日本語3.0

インフォメーション

動詞「持つ」の意味の多義性についての考察  〜「カバンを持つ」と「病気を持つ」の関連性〜


動詞「持つ」という言葉には多義性があり、様々な意味に派生する。

以下が使用例である。

1、彼がマイクを持っている。
2、犬は丈夫な歯を持つ。
3、彼は病気の父を持つ。
4、偏見を持っている人とは話せない。
5、両国の間で話し合いの場が持たれた。
6、彼らの結婚生活は3年と持たなかった。

このように多種多様で特に6は本来他動詞の意味ではなく自動詞として使われている。

今回は有薗の「基本動詞『持つ』の多義分析」を元にどのような意味でどのような場面で使用可能か具体的な事例から関連性についてまとめる。

「持つ」の意味1 〜人や動物が手に物体を収める

まず、以下の例を参照されたい。

7. マイクを持つ手もガタガタ震え、言葉も容易に口を出てこない街頭演説(平松判子「この街が好きだから」2001)

8. 卵に好きな色を下塗りします。指で持っている部分を3分の1残して塗ります。
(石田繁美「家族で楽しむ日本の行事としきたり」2005)

9. 餌をあげると前脚で上手におって口まで運びます。(「リスを正しい知識で飼育する方法」

「持つ」の最もプロトタイプで本来的な意味で手を使って物体を手中に収めてコントロールできる状態を指す。この時cのように霊長類の手だけではなく四足歩行の動物の前脚でも使用可能。


「持つ」の意味2 〜人や動物が物体を握る

10. 足腰が弱っている方や階段に不安を感じる場合は、手すりを持って上り下りするのも方法です。
 (「岩手県社会福祉協議会ずっぱりボランティアいわて」)

11. ハンドルを持つ手が私の意思とは無関係に震えている。(小野清春「消えゆく茅葺き民家」2002)

12. レバーを持つ自分がこのSLを運転している実感がある。(「DIME(ダイム)」2003)

語義1では手に持って重量を支えてコントロールする状態を指したが、物体を握ることを指し、語義1からのメトニミーによる拡張だと考えられる。


「持つ」の意味3 〜人がものを携帯する

13. クレジットカードは1〜2マイあれば十分。カードをたくさん持つのは良くありません。
 (萩原博子「女25歳からのお金の本」2002)

14. 傘を持っていないのでコートの襟をたて早足で歩いた。(塩山千仞「ワーグナー紀行」2004)

15. 緊急連絡に備えてTATFの全員にポケットベルを持たせてある。(田中光二「警視庁国際特捜部」2001)

16. 「ふむ、悪い考えじゃないな。いくら持ってる」「ペセタで言えば、ざっと百万ほどだ」
(逢坂剛「熱き地の誇り」)

17. また、国際免許証を取得していなくても、日本の免許証の翻訳証明書とパスポートを持っていれば運転は可能だ。
 (シニアライフ研究会編「年金をもらってシニアライフは海外で」)

3つ目の意味は「物を携帯する」という意味で、g~iのように実際に持ち運びできるものや語義1からさらにメトニミーが進んだものだと考えられる。

ただし、以下の例文の帽子のようにかぶったり、履いたりする場合、「持つ」は不自然である。

帽子をかぶってくるのを忘れた。
(帽子はかぶって用をなすものであるため)

原則的には手にとったり身につけたり、携帯する場合に使われる。

「持つ」の意味4 〜人や動物が特徴的な部位を有する
18. 私たちは健康でありたいと思い、強靭な体を持ちたいと願い、精神的にも強くありたいと考える。
 (村椿嘉信「喜びの大地」2003)

19. 西郷さんは色白で眉濃く黒目がちの大きな瞳を持った雄な美大夫だった。
 (南伸坊構成・文「歴史上の本人」 1997)

20. 彼は、ハイチ生まれのアメリカ人で黒い肌を持っている。
(山田詠美「24/7」1997)

21. このシカは奇形のツノと同じ側の前脚に銃撃による傷を持っていた。
 (今泉吉晴訳「シートン動物記」1998)

22. スマトラサイは鼻の上に2つの角を持っている。
(安間繁樹「ボルネオ島アニマル・ウォッチングガイド」2002

これらの例における「持つ」は「人や動物が特殊な身体部位を持つ」という意味を表し、ものを身につけるという意味で語義3からの派生だと考えられる。

ただ、語義4は先天的に備わっているもの(角、脚)や取り外しできないものである(傷)という点で語義3とは異なる。

あくまで特徴的な部位のみを表し、通常「彼は耳と持っている」とは言わない。

23. 彼は、ハイチ生まれのアメリカ人で黒い肌を持っている。
    彼は、ハイチ生まれのアメリカ人で肌を持っている*


「持つ」の意味5 〜人が物事を自分のものとして有する
24. ほんと、良いお友達を持って羨ましいわ。(山下勝利著「いまさら、初恋」1990)

25. 林田ひろ子は、六本木に、店を持っていた。(西村京太郎著「特急あさしお3号殺人事件」1988)

26. 父親は、元元老院に議席を持つどころか軍団退役後はスイスへ行って金貸し業をやっていたらしい。
  (塩野七生著「危機と克服」2005)

27. 女性だって、地位とお金を持った男が好きでしょう。(渡辺淳一著「懲りない男と反省しない女」2005)

これらの例は物事を所有していることを指すが、物理的に手にとって携帯したり、身につけることができない対象について用いるものである。

「友達」や「お店」(財産)、「議席」はいずれも所有物であり、放棄、管理、コントロールできる物象であるため、語義1の物体を手中に収めてコントロールできる状態のメタファーであると考えられる。

・彼は莫大な財産を持っている。
・彼は莫大な借金を持っている*

財産も借金も自身の所有物である点で変わりないが、借金は自身でコントロールできる対象とは考えられないため「持つ」と共起できない。


「持つ」の意味6 〜人が人や物事を負担する〜

28. トルーマンは「決断力のある大統領」をめざし、最終決定はすべて、私が下すと宣言しているのです。すべての責任は、自分が持つと。(高嶋哲夫著「トルーマン・レター」2001)

29. 私は公立学校の先生の倍近く授業を持っています。(高橋いづみ著「ハートで古文を読む方法」1990)

30. 大勢の弟子を持ち、茶の道を厳しく追及する40男とは思えぬ喜びようだった。
 (井ノ部康之著「利休遺偈」2005)

語義6は人が物象や人を引き受け、管理、コントロールすることを示しており、語義5から派生したものだと考えられる。

自分の意思によって管理するため、上下関係が存在する。

・彼女は二人の子を持つ母親だ。
・彼女は二人の親を持つ娘だ*

親がいるということや親の行動は管理もコントロールもできないため、使用することができないが、以下のように病気や高齢などで弱って管理が必要な場合は上の関係の人間に対しても使用可能である。

・彼女は(高齢・認知症・一人暮らし)の母を持つ。


「持つ」の意味7 〜人が性質・能力・状態を有する〜

31. 大切なのは聞く耳を持つこと。(「ひとりっ子のしつけと育児」1993)

32. それなりの節度を持って、最低限の敬語は使いこなしたいものです。
(田中浩史著「ナースのための実践会話術」2004)

33. だが、ルースは打者としても並外れた素質を持っていた。(日本雑学研究会著「ザ・メジャーリーグ」2005)

34. 花は一部のアレルギーを持つ人を除いてほとんどの人の心を癒す力を内在させている。(短歌、2002)

35. 食材には、効能をもつ一方で、多少の副作用や毒性をもつものもある。
(徳井教孝「薬膳と中医学」2003)

36. 茜色に染まる空と真珠のような輝きを持つ街。(神谷典夫「自転車ふたりたび」2004)

37. その結果、ドアにボリュームを与え全体に丸みを持たせたフォルムになった。(AUTOCAMPER 2003)

ここでの「持つ」の意味は人やものが性質や状態を有するという意味で、語義5の「人が物事を所有する」の意味のメタファーであると考えられる。

語義5における対象も「別荘」や「友達」など手中に収められないものであるが、語義7の意味は物理的なものではない性質や状態である点で異なる。

なお、「持つ」はコントロールできるものが対象であり、状態であっても管理、コントロールできない対象に対しては使用できない。

・彼は仮死状態である。
・彼は仮死状態を持っている*

「持つ」の意味8 〜人が思考・感情を有する〜

38. 面接官にもきっと好感を持たれるよ。(六堂葉月「ケダモノは甘く招く」2004)

39. イチローはその中で武士道の感覚に近い覚悟を持って生きているのではないだろうか。
(児玉光「松井秀喜・イチローに学ぶプロフェッショナル・シンキング」2004

40. 大井は、明子の生き方に関心を持った。(東堂志津子「恋人よ」1992)

この場合、人がある状態を内部に有するという点で語義7と同様であるが、語義7では状態や性質であるが、語義8の対象が思考や感情である点で異なる。

状態はある一定期間続くものであり、気持ちや感情でも瞬間的なものが対象である場合は使用不可である。

・上司に驚きを持つ*
・上司に恨みを持つ。


「持つ」の意味9 〜人が機会を設ける〜

41. 陳情書を提出したあと、二十日には再度県の廃棄物対策課と話し合いをもった。
  (木戸田四郎「水源を守る市民運動」1997)

42. 株式投資も恋愛と同じです。いい相手に会える機会を持たなければなりません。
 (ヨーコ・ミヤザキ「お金持ちになれるヒント!」1997

43. 自分が住んでいる地域の脳神経外科医と普段から、何らかの接触を持っておくことをお勧めする。
 (天野恵一「そこが知りたい脳の天気」2005)

これらは語義7の抽象的な事象をコントロール可能な状態で有するという点で語義7に類似しているため語義7からの派生だと考えられる。

ただし語義7では対象が素質や性質など持続的なものであるのに対して語義9では機会や場所などその場限りのものである点が異なる。

「持つ」の意味10 〜人、もの、ことが状態を維持する〜
最後に本来の形であるヲ格を取らず自動詞として使用される例について触れる。

44. たまには休みを取らなきゃ体がもたねぇや。(鶴田楡「ダンス・ウィズ・キャット」2004)

45. 1日のうちにこの時がなかったら、あの親爺殿との生活は一ヶ月と持ちそうにない。
 (塩川治子「北斎の娘」2001)

46. だが、趙丹の生命は”四年”しか持たなかった。(石子順「中国明星物語」1995)

語義10は「人、もの、ことが状態を維持する」という意味を表し、主体が性質や状態をその内部に有する語義7の派生だと考えられる。

ただし、語義7は主体である物や人が対象である状態を有することを表すが、主体である人や物、ことが自らの状態をコントロールして維持することに焦点が当たっている。


<所感>
 語義1の「人や動物が手に物体を収める」という本来の意味から、語義2の「ものを握る」、語義3の「物を携帯する」、語義5「物事を所有する」の三つの意味に派生し、さらに語義3から語義4「身体的部位を有する」に派生し、語義5から語義6〜10まで派生することが確認できた。

「持つ」という言葉は初級から様々な場面で高頻度で使用される日本語学習者にとって重要な語彙であり、今後の研究に期待したい。



<参考文献>
有薗智美「基本動詞『持つ』の多義分析」
https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_uri&item_id=926&file_id=22&file_no=1

2020.07.19 | コメント(0)

オンライン授業にはだかる著作権の壁  〜オンライン授業では資料を配布できない〜


コロナ感染拡大防止策として大学や小中学校など教育機関でオンライン授業の導入が進んでいます。

しかし、「大学やめます」「授業準備が大変」なんてつぶやきがTwitterで拡散されていたり、学生たちからも教授たちからもかなり不評のようです。

  
オンライン化はとても便利なので僕自身、ネット授業をしていて不思議でしょうがありませんでした。

「どうせ今までICT化を怠ってきた教育機関側がろくに準備をせずに始めたからでしょう」

と思っていたのですが、どうもそれだけでなく著作権の問題が原因で効率的な授業ができない場合があるようです。


withコロナでコロナと共存していく道を選ぶならばICT化は必須ですが、何も知らずにICT化して著作権に抵触し、実際裁判沙汰になった例もあるので注意が必要です。

オンライン化を検討している教育機関や先生のためにオンライン化する際の著作権上の注意についてまとめました。


<オンラインでは資料の配布ができない!?>

まず、大きな違いとして通常対面授業であれば教科書の問題や論文の一部をコピーし、配布することは何ら問題がありませんが、オンライン授業では著作物を複製し、無償で利用することができません。

著作権上、教育機関が著作物を無料で使用できるのは以下の2点です。

@対面授業のための著作物を配布すること
A対面授業で使用した資料や講義映像を他の会場に同時中継する場合
(著作権法35条参照 https://forum.sartras.or.jp/info/004/ )

ということになっています。

Aの条件を見て「えっ、講義映像を他の会場に同時中継できるならオンラインと同じじゃん!」と思う方もいるでしょう。

しかし、そうではなくあくまで主会場で教授と学生が授業を行っているという前提があってこそなのです。それをそのまま副会場で同時中継しているからOKなのです。

オンライン授業は主会場もなければ副会場もないためこの条件を満たさずそのため著作権者の了承を得なければならないのです。

教科書や論文内の図表を写したり、音楽を流したりするのはもちろん、文学作品を朗読することもできません。

逐一許可を取っていては授業に間に合わない、それで自作の教材に限定されるため効率の良い授業ができないということらしいんですね。

授業なのに論文や教科書の引用ができない、かなり質の低い授業が体裁だけ整えるために突貫工事のように行われているんだろうなと察します。


withコロナでコロナと共存していく場合と考えるまでもなく効率化するために教育や仕事をリモート化していくことは必須。

そうなった場合、必ず先ほどの著作権の問題にぶつかり、授業の質は低下します。

「対面授業の意義は何か?」

全教育者がその問題を突きつけられており、その問題から逃げていれば優秀な学生たちは教育機関を見限り、Youtubeやスタディサプリなどネットのコンテンツに流れていくでしょう。

2020.07.06 | コメント(0)

嫁ブロック、親ブロックの対処法  〜まずは家族サービスから始めよ〜


起業するときに躊躇する理由として「嫁・家族の反対にあう」いわゆる嫁ブロック・親ブロックが挙げられます。

「反対されて辞めるくらいの意思なら成功しないから辞めろ」

と言いたいところですが、誰でも理解されないままずっと小言を言われているとどんな意思の強い人でも精神は疲弊します。

やはり近くで支えてくれる存在はやはりありがたいものです。

家族が味方につけばオフィスを構えることもなく実家をオフィスにして起業もできるわけですからとても頼もしいし、成功確率もぐんと上がるのは間違いありません。


じゃあ、どうすれば応援してもらえるようになるのでしょうか。


ここで注意して欲しいのは事業内容を説明するのは控えた方がいいということです。

難しい事業の話をしても理解してくれるとは限らないし、とくに両親の場合ITの分野に関しては胡散臭いものだと考えている人の方が多いですから「そんな怪しいものやめろ」と言われるのがオチです。

事業内容ではなくあなた自身を売り込むことです。


「私のことを理解しない方が悪い」と考えるのではなくあなた自身が信頼されるような生き方をしてこなかったと考えてください。

一番長い時間を共有している家族も説得できない人がこれから先ビジネスを始めて赤の他人を説得するのは普通に考えて無理でしょう。


ではどうやって信頼を得るかというと親や奥さんを喜ばせればいいのです。

具体的には子育てや料理作り、掃除など奥さんや親御さんの手助けになることです。

ビジネスとは誰かのお悩み、問題解決なので身近な人から手助けしていくことで自分の周りからマーケティングをかけていくのです。

特にあなたが両親から受けた経済的精神的恩恵は計り知れないでしょう。

大学まで行くのだとしたら数千万円かかりますし、それを稼ぎ出すのに数十年とかかります。


それだけ時間と手間とお金をかけさせておいてさらに「起業したい」「夢を追いたい」と我を通すことしかしなければ両親が「はあ?」と思うのも無理はありません。

そういった意味でもまずは身近な人に感謝し、手助けする、そういう当たり前のことができてこそ事業も成功させることができるのです。


周りを変えようとするのではなく自分が変わる努力をする。

ぜひお試しください。

それでは!


2020.07.03 | コメント(0)

現役のスポーツ選手がビジネスをやることについて   〜本田圭佑、朝倉未来のスゴさ〜


最近、芸能人だけでなくYoutubeをはじめとしてSNSで情報発信をするスポーツ選手も増えてきました。

代表的な例が朝倉未来選手で何度かこのブログでも取り上げていますが、総合格闘家でデビューから無敗の戦績を誇り、Youtubeでも開設からわずか1年足らずで100万人を達成するという快挙を成し遂げています。

サッカー日本代表の本田圭佑選手や長友佑都選手、大リーグのダルビッシュ投手もそれぞれYoutubeチャンネルを開設し、情報発信しています。

我々としては世界で活躍するアスリートのマインドを直に学べるので大変有意義です。

特に朝倉選手や本田選手は現役であるにも関わらず後輩選手の育成にも力を入れています。

なぜ現役のうちから後輩の教育やビジネスに力を入れるアスリートが増えてきているのでしょうか。

本田選手は過去のインタビューで以下のように述べています。

インタビュアー:「何で現役で忙しいにも関わらずサッカー監督やチームオーナーをやろうと思われたのですか?」

本田:「いや、僕が練習生なら現役選手から教わりたいですね」

現代社会は日進月歩、昨日の常識が今日の非常識になる昨今、教育現場には次々に新しいものを取り入れてなければ時代遅れの知識を教えられてしまった教え子たちが損失を被ってしまいます。

サッカー界も例外ではありません。


これからの現役世代を教える指導者は現役世代の知識を技能を教えなければならず、そのために現役から指導する、本田選手の言葉と姿勢は教育者として理想的なものです。


また、現役選手のうちに行動を起こすことは引退後に始めるよりはるかに大きなアドバンテージがあります。


現役の時は引退後の時に比べて知名度、資金力、影響力全て揃っており、これらは当然ビジネスを始める上で優位に働きます。


本田選手は「現役のうちに影響力を利用したい」と述べクラブ買収や様々な事業への投資を行っており、自らも事業を立ち上げていますが、そこに集まる資金や人材の質は一般の人が始める時のそれとは桁違いです。

スタッフを募集するときも一般企業のようにお金を払って求人募集をかけるのではなくTwitterで一声かけるだけで優秀なスタッフが山ほど応募してきます。

反対に現役を引退してしまうと知名度も影響力も一気に失うため、何か事業を始めようとしても人もお金も集めにくくなるのです。

皆さんも飲食店を初めて失敗している元トップアスリートの話も聞いたことがあると思いますが、行動するのが遅すぎたことが原因なのです。

サラリーマンとして働くといってもそれまでサッカーしかやってこなかった30代後半の男を雇うような既得な会社も少ないでしょう。

実際の収入は低いのに金銭感覚は高収入の時のままの状態というのはなかなか地獄です。


これは日本語教師もそうでしょう。

日本語教師は仕事を引退した人がセカンドライフとして選択する場合も結構多いのですが、日本語業界のICT化が進まない理由はここにあります。

古い価値観の人が多くいて、反対に待遇が理由で若い人に倦厭され、新しい風が入ってこないのです。


多くの先生が「日本語教師は待遇が悪い。給料が低い」と愚痴っていることが原因でしょう。

でもですね。

断言しますが、これからの時代日本語教師ほど可能性ある職業はありません。

なぜなら、これからの時代人口が減り続ける日本国内でビジネスをしても成長は見込めません。

顧客が減り続けるわけですから当然ですね。


しかし、日本語教師は日本語という商品を海外で売ることができます。

世界人口は増加傾向にあるのでチャンスも青天井なのです。


若い現役の日本語の先生方。

新しい要素をどんどん取り入れ、自ら情報発信をして自分で稼げる日本語教師を目指しましょう。

現役で頑張ってるあなたが教壇に立つことは必ず学習者にとってもプラスになるはずです。


それでは!

2020.07.01 | コメント(0)

今月の成果 〜外国人ブロガー、中国の企業に顧問として就任など


いよいよ6月が終わり、今年の半分が過ぎようとしています。

ここで今月までの成果を発表し、これからの目標について再考、軌道修正しようと思います。


<外国人ブロガーチームのnoteを始めました>

先月から外国人のブロガーを育成するため元教え子の人にブログを書いてもらっていますが、 同じ内容のものをnoteでも連載するようにしました。

「外国人ブロガーの部屋」
https://note.com/hayato49

一つのアカウントをチームで運営するようにしてもらい、順番に書いてもらって僕が訂正、校閲し、チームとして毎日投稿投稿していこうと考えたのです。

発信していけば日本語の能力や思考力も上がるし、何より発信することで外国人の置かれている立場を日本人に理解してもらえるし、何より収入アップやビジネスチャンスにつながる可能性だってあります。

これから日本は少子高齢化社会で、少ない日本人で多くの高齢者を支えていかなければなりません。

そうするためには外国人の若い人の力が必要で一人でも多くの外国人起業家を排出することが僕の使命だと思っています。

<動画教材を完成させます>

前からUdemy という世界最大の動画教材プラットフォームで動画販売をするため、動画教材を製作しておりましたが、

つい先日中国の大連の物販会社から顧問になってほしいという打診を受けたので、中国でも販売していこうと考えています。

その会社の人によるとwechatというアプリで販売可能だそうなので。

教材が完成したらそれを元にYoutubeも始めようと考えています。


コロナの影響で収入源が一つ吹き飛びましたので、何とか立て直したいと思います。

悠々と急げ!

2020.06.27 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.