日本語3.0

インフォメーション

日本語教師養成講座では何を教えるべきか 〜日本語教師が減っていく中で〜


日本語教師の現場に立って実績を積んでいくと
日本語教師養成講座の教師にならないかという誘いが来ます。


僕も何度か来ましたが、全て断っています。


なぜかというと僕には能力的にもモチベ的にもできないし、
何よりこれから日本語教師は需要がなくなっていくと考えているからです。


理由は大きく2つあると思いますので、
今日はそれについてお話しします。

<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。



一つ目の理由は日本語学校の規定が厳格化され、出席率の基準や
報告義務などが課せられるようになったということです。

日本語学校の要件厳格化=出席率などの基準見直し−入管庁
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019042700284&g=soc


従来の日本語学校では留学生がアルバイト法定時間28時間を超えて
働くことなんて当たり前でしたが、この辺も厳格化するようです。


現に多くの留学生たちがアルバイト超過を理由に
ビザ取り消しになっています。


僕の前の勤務校もそうですが、主にベトナムやネパール、スリランカの
学生たちがビザの再申請が通らず、帰国を余儀無くされる学生が増えています。


今までは働き手不足分を留学生を使って補っていたのですが、
流石に法と現場が乖離しすぎて帳尻合わせをせざるを得なくなったのです。


これからは出稼ぎ留学生に頼っている学校はどんどん規制され、
駆逐されていくでしょう。

それはとてもいいことなのですが、当然そこで働いている教師はリストラされ
教師の需要は減っていくことでしょう。


今の日本に日本語だけを勉強するためにわざわざ
来日する学習者がどれほどいるのか疑問です。


そうなってくると必然的に日本語学校の教師は必要なくなってくるでしょう。


日本語教師の需要がなくなるであろう2つ目の理由は
いつも言っていますがネットで無料で日本語が
勉強できるようになってきているからです。

詳しくはこちらの本にも書いてありますが、

<SNSで外国語をマスターする>
もう先生も学校もいらない!?



今までも「歌だけで日本語を覚えました」「アニメを見て覚えました」
という人は多くいました。


自分の興味、関心にしたがって学習を進めたほうが
当然習得が早いのです。


最近は日本語教師の方でインスタやYoutubeで日本語に関するコンテンツを
投稿している人が増えてきました。


面白く為になる内容は「いいね」され、着実にフォロワーや
チャンネル登録者数を増やしている先生もいます。


ネット上で勉強したほうがはるかに効率的で、楽しいのに
わざわざ日本語学校に通う人が増えていくようには思えません。


これが日本語教師の需要が減るであろう二つ目の理由です。


これらの事実を踏まえずに日本語教師を養成していっては
養成講座を卒業しても仕事に就けない先生が大量に出てしまいます。


せっかく費やした学費と時間が全て無駄になってしまえば
養成講座を開講している学校の沽券にかかわります。

では、これから養成講座で教える講師にはどのような知見やスキルが
求められるのでしょうか。


それはやはり日本語教師のスキルをどうやってネットのコンテンツに
変えていくかを語れる先生です。


日本語教師予備軍の先生が養成講座を受講中にネットで
配信するスキルを身につければ卒業後に失業するリスクも防げます。


もちろん、日本語教師経験がある程度あってSNSでも情報発信している
教師は極めて少ないのが実情です。


しかし、先生は何もSNSの専門家である必要はありません。

受講者さんの中にはSNSに精通した方もいらっしゃるでしょうし、
先生と受講者さんのやり取りからうまい発信のやり方が見つかるかもしれません。


新しいテクノロジーについて従来のように先生が壇上から一方的に
教えるのではなく受講者さんと双方向的に教え合い、共に成長していくのが
現代に置ける適切な教育の形であると僕は思っています。


グローバル化によって学習者の国籍も文化も多様化してきています。


多様化した学習者に対応するためには従来の一斉授業ではなく
多様なプラットフォームでの多様なコンテンツが必要になってくるのです。


Instagram,Facebook, Youtube、遊び感覚でいいので
興味が持てそうなものを触ってみて少しずつ情報発信してみてください。


先生方の小さな一歩が先生の未来だけではなく
日本語業界の未来を前進させることにもつながります。


それでは!


ほしい物リスト公開を始めました。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.08.20 | コメント(0)

日本語教師はブログよりInstagramを始めるべき理由


こんにちは。

めっちゃ暑いですがお盆のこの時期をいかがお過ごしでしょうか。

僕はといえば相変わらず朝起きて、ジム行って午後から夜までずっと
日本語動画コンテンツ製作、Facebookページとインスタ投稿と
夜は速読の勉強をしています。

夜深酒をしすぎて寝起きが悪いことが不安材料ですが、
無理のない程度に酒量を減らしていこうと思います。


さて、毎日の積み重ねが実り、
インスタグラムのフォロワー数が1万人を突破しました。

https://www.instagram.com/nihongo_3.0/

fullsizeoutput_471.jpeg

6月末まで2,000人に満たない数でしたが、そこからやり方を変えると
一日200人以上増え、1ヶ月半で8,000人増えました。

今日はここまで継続してきて気づいたことがあるのでシェアしようと思います。

日本語教師の方で自分のノウハウや経験から培った知見をブログやnoteに
記している方も多いと思いますが、収益化を望むならブログをやめて
インスタグラムを始めた方がいいと思ったのです。


その理由について説明します。


1、母数が桁違いに違う。

日本語教師の方の中には自身の経験からブログに教授法や授業法、
文法を説明して投稿している人が多くいます。


それはそれで素晴らしいのですが、残念ながらそれを続けていても
収益化は難しいでしょう。


なぜなら母数が全然違うからです。


どいういうことかというと日本語教師が日本語教師向けにブログを書いたところで、
日本語教師の全体の数なんてたかが知れています。

文化庁の調べでは日本語教師の数は38,000人で、
そのうち58%がボランティアだということです。

https://nsjnl.jp/archives/3116/


それに対して学習者数は国内で21万8000人、全体では360万人いる
ということです。

https://izanau.com/ja/article/view/nihongo-gakusyusya-ranking
(国際交流基金)

しかもこれは主に教育機関の学習者数なので独学者や
これから勉強しようと思っている人はカウントされていません。

潜在顧客はもっと膨大にいると考えられます。


このことから日本語教師向けの情報発信をするよりも日本語学習者向けに
情報発信する方が理にかなっていることがわかります。


2、ブログはオワコン化している

イケハヤさんやマナブさんなども述べていますが、ブログ収益が上がりにくく
なっています。

Googleの仕様が変わったということもありますが、大きな理由は
SNSが台頭し、ブログ読者がそちらの方に流れるようになったからです。


自身を振り返ればわかると思いますが、朝起きて携帯を見るとき
いきなり誰かのブログをチェックするでしょうか。

多くの人はインスタやLINE、ツイッターを見るのではないでしょうか。


このように主戦場はすでにSNSに移り変わっているのです。

3、将来インスタで買い物が完結する

以前、こちらの記事でも書きましたが、Instagramは現在、
インスタの画面で直接買い物ができるようになる機能を開発しています。

Instagram で買い物可能になる 〜Amazonを超える経済圏が出現か?〜
http://hayato55.com/article/185746451.html


なんと画面をタップするだけでその商品が買えるようになる機能が
搭載されるかもしれないのです。

そうなると買い物の主戦場がアマゾンからInstagramに移行することだって
考えられるのです。


今のうちに参入しておくことは日本語教師としてはもちろん、
人生を生きる上で大きなアドバンテージになるでしょう。

どうすればいい?


ではこう言った事実を踏まえて日本語教師はどのように行動していくべき
なのかというとSNSを活用してコンテンツを発信しよう
ということになります。


どのSNSを使えばいいのかということですが、
僕はやはりインスタグラムだと思います。

インスタはイラストや写真など視覚に訴えるメディアで
あるため、言語の壁を越えることができるからです。

一方ツイッターやフェイスブックは言語で情報伝達する媒体であるため、
外国の人は抵抗を覚えます。

また、ツイッターは英語圏では割と影響力があるものの
そのほかの国や地域ではユーザー数は必ずしも多くありません。


インスタでイラストや写真を使ったコンテンツを発信すれば
多様なフォロワーさんがついてきてくれるでしょう。

実際僕のインスタのフォロワーさんもインドネシアが多いですが、
かなり多国籍です。


fullsizeoutput_470.jpeg

また、インスタの人口はとても若く、僕のフォロワーさんの多くは
10代と20代です。


これから社会で活躍する若い人が多くそんな人たちが日本語を学習してくれる
ことは日本語業界の発展という観点から大変有意義です。

フォロワーの増やし方はこちらの過去記事を参考にしていただければ
と思います。

インスタグラムでフォロワーを一日150人増やした方法
http://hayato55.com/article/186198620.html

あと僕もそろそろ参入しようと思いますが、やはりYoutubeが熱いと思います。

5Gになると動画の時代が間違いなく来て、市場も爆発的に増えるため
チャンスしかありません。


特にツイッターでは日本語教師らしき人たちが自分の待遇に対して
不平不満を述べている人たちが多いですが、
はっきり言って生産性ゼロです。


それどころかそんなことを続けていたらそれを見た若い日本語教師が
入ってこなくなり業界に新陳代謝が起きなくなってしまいます。

日本はネット普及率が世界でもトップクラスで、
ネット料金も安く、格安SIMもあります。


そんな状況で収入が低いというのは残念ながらその人の
ITリテラシーの低さが原因です。


何度もこのブログで述べていますが、全体の日本語教師の待遇が
よくなることはあり得ません。


自分で行動を変えなければ何も変わらないのです。


まずは軽い気持ちで投稿してみましょう。

数ヶ月もたつと状況が変わってきますからね。


それでは!

ほしい物リスト公開を始めました。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.08.13 | コメント(0)

Twitterからは真に有益な情報は取れない


以前、こんな記事を書きました。

日本語教師の給料が上がりようがない2つの理由
http://hayato55.com/article/186232918.html


これからは有益な情報は有料にするよりも無料にした方が
アクセスが稼げるためネット上のコンテンツは
全て無料化に向かうという話でした。

なので日本語のコンテンツも全て無料で勉強できるようになるため
日本語学校に通う人が減って日本語教師も食いっぱぐれるよと。


しかし、どうやらTwitterだけは様相が違うようです。


<ホスファチジルセリン>
シナプスが繋がりやすくなり、ひらめきや思考力、学習効果の高まりが体感できました。



明らかに以前よりもTwitterの民度が著しく下がってきたからです。


現にZozoの前澤さんや落合陽一さんなどはほとんどTweetしなくなって
しまいました。


なぜかというと彼らのように実績を積んで有名になるといろんな人に
フォローされるようになります。

著名人と一般人は実社会で交わることはないのですが、
Twitterだと交わることができるのです。


その結果どうなるかというと著名人が有益な情報を発信しても
知性が低い人たちはそれが理解できません。


発信するも発信するもスルーされ続け感謝もされず
インプレッションも増えません。

反対に何が失言などがあると言葉尻を取られて
それが炎上につながったりもします。


前澤さんは交際相手の剛力彩芽のことで炎上したし、
落合陽一氏はDJ社長の炎上について言及しただけで炎上しました。


本田圭佑選手やホリエモン、イケハヤさんのツイートなんて
しょっちゅう炎上しています。


有益な情報をツイートしてもほとんど反応がないし、
下手すりゃ揚げ足取られて会社の株価まで下がってしまう。


頭がいい人たちはだったらもうネットで発信するのやめよう、
そんな風に思い、ツイートしなくなってきており
結果、Twitter上には有益な情報が出回らなくなってしまっているのです。


特にツイッターは炎上しやすいので、著名人は発言しにくいでしょう。


それでも彼らの多くは自分のノウハウを世に伝えるため
オンラインサロンを経営しています。


知識やスキルにお金を払って得ようとする人は頭がいい人が多いので
揚げ足取ろうとする人も少なく炎上もしにくいのです。


したがってもし、みなさんが尖った人の有益な情報が欲しければ
その人たちのオンラインサロンに入りましょう。


きっと有益な情報を得られ、学びに厚みが加わるでしょう。


それでは!

ほしい物リスト公開を始めました。

「ほしい物リスト」
http://amzn.asia/6D79MOV

リストに載っている本をプレゼントしていただいたら
書評にしてブログにアップします。



この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2019.08.09 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.