日本語3.0

インフォメーション

ホスト界の帝王ローランドの新店レストラン初日の失敗について 〜芸能人のお店が失敗する理由〜


最近、現代ホスト界の帝王ことローランドさんにハマってます。

優雅な佇まいと高いコミュニケーション力でユーモアある切り返しと甘い言葉で人気を博し、20代前半はずっとナンバーワンホストに君臨していました。

現在はホストを引退してホストクラブのオーナーとなって後進を育てる身となり、他にもタピオカ店、脱毛店など美容系の店を多数経営して業績を上げ、さらに最近はYoutubeも開設し、100万界再生を連発するなどまさに飛ぶ鳥を落とす勢いのローランドさんです。


Youtubeのコメント欄には外国の方のコメントもあって最近はグローバルに認知されてきている印象で僕が持っていた留学生の中でも「ローランドのYoutube見てます」って人がいます。

数あるYoutubeチャンネルの中でも外国向けでもないチャンネルでここまで認知されているのには驚かされるばかりです。


そのローランドさんがコロナ禍で苦境に喘ぐイタリアンレストランを買い取ってリニューアルしたそうで、その様子がYoutubeに投稿されています。

オーダーミス続出!悲惨すぎるオープン日…店長にブチギレ「全然できてねぇ」
https://www.youtube.com/watch?v=nMZeZvU5KQc&t=2s


早速急上昇にものって現段階で再生回数が50万回さすがだなと思うのですが、レストランは大失敗のスタートでした。

この失敗が今後スタートアップやYoutubeを始める人にとってとても有益になるんじゃないかと思って今回記事にすることにしました。

動画を見たところ以下のような失敗があったようです。

・注文した料理がなかなかこない、
・40分待ってきた料理が間違えてる
・逆に急いでしまいコース料理なのにデザートを料理途中で出してしまう。
・トイレが掃除されておらず汚い。
・スタッフの声が小さく、挨拶も元気がない。
・ミスされてもスタッフがメモを取らず同じ失敗を繰り返す。

など全て開業あるあるの失敗でランチ終了後ローランドさんに詰められているスタッフの様子が流されて、コメント欄が炎上していました。

「このスタッフは指導されてるのにメモも取らない。やる気があるのか」
「伝票の数を揃えておくなんて常識なのに準備不足もいいところ。スタッフ無能」
「そんなに最初からうまくいくはずないのにローランドにも責任がある」

などスタッフを責める姿勢やローランドさんの責任を問うコメントも多かったですが、逆に「勉強になる」ローランドさんの対応言葉は愛がある」など好意的なコメントも多くあったようです。


もちろん、注文ミスなどの原因は「伝票の書き方が統一されてない」など細かいことなどがあると思うのですが、そおそも今回の最大の失敗はそこじゃありません。

そもそもの失敗の根本原因は開業当初から大々的に宣伝したことなのです。

なぜ最初から宣伝してはいけないかというと宣伝してしまうと話題を呼び、キャパ以上のお客さんが来てしまうことになります。


オープニングスタッフは当然みんな未経験なのでどうしたって想定外のことが起こり、ミスが重なります。

その上誰かがミスしても的確にフォローできる人がいません。


細かいミスが重なり、動画のような「料理を持ってくるのに1時間かかる」「商品を間違えて持ってくる」というようなことが起こるのです。


しかも初日の超多忙な時に大量にした失敗を全て直すなんて無理な話です。

また同じ失敗をする恐れだってあるし、それを繰り返していけば徐々にお客さんも減っていき、やがて倒産してしまうでしょう。


このように最初から大きく宣伝し、身の丈以上のお客さんを読んでしまった結果サービスの質が低下し、それが繰り返されていくうちに倒産してしまうのです。



芸能人や大企業がYoutubeを始めるとき影響力や資金を使って大きく宣伝し、初速で大量のアクセスを稼ぐも内容が期待値を下回り、数ヶ月後は誰も見なくなっている現象も同じことです。

著名人の店やYoutubeが失敗している原因の多くがこの理由です。

CoCo壱も最初にお店を出した時に大宣伝し、顧客を大量に呼び込んでサービスの質が低下し、それで大失敗したと社長さんが言っていました。

たまたま入った喫茶店で隣の客が「あそこのカレー屋遅いし味も大したことないし最悪」と言っていたのをたまたま聞き、そこからリカバリーを図ったようでしたが大変だったと語っています。


それでもローランドさんは元々資金力も人気もあるのでこれから取り返すこともできます。

今はプロセスエコノミーの時代で失敗でも動画にすれば再生が稼げる時代ですから。

現に再生回数が現時点ですごいので初日の損失分くらいは取り返しているかもしれません。


しかし、一般人はそう簡単にいきません。

最初の失敗が致命傷となって取り返しのつかないことだってあるのです。


商売の基本は小さく始めることです。


最初に宣伝もせずに細々と始めておけば最初に入店するのは1日に0〜3人でこれではお店が潰れてしまうと思うかもしれません。

しかし、最初のお客さんを大事にして全力でサービスするように心がけるのです。

そうすれば

「あ、デザートのタイミング早かったな」
「お客さんがトイレ使ったら汚れてないかチェックしないとな」
「このパスタは残りが多いから味付けを工夫しようか」

そんなふうに一つ一つ改善できるのです。

露骨な言い方をすると客が少数であれば失敗する練習ができるのです。


現在ブログ、Youtubeが伸びずに悩んでいる人、もしくはコロナ禍で店の客足が途絶え、ランディングコストだけが出ていく日々を過ごす店主さん、

そんな人からすれば早く資金を回収したい気持ちは痛いほどわかります。

しかし、その焦る気持ちを抑えてお客さん一人一人の信頼を得ることに注力してください。

1再生、1PVとはいえ人が一人見ているということを意識してください。


お客さんを一人一人大事にし心血を注いでサービスしていけばリピーターとなってくれ、さらに他の友達も連れてくるかもしれません。

小さな成功を積み重ねることが結果大きな成功に近づくのです。

それでは!

2021.09.26 | コメント(0)

「闇金ウシジマくん」 〜失敗する人間の特徴、一発逆転を狙う、プライドが高いなど〜

今日の推薦図書は「闇金ウシジマくん」です。

『闇金ウシジマくん』


聞いたことある人も多いかと思いますが、主人公が金融家という異色の漫画です。

金融といっても銀行、証券マンのような真っ当なものではなく闇金業者で、情弱の債務者から違法スレスレの暴利(というか違法)で金を巻き上げていくというものです。

主人公の元には様々な人物がお金を借りにきますが、闇金に借りにくるくらいの客ですからやはりかなり底辺の人間ばかりです。

どのくらいの底辺人物かというと

・子育てをそっちのけでパチプロにハマって借金まみれになる主婦
・30歳過ぎまでずっと停職につかず、パチプロや風俗嬢にハマって親の年金を使い込むフリーター男子
・ホストに入れ込んで貢ぐ金を風俗で稼ぐ女子

などお手本のようなクズ人間ばかりです。

そんな情弱から法を逆手に取った違法スレスレの暴利(というか違法)で金を巻き上げ、骨までしゃぶり尽くしてしまうのです。

なぜそんなブラックな漫画を勧めるかというと底辺に陥ってしまう人の特徴を本当によく掴んでいるからです。

世の中には成功法則なる本が溢れていますが、成功できるのは一握りです。

なぜなら人が成功した方法というのは一つではありません。

ある人はサッカーであったり、ある人は物販、ある人はファッション、ITというように様々な分野で成功者がいます。

それぞれ人は向き不向きがあるため、当然成功する方法もその人によって違います。

しかし、失敗する人間というのは驚くほどパターンが決まっています。

・一攫千金を狙う。
・学習、勉強しない。
・プライドが高く失敗して傷つくことを極度に恐れている。
・何をやっても継続しない。
・成功するための裏情報、裏技があると思っている。

 底辺に陥る人間はまずプライドが高く挑戦して失敗し、笑われるかも、自信を無くすかも、そう思って挑戦することができません。

それで挑戦し、努力を続けることができず結果一攫千金を狙います。

そのためにはまるのがパチプロなどのギャンブルで、負けても負けても辞められません。

なぜなら自分にはスキルも能力もないため大きな負けもギャンブルで取り返すしかないからです。

「コツは掴んだ!次は勝てるはず!」

そうやってどんどんお金を注ぎ込み、泥沼にハマっていきます。


上のような毎日を繰り返し、大したスキルや経験も身に付かず一生働いても返せないほどの借金をこしらえ、しかも社会的信用もなくまともなところにお金を借りられないため闇金に手を染めるのです。

このようにウシジマくんにはさまざまなクズ人間が出てくるのですが、その底辺の人間の生活環境、心理や行動の描き方が本当にリアルでゾッとさせられるのです。


誰しも一歩間違えば陥りそうなことで必ずどれかは自分に当てはまり、ドキッとさせられるはずです。

しかも、現在はコロナ禍で倒産やリストラが相次いでいるため苦境に陥っている人は多いことでしょう。


そんな中で成功を目指してずっとひたむきに努力するのは充実感もありますが、孤立無縁の状態がずっと続き不安に駆られることもあります。


その上家賃や家のローン、奨学金返済、健康・生命保険、現代社会には様々な制約が課せられます。

うまく行っている人が羨ましく思え、つい「手堅く誰でも稼げる」みたいな方法に飛びつきたくなることもあるでしょう。

しかし、現実的な話、凡人、底辺人に儲け話などきません。

不安に負けず一歩一歩足元を固めて、焦らず前に進んでいきましょう。

それでは!

2021.09.19 | コメント(0)

「ある」「いる」 存在と所在の判別方法

「ある」「いる」という状態動詞には「所在」「存在」「所有」の3つの意味があります。

それぞれ生物と無生物と共起し、以下は「いる」の使用例です。

1、公園に子どもがいる。(所在)
2、来てない子供がいる。(存在)
3、田中さんには子どもがいる。(所有)


次に無生物と共起する「ある」です。

4、教科書は学校にある。(所在)
5、まだ終わってない宿題がある。(存在)
6、田中さんには勇気がある。(所有)

「所在」と「存在」がよく混同しやすいのですが、一瞬で見分ける方法は「どこに」と問いかけることです。

「どこに」の回答になっていれば「所在」で、そうでなければ「存在」です。

どこに子供がいますか?
→1、公園に子供がいる。

どこに子供がいますか?
→2、きてない子供がいる*

どこに教科書がありますか?
→4、教科書は学校にある。

どこに宿題がありますか?
→5、終わってない宿題がある*

「日本語と論理」

2021.09.13 | コメント(0)

現職日本語教師は全員国家資格に移行しなければならないのか? 〜文化庁に問い合わせてみた〜

「日本 文化庁に問い合わせてみました」

前の国家資格化の記事についていくつか個別に問い合わせが来たのと僕も実は一部解釈が間違っていたかもしれないので、訂正も兼ねて今回記事にしようと思います。

公認日本語教師資格の創設で現在の日本語教師は失業する。
http://hayato55.com/article/188960044.html?1631423926

まず、最初に現段階で確定していることをまとめてみます。

確定事項
・令和6年から公認日本語教師という国家資格が創設される。
・国家資格は筆記試験と実習の二種類をパスすることで合格できる。
・国家資格を得るためには一部試験実習などの免除はあれど既存の日本語教師資格の移行措置はない。
・現職教師は筆記試験2を合格すれば取得可能。
・個人で教えている教師には公認教師は必要ない。

で、最大の焦点は次です。

・告示校勤務で現職を離れている教師やこれから告示校で働こうとする教師は国家資格を取得しなければならないのか、取得しなければどうなるのか。


報告書の中で該当しそうな箇所は以下です。

一定数以上の公認日本語教師の配置を必須とするこ とが要件として求められることとなるが、その際には、十分な移行期間を設定し、 現職の日本語教師への配慮を行う。

「一定数」、この言葉の解釈が分かれていて実は僕も間違えていたかもしれないのですが、注意すべきは「一定割合」ではないと言うことです。

「割合」と聞くと「公認日本語教師が30%いれば残り70%は公認教師の資格を取得しなくていい」そんなニュアンスに受け取れるし、そう思っている人も多いようですが、「人数」という言葉が使われている点に注意してください。


つまり一定数以上というのは、例えばですが「現行では学生20人あたり1人の有資格者ということが15人あたりの学生に公認教師を1人という形で移行する」という意味なのかもしれません。

つまり旧資格者と公認資格者のそれぞれの人数と言う話ではなく公認資格者と学習者の人数という話で、旧資格者は次の制度設計に全く組み込まれていないかもしれないのです。

しつこいですが「割合」と言ってしまうと必ず混乱しますので、「人数」と書いてあることに注意です。

「文化庁は今の日本語教師が全員公認教師に移行する必要はないと言っていた」という主張をしているYoutube動画やブログ記事、Twitterをいくつか見ましたが、それではなぜ報告書には旧資格者について全く言及がないのでしょうか。

現職日本語教師が移行しなくていいならそれこそ報告書に「人数」ではなく「割合」と書いたほうがわかりやすいのではないでしょうか。


憶測であれこれ想像しても意味がないので、早速文化庁にメールで問い合わせてみました。

質問は「現資格保有者はみんな公認教師に移行しなければならないのですが」で、以下が回答の一部です。

「全員が移行しなければならないかを含め、各日本語教育機関などに配置される公認日本語教師の割合や配置を求める機関などについては現在検討しているところです。
日時9月9日


「今のところわからない」ということです。

これからは法案を作成する段階になると思うのですが、こんな大事なことがまだ決まっていないようです。

また、ここでは「割合」という言葉が使われてますが、どうなのでしょうか。


「文化庁が今の告示校の現職教師全員が公認教師になる必要はない」と言っているのは先月8月20日以前の話なんですね。

確かにそれまでは現職に限らず資格保有者は自然に国家資格に移行するという話の流れでした。


しかし、8月の報告書で全てが覆ったのです。


信じられないかもしれませんが、文化庁はJEESの意向を完全に無視してこの報告書作成に踏み切っています。

だから現資格保有者、とりわけ検定合格者に対する言及が全くなくJEESはこの報告書に猛反発しているようです。



<国をあてにしてもダメ>

僕はベテランの不勉強な先生たちが篩にかけられるのは悪いことだとは思っていません。


教師なら教えるためにまずは勉強して一定の水準を示せというのも筋だというのは理解できます。

しかし、今回は明らかに国家による民事介入であり、民業圧迫だし何より1番割を食うのはこれから養成講座や検定試験を受けて告示校で働こうとしている人たちです。

これから日本語教師になる人は今年検定試験に合格、または養成講座を終了したとしても令和6年には無効になってしまうかもしれないのです。

そうなるとまた国家資格を慣れない授業を受けながら、勉強し合格しなければなりません。

新人の先生に配慮がなければ負担は増大し、優秀な先生は入って来なくなることでしょう。

そして検定試験講座や養成講座を開講している学校の中には

「国家資格に移行する前に検定合格を目指そう」
「今日本語教師の資格をとっても国家資格に移行できる」

それを謳い文句にして受講生を募っている日本語学校はもし間違っていたらデマでは済まされません。


そうやって金銭を受け取っていれば詐欺罪に問われますので、即刻宣伝を見直したほうがいいでしょう。


少し前まで「日本語教師が国家資格化すれば待遇が上がる」という楽観論もありました。

しかし、今回の報告書ではっきりしたのは待遇改善どころか国家資格化すれば現職教師もこれから日本語教師を目指す方も負担が増えます。

(報告書には公認になれば待遇が改善する」「予算で給与を上乗せする」などとは一言も書いていません)

万が一国が日本語教育に予算を割いたところでそれが給与に反映されると考えるのは早計です。

もちろん、告示校で働く現資格保有者が全員公認に移行しなければならないと完全に決まったわけではありません。

文化庁の回答は「(移行できるか否か)まだ決まっていない」ということでしたから、何らかの優遇措置が発表されるかもしれません。


でももし違ったら?

変に楽観視するより最悪の事態を想定しながら動いていったほうが後々ダメージも少ないのではないでしょうか?

こんなチグハグな国家の政策を全面的に信用している先生たちのスタンスが僕にはよくわかりません。


教育のオンライン化、国家資格化、出稼ぎ留学生問題、

色々深刻な事態に陥っています。

くれぐれも今の状況を甘く見ない方がいいですよ。

2021.09.12 | コメント(0)

読後 「アオアシ 25」 〜ポジションを作れ!〜

今日は以前からお勧めしているサッカー漫画、アオアシの最新刊が出たので、その感想を書こうと思います。

<『アオアシ 25』>


この漫画は教育業、上司、指導者など誰かを指導する立場にある人にとってとても学びのある漫画なので是非一読することをお勧めします。

この先はネタバレになるので納得していただける方のみ読み進めていただければと思います。

<あらすじ>
ついにやってきた高校サッカー最高峰のプレミアリーグ決勝戦。

相手はほぼ負けなしの宿敵、青森に苦戦を強いられるアシトたちでしたが、名将福田監督が後半開始と同時に奇策を打ちます。

冨樫という超攻撃的センターバックをトップ下の位置に上げるというものです。

冨樫はもともと不良上がりでしたが、もって生まれた高い身長と体幹、幼少期から培った足元の技術を持っており、それを買われてユースにスカウトされました。

しかし、ユースのレベルの高さに阻まれ、試合に出られない日々を送ります。

そこで視野を広げる訓練を自主的に取り入れていったのです。

練習中もずっと常に首を振り続けどこにどの選手がいるのかを常に頭に入れる訓練をし、無意識にできるまで繰り返しました。


視野が備わったおかげで判断の速さとパス精度も上がり、次第にチームの中核的存在になっていき、この決勝でもDFとしてスタメン出場していたのです。


その冨樫が後半から急に前線に上がり、背丈の高さと体幹の強さを生かしてゴール前でボールをキープし、次々と精度の高いラストパスを放つ、この奇襲によって強豪国青森は大混乱に陥ります。


生まれもって備わっていた才能(体幹と長身)と訓練によって身につけた視野の広さで前半押されていたチームを危機から救ったのです。


<所感>

今回の話から得られる教訓は「ポジションをとれ」ということです。

現代サッカーはポジションに囚われることなくDFがFWの役割を果たしたり、左サイドのポジションの人が右サイドとコンバートしたりすることなんてざらです。

しかし、70年代くらいまでは棒で動かすサッカーゲームのようにFWは攻めるもの、DFは守るものとしっかりと決まっており、現代のようにサイドバックがオーバラップすることなんて信じられないようなことでした。


そこから相手の裏を描くために名選手たちが自分の能力に合わせて様々なポジションを作っていった結果サッカーが発展し、様々な能力を持った選手が活躍できるようになったのです。

過去の選手たちがみんなポジションの枠に囚われる選手ばかりだったら、棒で動かすサッカーゲームのようなサッカーのままだったでしょう。


これは何もサッカー界だけに限ったことではありません。

多くの人は自分の能力を無理やりポジション、職業に合わせようとするからうまくパフォーマンスを発揮できないのです。

先人のポジションを真似るだけであればそのポジションに特化した経験のある選手の方が有利に決まっているので、先輩が引退するか衰えるまでポジションを奪えないことになります。


僕は人の能力、才能と職業というものを以下のように捉えています。
L32 ここ、そこ、あそこver25.001.jpeg
上の図のように尖った部分が才能なのであって才能に合わせてポジションを作ることが自分のパフォーマンスを最大限に発揮することにつながります。


したがって自分の強みを生かした新しい職業、ポジションを見つける、または作らなければならないのです。


僕も数年前までは日本語教師として教壇に立っていましたが、他の先生のように学習者の誤答からどのような文法項目に引っかかっているのかを的確に見抜いてフォローするコーチングの能力が明らかに足りませんでした。


そこで自分で動画作成のスキルを身につけ動画教材を販売するという事業に踏み切ったのです。

これならコーチングのスキルは必要ありません。


現在、多くの人、特に若い人は上の高齢者の人にポジションを奪われている状態です。

会社も国も彼らを食わせなければならないので、なかなかクビにできず、ポジションが開かないのです。


したがって冨樫が視野を身につけて新たにポジションを切り開いたように自分の今の仕事と能力に何か別のスキルを身につけ、自分にしかできないポジションを見つけなければならないのです。

そのためには地道な努力が必要ですが、継続すれば競合のいないブルーオーシャンを見つけることができるでしょう。

それでは!

2021.09.05 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.