然前者ですが、
50歳や60歳になってもこちらでは困りますよね。


じゃあ、どうすれば後者に属することができるかというと
やはり給料ではなく自分が興味のある仕事を選ぶことです。

興味がある仕事こそ自分の才能です。
周りの意見や給料に左右されず、
興味関心に忠実でありましょう。

それでは!


ほしい物リストです。
食用品をプレゼントいただけると食費が浮くので助かります。


「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2017.07.17 | コメント(0)
コメントを書く

お名前

メールアドレス(非公開)

ウェブサイトアドレス

コメント

この記事へのコメント
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.