日本語3.0

インフォメーション

格助詞とは何か? 〜なぜ「は」は格助詞ではないのか〜

格助詞とは「が」「を」「に」「で」「と」「から」「まで」「より」「へ」の9つの助詞のことで、その意味は広辞苑によると

「助詞の分類の一つ。主として体言につき、その体言と他の語との格関係を示す助詞」

とあり、日本語の文法書では

「名詞につく『が』や『から』は格助詞と呼ばれ、述語の意味によってさまざまな役割で使われたり、それ自身が色々な意味を持ったりしながら、それぞれの名詞句を動詞などの述語と結びつける働きをしています。」『日本語文法ハンドブック』p16

と説明してあります。

ですが、これでは何のことかわかりません。

例文を用いて理解を試みましょう。

・パト マセイヨ ジダ クスクス 食べました。

これだけでは何を言いたいのか全くわからないと思いますが、こうするとどうでしょうか。

・パトがマセイヨでジダとクスクスを食べました。

こうすると何となく意味がわかったのではないでしょうか。

パトという人物がマセイヨという場所でジダという人物とクスクスという食べ物を食べた、ということがイメージできたかと思います。

*実はこれらは全て実在する人物ともので「パト」と「ジダ」はブラジルのサッカー選手、マセイヨもブラジルの都市で、クスクスはブラジルの名産物です。

このように名詞に付属することでどこ「で」食べたのか何「を」食べたのか、「食べた」という述語が行われた場所や対象、主体がわかります。

これが「述語との関係を表す助詞」ということでその助詞のことを格助詞と言います。

「は」は格助詞じゃないの?

ここで「は」はどうなのかと思った人もいるかもしれません。

「は」も「が」と同様、主語になる場合だってあるし、述語との格関係を表す物じゃないのか、と考えることもできそうですが、「は」は格助詞ではありません。

上の文を以下のように変えてみましょう。

クスクスはパトがマセイヨでジダと食べました。

前述の通りクスクスは食べ物なのでクスクスが何かを食べたわけではありませんが、クスクスを知らない人がこの文を読めばクスクスという人が何かを食べた、つまり主語だと思ってしまうことでしょう。

この「は」は「を(対象)」をテーマとして取り上げた「主題(〜について言えば)」の役割を果たします。

最初の文をこう変えてみましょう。

マセイヨではパトがジダとクスクスを食べました。

このように場所の「で」も「は」がつくことで主題化できます

「クスクスが食べました」はすぐにクスクスが主格だと判断できますが「クスクスは食べました」はクスクスが対象なのか主格なのか判断できません。

格助詞の条件である「述語との格関係を表す」という部分を満たさないため格助詞とは言えないのです。

*格助詞の基本的な説明や役割について知るためには以下の本に詳しく載ってあります。
<参考文献>
『日本人のための日本語文法』 原沢伊都夫

2022.01.19 | コメント(0)

感想「世界から猫が消えたなら」 佐藤健 〜物と人の命はどちらが大事!?〜

今日は年末年始に見た映画の感想です。

少し前に話題になった「世界から猫が消えたら」というものです。

『世界から猫が消えたなら』


*ネタバレになる部分もあるので、了承していただける方のみこの先をお読みください。


人命とモノはどちらが大切かと言われれば誰しも「人命」と答えるでしょう。

しかし、本当にそうでしょうか、と。

そんな興味深いテーマ設定がなされた映画です。


〜あらすじとテーマ〜

主人公はある日、余命宣告を受けますが、突如現れた主人公の別人格から余命を伸ばすために一つだけ方法があると告げられます。

「1日寿命を伸ばす代わりに何かものが消える」

と言うものです。


主人公は自分の寿命を伸ばすために消すものを選ぶことで、世界から指定されたものが消えます。


電話、映画、時計などが消えていくのですが、そうすることで当然映画好きがきっかけで知り合った友人や恋人との連絡手段であった電話がなくなることでこれらの人間関係も全て失います。

時計が消えたせいで時間感覚が無くなり、文明も大きく遅れました。

仕事をして何か価値を生み出すときに時計がないことを考えれば生産性は格段に落ちることは予想できます。


1日ごとにものが消えていき、戸惑う中ある日主人公の友人が交通事故で亡くなります。


主人公は絶望に打ちひしがれるも、世界は何ら変わらず何事もなかったかのように日常が繰り返されていきます。


「人命は何よりも重い」

そう信じていた主人公が自分が生きていくことで世界がどんどん退化していくことに対して苦悩していきます。

そう。

物は多くの人たちが世の中の発展のために膨大な時間と情熱をかけて生み出した珠玉の作品なのです。

対して人の一生は無為無策に過ごすのであればその人が亡くなっても何も変わりません。

人間だって所詮生物なのですから。

主人公は死に直面し、自分の人生にも限りがあることに気づいてそのことを悟りました。


作品全体のメッセージとしては

「自分がただ無為無策に生きても何も変わらないから、少しでも社会をいい方向に変わるように自分の人生を使おう」

僕はそう受け取りました。

僕は幸いにして余命宣告は受けていませんが、明日事故に遭って死ぬかもしれませんし、そういった意味では主人公と同じ境遇にあると言えます。

そしてこれを読んでいるあなたも。

限りある人生を大事に、できればいい方向に向かうように使いたいものです。

独特なテーマ設定でメッセージもいいのでぜひ見てみてください。

それでは!

2022.01.12 | コメント(0)

2022年 日本語教育業界はこうなる 〜日本語教師失業、給与が下がる〜

明けましておめでとうございます。

12月は記事の更新が滞ってしまい、気づいたら半月以上更新していませんでした。

2022年の日本語業界を俯瞰し、個人がとるべき行動について述べて今年の抱負とさせていただこうと思います。


今年の日本語教育業界はおそらく次のようなことが起こり得ます。

1、2020年は日本語学校の8割が倒産する。
2、日本語教師の給与単価はリアル、オンラインともに下がる!?
3、コロナ禍が終了しても留学生は戻ってこない!?


1、2020年は日本語学校の8割が倒産する。

以下は昨年、日本語教育団体が実施した日本語教育業界の結果です。

コロナ禍における日本語教育機関の経営実態調査報告
https://npjs.jp/img/202108chosareport.pdf

これは今の鎖国状態が1年続くと半数が事業継続が不可能になる」と予想しています。

この調査があったのが昨年2021年8月なので半年が経過しており、しかも12月の入国禁止令が出る前なので年明け早々先を見越して自主廃業する学校もあると考えられます。

あなたの学校も倒産するという前提で動いたほうがいいでしょう。

この事実を踏まえると自ずと次の傾向が予想されます。


2、日本語教師の給与単価はリアル、オンラインともに下がる!?

大半の日本語学校が倒産すると当然失業者、求職者が激増します。

それに対して日本語学校の数は激減していくので雇用の椅子は減っていきます。

教師は給料は少なくてもいいから働きたい、学校側は多少給料を下げても働いてくれる教師がいる、

そう考えると教師の給与単価が落ちても不思議ではありません。

まあ、これはただの予想でそこまで露骨には下がらないかもしれませんが。

「ではオンラインに挑戦しよう」

そう考えて行動に移すのは結構なことですが、この流れはオンラインでは顕著になります。

なぜなら、オンラインでは敏腕日本語教師と比べられ、競争しなければならないからです。

オンライン学習はいつでも始められますが、すぐに止めることができるので、少しでも甘い授業をすれば顧客はすぐに離れていくでしょう。

故に客を呼び込むには値段を下げるしかなく、それによって長年日本語教師の報酬は下がってきているのです。


3、コロナ禍が終了しても留学生は戻ってこない!?

日本の入国制限が解除されれば留学生が戻ってくると思っている企業、学校関係者はいると思います。

が、そう楽観もしていられません。

この記事がそれを象徴しています。

対面授業再開、キャンパスに来るけど教室に来ない学生たち どうすべきか悩む教員https://globe.asahi.com/article/14507765

つまり、オンラインを経験したことでその有益性に気づいた人も多くいるのです。

説明をただ聞くだけなら、一斉授業より知っているところは早送り、わからないところは何度も聞ける動画の方が効率的だということです。

日本に留学してもらうなら、来日しないと経験できない、つまり体験とセットで留学を売るという発想が必要になってくるでしょう。


<対策>

色々と暗いことを書きましたが、もちろん希望的な観測もできます。

多くの日本語学校が倒産するということはもし存続できれば残存者利益はあります。

なにしろ周囲の日本語学校がほとんど倒産しているので、鎖国令が解禁されるときはその学校しか行けないからです。

あなたが務めている日本語学校に資金力があるのであればそこにすがるのもアリです。

ですが、繰り返しますが日本に留学してもらうなら留学でしか体験できないことをさせるなどして差別化を図らなければ優秀な人材は他の国に取られていくことでしょう。

また、長期的に見れば自分でコンテンツを発信し、集客することに注力した方が安定します。

世の中の動きに左右されにくいからです。

そのためには毎日自己研鑽を続けるしかありません。

学校であれば数百人集めなければなりませんが、個人であれば数十人集めれば十分に生計は立てられますので、まずはSNSで自らコンテンツを発信するところから始めましょう。

小さな一歩に見えますが、続けていくと最初には想定しなかった動きが出て加速することだってありますから。

それでは!

2022.01.02 | コメント(0)

YouTubeの視聴維持率を上げる目次の付け方

Youtubeでいい動画だと判断してもらうために最も重要なのは視聴維持率で、Youtubeは視聴維持率の高さをもとにその動画を拡散するか否かを判断しています。

高評価数やチャンネル登録者数を気にする人もいますが、YoutubeとしてはできるだけYoutubeに時間を使ってもらうことが大事なわけなので、低評価数はそこまで重要じゃありません。

低評価が多い動画でも見てもらえればYoutubeとしてはありがたいのです。

低評価が垢BANに繋がるのであればTKO木下やヒカル氏、木下ゆきなさんのアカウントはとっくにBANされています。

いい悪いは別にして不快感を与えても視聴者から時間を奪ってくれるチャンネル、動画がYoutubeには好かれると言うことです。


故に視聴維持率が大事になってくるのですが、視聴維持率を上げるためには近道や裏道はなくいい動画を作り続けるしかありません。


しかし、いい動画を作ったものの1番いい部分が後半にあるのになかなかそこまで見てもらえない、

そんなこともあるでしょう。


そんな時の対処法として視聴者維持率をキープする一つの答えは索引をつけることが考えられます。

索引とは以下のようなものです。
39059BB1-EBDF-4C9B-A876-8C66E9F949F8.png

SEO対策の動画講義【SEO歴6年のノウハウを完全公開】
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%96+seo

88D610A1-7FF2-48CE-B3B5-5A447D0697DA.png
最強のエクセル使い方講座【たった1動画で全てが分かるExcelの教科書】MicrosoftMVP受賞
https://www.youtube.com/watch?v=Bo7GUN3G6fc&t=65s

時間をクリックすることで視聴者はその項目にスキップすることができるのです。

索引をつけることは特に長尺でハウツー系のチャンネルを運営している方なら効果絶大で現に上の動画はかなりの再生回数を叩き出しています。

流行っているとは思えないエクセルの動画であるにも関わらずです。


あなたが書店にいて本を購入するときタイトルや表示だけで購入を決定するでしょうか?

もちろん、話題になっているからとりあえず買ってみる人もいると思いますが、目次を見て決める人も結構いるはずです。


目次の効果は本なら想像つくのですがYoutubeでは軽視されていますが、もし索引も何もない動画なら長いし、どこで何を言っているのかわからないような長尺動画を見ようとする人は少ないはずです。


やり方は驚くほど簡単でコメント欄か概要欄に「0:04」と時間とふんの間にコロンをつけるだけで目次と認識し、視聴者がクリックできるようになります。

1、数字を打ち込み、コロンを入力
576A515F-CB95-4406-B6E8-50905A30F0F4_1_201_a.jpeg

2、時間が青字になり、目次が表示される
F214EE4B-FBE6-47FE-938D-DB81F634CA95_4_5005_c.jpeg
このように本当にやらない意味がわからないほど簡単なので、視聴維持率を少しでも上げるために導入してみましょう。

それでは!

2021.12.18 | コメント(0)

外国人を雇うと日本人の賃金が押し下げられる は本当か?

先日こんなニュースが流れました。

就労外国人「永住」拡大へ 農業・製造など全14業種 政府
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c9ac64544318bd89d9ec7bb39ed26abf22d6ef2

これについて様々な人が意見を述べています。


この人たちの主張として共通しているのは「外国人に雇用を奪われる」「外国人がいるせいで日本の労働単価が押し下げられる」ということですが、それについて疑義を感じるので今日はそれについて私見を述べようと思います。


では逆に「外国人を入れなければ日本人の給料が上がる」というのは本当でしょうか?

僕も数年前まではそう思っていて、地元で飲食店をやっている知り合いにそう言ったことがあります。


その人は募集しても募集しても全然アルバイトが来ない、と言っていたので「時給上げてみれば?」とそう言ったのです。

すると彼は

「いや、これ以上時給あげたらお金残らんから。。」

そう言いました。

飲食は箱もお客さんが入る時間も近所の住人の人口も決まっているし、売り上げにはどうしたって上限があるのです。

この辺は日本語教師や介護士の事情と似ていますが、彼も福岡の地方でラーメン屋をやっていて七百円くらいの単価でやっていました。

給与ががらない業界については以前こちらの記事で触れました。

保育士、介護士、日本語教師はなぜ給料が上がらないのか? 〜堀江貴文氏の発言から考察〜 http://hayato55.com/article/181479810.html?1638085786

福岡の地方にしては少し高い方ですが、それでも利益が残らずコロナ禍で残念ながら店を閉めたのです。


こう言った構造的な問題や人口減から来る売上の低下が原因なのであって

「人手不足なら時給上げれば来る」
「外国人を雇ってしまうと時給が下がる」

っていうのは短絡的な意見なんですね。


それでも無理やり時給を上げようとするとどうなるか、お隣の国にデータがあります。

お隣の韓国では最低賃金法を改正し、全国の最低賃金を一律値上げしたところ失業者が激増しました。

企業が高い時給を払えずに倒産したからです。

韓国と日本は物価も経済規模も変わりませんが、韓国のアルバイトの時給は日本に比べてかなり低いです。

それでも倒産件数が激増したのです。

日本の企業だってそんなに体力があるわけではないので賃上げに耐えられない企業は倒産するしかありません。

そもそも、外国人の永住権が認められる業種は特定技能というビザの農業、漁業などで日本人の雇用が奪われるも何ももともと日本人がいなかった業種です。

特に林業、介護なんて何十年も人手不足だったにも関わらず全く給料が上がっていない業種で、最近になってようやく技能実習生や介護ビザが創設されて外国人が働くようになった現場です。

人手不足だったら時給が上がるのであればなぜこれらの業界はずっと給与が上がらなかったのでしょうか。

「外国人が代わりに働くから時給が押し下げられる」
「採用募集に誰も来なければ時給は上がる」

これらの主張がいかに的外れかわかってもらえたかと思います。

繰り返しになりますが、業界によっては売上の上限は必ずあり、人手が足りなくなっても時給が上げられないところがあるのです。

外国人の存在有無とは無関係なのです。

ここまでいうと今度は

「付加価値をつけて売り上げを上げて給与を増やせ。それができないのは経営者の怠慢だ」

そんなことを言う人がいるかもしれませんが、付加価値をつけた高価な商品やサービスをみんながいつも利用できるわけではありません。

一杯三百円の牛丼を楽しみにしているサラリーマンの人はそれでいいのでしょうか。

介護施設の利用料を上げると普通の一般家庭の人が利用できなくなるのですがそれでいいのでしょうか。


日本人、外国人に関わらず低賃金でも働く人がいるからこそ一般消費者はリーズナブルな価格で利用できるのです。


<結論>
「外国人を低賃金で雇うから日本人の雇用が奪われる」
「人手不足であれば時給は勝手に上がる」


ここまで読んだ方はこれらが事実でないことはわかってもらえたかと思います。

ではどうすればいいのか。

デフレというものは必ずしも悪いものではなくリーズナブルな価格で利用できるのですから、それを享受できることに感謝しましょう。


その上で副業でも始めて自分で収入を上げる努力をしなければなりません。


デフレ化で月5千円でも報酬が上げることができれば生活水準はぐんと上がるということです。

自分の待遇を嘆くのは他人のせいではなく自分の行動力不足のせいだということを自覚し、できることから着実に行動に落とし込んでいきましょう。


それでは!

外国人労働者の実情についておすすめの書籍
「外国人労働者をどう受け入れるか」


「ふたつの日本」


「移民と団地」

2021.11.21 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.