日本語3.0

インフォメーション

PaypayとLINEの経営統合について 〜消費者はどの電子決済を使えばいいか〜


既にみなさんお聞き及びかもしれませんが、本日大ニュースがありました。

そう、LINEとソフトバンク傘下のPaypayが経営統合したというニュースです。


<えごま油>
脳の栄養素であるDHAが豊富に含まれている油です。



何がすごいかと言うと今まで多様だった国内における決済手段が一元化され、楽天PayとLINEpaypayの二強になると考えられ、日本の決済市場の歴史が大きく動くことになるからです。


もちろん電子決済手段は他にもあるのですが、今回二強に絞られたことで他の電子決済が淘汰されると予想されます。なぜなら決済手段は勝者総取りなので、使用者が少ない決済手段を取り入れようとするお店は少ないからです。


中国や韓国、途上国だと思われていたタイなどから見ても日本の電子決済は遅れていたわけですが、ここにきてようやく日本の決済市場が前進しそうです。


先日、Weworkへの出資で7,000億円の損失を出したと言われていたソフトバンクですが、ここにきてこんな隠し球を持っていたとはさすが孫正義といったところでしょうか。


国内市場だけではありません。

PayPayとLINEはそれぞれ国内だけでなく海外のスマホ決済プラットフォームと事業提携を図ってきました。


Paypayは韓国のスマホ決済カカオペイと提携を結んでおり、韓国のカカオペイ利用者は来日時にPaypay加盟店でも決済できるような決済手段を導入しています。

またPaypayは中国ネット販売店アリババの「アリペイ」とも事業提携し、訪日中国客にも同様のサービスで対応しています。


同時に日本人が中国や韓国に行った際にもアリペイのQRコードをPaypayでも読み取れるような仕組みを導入予定だと言うことです。


一方LINEは親会社のネイバーが提供するスマホ決済サービス「ネイバーペイ」と中国のSNSウィーチャットが運営するウィーチャットペイと提携関係にあり、同じく訪日韓国人、中国人にサービスを提供していました。

加えてタイと台湾でLINEは一番人気のあるメッセンジャーアプリです。この二社が提携を組むことで国内だけでなく国際市場でも大きくリードする決済プラットフォームが誕生したのです。


まさに現代の薩長同盟。孫正義は本当に世界を取りに行っているようですね。


具体的にはどういったサービスが生まれるかわかりませんが、機能的にもこの二つのサービスはとても相性がいいので様々な有益なサービスが誕生すると思います。

僕は今までカードとの連結ができるPaypayを使っていました、Yahooカードだと決済ごとに10%現金で還元されていたので重宝していました。一方、LINEはクレジットカードとの連携ができず、使い勝手が悪かったので2〜3回使ったきりでした。


しかし、今回 PaypayがLINEと組むことでメッセージのやりとり同様、お金のやりとりもできるようになると考えられます。


そうなれば壮大なマネーネットワークができ、メッセンジャー機能のない楽天は窮地に立たされるでしょう。


世間は消費税10%や社会保険料の値上げが相次ぎ、一般市民の生活は困窮しているように言われていますが、こう行った手段を有効に使うことで生活費を節約することができます。


大変な時代だと言われていますが、情報収集して行動に落とし込めば乗り切れます。


それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.11.13 | コメント(0)

Youtubeで発信を始めたら本業以上に儲かり出した料理店の話


どうもこんにちは

最近、Youtubeで料理動画を見ることが日課になってきました。実家に帰った時に覚えた料理を家族に作ってやることが一つの楽しみになりました佐藤です。


人気店の料理レシピを無料で視聴できるようになったとは本当にいい時代になったと思います。


僕が子供の頃はこんなことは不可能だったし、少し前はテキストと写真媒体でレシピを見ることができましたが、最近動画が出てきたことで作る過程を全て見ることができ、再現性が高くなりました。


でも、店主は大事なレシピを公開してしまって大丈夫なの?
競合が真似したり、お客さんが来なくなってしまう心配はないの?


そう思う方もいることでしょう。

『Youtube革命 〜メディアを変える挑戦者たち〜』ロバート・キンセル 


読後『Youtube革命 〜メディアを変える挑戦者たち〜』ロバート・キンセル 〜youtube副社長が見据える動画の未来〜
http://hayato55.com/article/184106029.html?1575302659


しかし、その心配は全くなくむしろYoutubeを見て来店する人が増えたそうです。


客が飲食店に行く理由は何かというとご飯を食べることだけではありません。

料理を作る手間と時間を省くためでもあるのです。

したがってレシピを公開したところで全ての人が手間暇かけて作るわけではなく、「この店の料理美味しそうだな」と思われればむしろ来店客数は増えるのです。


どうせお店の中の席数や提供する料理にも上限があり、収益の上限も決まっているわけですから料理を公開して行って再生回数を稼いだ方がどう考えても得なのです。


実際、僕が見ている料理チャンネルの収益はお店の売り上げをゆうに超えているとのことです。


また、今の時代は有益な情報を無料で公開した方がファンがつくようになっています。


有益なことが無料で公開されているサイトと有料会員でしか見れないサイト、あなたならどちらを参照するでしょうか。


当然、無料で公開した方がアクセスが集まるし、「こんないい情報をただで教えてくれるこの人はなんていい人なんだ」とファンになってくれる人も現れるのです。


目先の利にとらわれず、長期的にファンを獲得していった方が今の時代勝ちやすいのです。

<えごま油>
脳の栄養素であるDHAが豊富に含まれている油です。



それに加えて料理というコンテンツはバズりにくいのですが、長期的に長期的に再生され続けます。


例えば「iphone 11 proの使用法」のような動画はその時は再生されるかもしれませんが、数年後iphoneの新しいシリーズが出ていたらほとんど再生されることはないでしょう。


一方、「美味しいカレーの作り方」のような動画はトレンドに乗ることはないでしょうが、カレーを作る人がいなくなるとは考えられないので数年後も再生されることは十分に考えられます。


したがって長期的に稼ぎやすいのです。


SNSは広告にも収益源にもなり、まさにやらない意味がわからないほど貴重なものです。


僕は日本語学校もYoutubeやインスタなどで日本語コンテンツを発信すれば集客力も収益も上がり、教師の待遇改善につながる可能性だって出てきます。


何か新しいことを始めない限り、何も改善しません。


行動と試行錯誤を重ねて日本語教育をアップデートしましょう。


それでは!

ほしい物リスト公開を始めました。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.11.12 | コメント(0)

独立後1年、今までの成果と今後の目標


11月に入ってめっきり冷え込んできました。

福岡に外国人起業家を養成する学校を創設するため完全に独立して1年が経ちました。

目標を持って行動する中で多少の成果と「こんな人たちと仕事がしたい」と思えるような優秀な人たちと出会うことができました。色々と動きがあったのでこれまでの成果と今後の動きについて述べたいと思います。


<えごま油>
脳の栄養素であるDHAが豊富に含まれている油です。




@SNSのフォロワー数

退職してすぐ動画教材を売り込むためには教材を販売するためのプラットフォームが必要だと考え、FacebookページとInstagramを始めましたが、どちらも1年でそれぞれのフォロワーが13,000人と17,000人を超えました。


Facebook ページ・・・フォロワー13,000人気突破
https://www.facebook.com/Nihongo-30-1097693627056513/

Instagram・・・フォロワー17000人突破
https://www.instagram.com/nihongo_3.0/


A動画教材完成

1年間丹精込めて作ってきた動画教材がようやく完成し、ようやくリリースできそうです。販売プラットフォームはYoutube、Udemy、Vimeoを考えており、販売価格は900円、サブスクリプションで500円、レンタルで100円程度を予定しております。

Youtubeは日本語に興味がありそうなYoutuberにメッセージを送り、彼らに無料で授業をする代わりに相手の概要欄でも僕のチャンネルを宣伝してもらえばチャンネルの伸びが早くなるかなと考えています。


B動画教材完成
毎日行動し、発信していく中でベトナム人のIT企業社長やベトナム人の女性プログラマーと知り合うことができました。


彼らから特定技能実習生やエンジニアを紹介してもらい、日本の企業に斡旋することで仲介手数料をもらうと一ったことも考えています。

一方で日本の企業にエンジニアを消化しても安く買い叩かれるだけだという懸念点もあります。


むしろ日本で案件を受注し、ベトナムにいるプログラマーの方にアウトソーシングするようなことをやっていけたらなと考えており、自分でプログラミングの案件を取れないか目下実践中です。


この中には過去僕が持った学生も含まれています。

日本語学校時代、いつか学生と協力して世界を相手に勝負することを思い描いていましたが、それが実現してきた形です。


完全独立して多少不安もありましたが「行動→評価→発信」を繰り返していたら自然と道は拓けてきました。


引き続き継続して自分のビジョンを実現させようと思います。


それでは、悠々と急げ!

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.11.04 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.