日本語3.0

インフォメーション

薄給の日本語教師がまず始めるべきこと 〜日本語文法の勉強に力を注ぐな〜


連日コロナウィルスのニュースが紙面を賑わせています。

様々なデマや憶測が飛び交い、風評被害や差別にあっている人もいますが、経済的な打撃がやはり大きいです。

飛行機やホテルの予約は全てキャンセルされ、観光名所もガラガラで韓国やタイなどの国は日本への渡航を禁止したとのことです。

この影響は日本語業界にも間違いなく押し寄せてきます。


日本政府が中国からの入国を制限したため4月からの中国人留学生は激減するでしょう。

特定技能ビザ新設に伴ってベトナムやネパールからの出稼ぎ留学生に対するビザ交付率も下がっていたところへ痛恨の駄目押しといったところです。


そもそもネットで楽しく学べるコンテンツが充実してきているので高い学費を払ってわざわざ日本に留学して難行苦行のようなことをして学校に来るメリットもなくなってきています。


控えめにいって国内の日本語学校の雇用は絶望的です。

退職後のセカンドキャリアや趣味でやっているご高齢の先生たちは職を失ってもまだいいかもしれませんが、これから日本語教育で食べていこうとしている若い先生にとっては死活問題です。


日本語教師が副業をしてどのように生活していくべきかを話していくので若い先生たちには最後まで読んで今後に生かしていただければと思います。


1、Twitterアカウントを開設する

まず、Twitterのアカウントを開設しましょう。

「何を今さら」と思う方もいるかもしれませんが、何せ日本語業界はほとんどが年配の方でSNSの運用どころか全く知らないという先生も多くいるくらいです。


リテラシーの高い先生であればTwitterアカウントくらいは持っていて日本語業界に関する情報を集めて研鑽を積もうとしている殊勝な先生も多いでしょう。


そうやって日本語教師と繋がって業界を変えていこうとしている先生も多いでしょうが、ちょっと待って欲しいのです。


確かに違う日本語学校の様々な学校の先生の情報に触れたりすることで気づかされることも多いでしょうし、新しい発想や試みを授業に取り入れたりすることにおいては役にたつかもしれません。


しかし、日本語業界の最大の課題と言えば何かというとズバリ給与面などの待遇問題でしょう。


これはどれだけ優秀な先生達でも直面している問題で、優秀な先生たちを何人もフォローしてその情報に触れてもあなたの待遇が改善されることは絶対にありません。

なぜなら僕が知る限りこの業界でトップクラスの技術を持つ日本語教師でもサラリーマンの平均年収くらいです。
授業準備にかける時間を考慮すれば普通のサラリーマンよりも時間給が低く割に合わないかもしれません。


日本語教師は日本語の知識に関してのプロフェッショナルなのでお金を稼ぐことに関してはど素人なのです。
なので先生同士で繋がっても結局愚痴の言い合いのようになっていて基本給与面の問題解決はしません。


現に待遇の不満をツイートする日本語の先生のプロフに行くとみんな日本語の先生しかフォローしていません。

これじゃあ待遇面の解決をするのは厳しいでしょう。


じゃあどうすればいいかというとTwitterにはブロガー、 Youtuber、経営者などで多くの優秀な人がいるのでその人たちをフォローすればいいのです。

グラノベッターはイノベーションを生み出すためには「硬いつながり(Strong tie)」ではなく業界を越えた「ゆるいつながり(Weak tie)」であると述べています。

どういうことかというと「硬いつながり(Strong tie)」は職場の同僚や家族、友人たちなどいつも顔を合わせている人たちとのつながりであり、基本新しい発想や意見は出てきません。

悪くすれば愚痴や陰口の言い合いになって生産性のないものになります。

しかし「ゆるいつながり(Weak tie)」は他業種の方など普段会わない人たちとのつながりであり、自分の業界にない知識や発想など斬新なものに触れることができます。


自分の業界にない他業種の発想を自分の業界に取り入れることで業務の効率化や変革、イノベーションが起きるという考え方です。


したがって自分の給料を少しでもあげたい日本語教師は自分で稼いでいる人の話を聞かなければならないのです。


ということで今回は日本語教師がフォローすべき経営者、インフルエンサーたちを以下に紹介したいと思います。

以下の人たちのTwitterや動画を見て合いそうな人たちの考えを徹底的に吸収し、真似るところから真似てみましょう。

一年後にはそれまでの人生とはガラリと変わっているはずです。


2、経営者やインフルエンサーのツイッターやYoutubeをフォローする

まずはマコなり社長です。

マコなり社長
https://twitter.com/mako_yukinari?s=20
https://www.youtube.com/channel/UC7I3QTra4_kC4TSu8f7rHkA

福岡出身でプログラミングスクールなどを運営しており、若くてイケメンで頭もいいという三拍子揃った社長さんです。

クールで鋭利な頭脳を持っていながら0から起業して多くの苦難を味わっているからか行間から熱い思いもあってとにかくかっこいいんです。

時流や本質を見抜く洞察力が鋭く、同じ教育業に携わっているということで最も敬愛している経営者さんです。

マコなり社長の動画から得られる知見は計り知れないでしょう。


次にホリエモンこと堀江貴文さんです。

堀江貴文
https://twitter.com/takapon_jp?s=20
https://www.youtube.com/user/takaponjp/videos

言わずと知れた時代の寵児で、現代のオピニオンリーダーです。

徹底した合理主義者、かつ理想主義者なので極論に聞こえるときも多いのですが、一体堀江貴文は何人いるんだってくらい様々な事業を営んでいる多動力、行動力オバケです。

時代についていく、というより時代を作っている人なのでフォロー必須です。

著書の「多動力」めっちゃよかったです!
堀江貴文『多動力』


1から起業を目指す人には「ゼロ」がいいかもしれません。

堀江貴文『ゼロ』



次はイケハヤさんさんです。

https://twitter.com/IHayato?s=20
https://www.youtube.com/channel/UCKSSZYcoRHkrF6lkarKYZvg

「まだ〜で消耗してるの?」でおなじみのイケハヤさんは早くからブログという媒体に目をつけて大きな成果を上げたブロガー界の先駆者です。

最近はYoutubeにも参入してビジネスからマインド、最新技術のことまで幅広く情報発信しており、とても有益なコンテンツを発信しています。

煽り口調でサラリーマンの労働形態を批判しているためアンチも多いのですが、アンチをうまく利用して知名度と影響力を上げてきた手腕はやはり一級品です。

「時間を売るな。商品を作って売らないと豊かになれない」など理に叶ったものが多いのでフォローしておくべき人の一人です。


次はフリーランスの王、株本祐己さんです。

https://twitter.com/StockSun_ceo?s=20

https://www.youtube.com/channel/UCahWm4NUU8ccUPdw0VA0DCQ

正社員を雇わずフリーランスに案件を振って事業を進めていくという新しい形態を採用し、こちらもとてつもない成果を出しています。

アメリカでは4割くらいがフリーランスになっているということですが、日本でも同様の未来が来るだろうと言われていますが、その先駆けとなるビジネスモデルを構築しているのです。

未来の働き方を考える上で株本さんのビジネスモデルや情報発信は有益なものになるのは間違いありません。

彼は令和の虎という昔の「マネーの虎」のYoutubeリメイク版の番組にも出演していますが、ビジネスプランの穴やほころびを質問力の高さには毎回驚かされます。
https://www.youtube.com/channel/UCTyKZzmKi95wxmCg9rU-j6Q

自分がもし事業を始めようとしているなら彼の質問を自分に向けることでさらなるビジネスプランのブラッシュアップにつながるのは間違いないでしょう。


次はプログラマー兼ブロガーのやまもとりゅうけんさんです。

https://twitter.com/ryukke?s=20
https://www.youtube.com/channel/UCp60qNFmqRy7Q5ymP20dsGw

これまで挙げた人はどちらかというと「これまでの既成概念を打ち破る」とか「世の中を変えてやる」といったスタンスの人たちですが、りゅうけんさんは「意識が低い系」を自負しており発信も平均的なサラリーマンに照準を当てています。

つまり普通に収入に困っているサラリーマンがどのように行動を変えていけばいいのかについて目線を下げたコンテンツを発信しているので、一般の人が真似て一番再現性が高いかもしれません。


一見物腰が柔らかそうな雰囲気ですが、発言や行動が明確な論理に裏付けられた聖と魔を併せ持ったような人で、経営者としては理想的な人物像です。


Youtubeも開設初期から見ているのですが、ブログで言語化に慣れているからか頭の回転が早く、その上内容が本質を突いたもばかりでためになるはずです。

おまけに嫌味なくクスッと笑わせるユーモアセンスも持ち合わせています。

Youtubeオススメの動画はこの辺です。

「儲け話を無料で提供するわけがない」とか言うバカを論破してみた
https://www.youtube.com/watch?v=Yy8Mr50BXQI

保育士・介護士の給料上がらないの当たり前じゃね
https://www.youtube.com/watch?v=thua8AshiZc

エンジニアはお金を追求してはいけないという年寄りを論破してみた
youtube.com/watch?v=qJHCmxFv718

ビジネスYouTuberの発言を鵜呑みにしてはいけない理由
https://www.youtube.com/watch?v=fZo6C2ck7eE

どれも勉強になる内容なのですが最初の2つの動画は我々日本語教師の人にとっても大いに参考になるもののはずです。


またオンラインサロンという形態にいち早く注目してサロン運営を始め、現在では国内3位の規模なのだそうです。

「人生逃げ切りサロン」
https://www.ryukke.com/?p=5440


ちなみにこちらのサロンは僕も入会していますが、動画編集やブログ、インスタグラム、物販などのスレに分かれており、それぞれの専門家が集結していて非常に学びが大きいです。

何よりサロンという形態が様々な人の情報発信に触れることができて一方的になりすぎないのでいいのかなと思っています。


以上、日本語教師がフォローすべき経営者、インフルエンサーを紹介してきました。


とかく教育関係者の人はお金を稼ぐことを卑しいものだと考える人が多いため「稼ぐ」というワードに警戒心を持ってしまいがちです。

しかし、教育の本当の意義は学生の自立であり自立するためには自分で稼ぐ力を身につけなければならないはずです。

もっと言えば学校の先生だって税金から給料をもらっているのです。

誰か金儲けをしている人がいるからこそ自分は生きていけるのに「金儲けしてるやつはろくでもない」と非難するのは傲慢以外の何物でもありません。


我々教育者も稼ぐことから逃げてはいけない時代が来ているのです。

そのために他業種の人の意見を聞き、できることから行動していきましょう。


それでは!


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2020.02.21 | コメント(0)

正しい努力は楽しい 〜人生が間違った方向に行っている時のサイン〜


今日はちょっと自己啓発っぽい話をします。

あなたの人生が間違った方向に向かっていないかどうか確かめてもらうための記事です。

我々は幼い頃から何となく学校に通って義務教育を終えるか大学に行き、やがて就職活動の時期を迎えます。


そこで、それまで言われるがままレールの上を落ちないように歩いてきたのに急に「何がしたいか」「強みは何か」を考えさせられます。

急ごしらえの理由をこしらえて失敗して、失敗を重ねて取り繕って会社に入社するもミスマッチが生じてなんのために働いているのかいきているのかわからなくなって自分を見失ってしまう。

多くの人たちが自分の人生に向き合うという習慣がつかずに何となく就職しているだけなのではないでしょうか。

僕も若い時はそうでした。

それまで先生や他の大人の言うことを聞いて中学校、高校、大学まで卒業し、卒業前の就職活動ではおそらく80社以上受験してほとんど落ちました。


んでやっとつかんだ内定先からは数日でクビになると言う何ともトホホな人生でした。

しかし、その後ひょんなことから日本語業界に入ってからは急に成果が出始め収入に困るようなこともなくなりました。

みんなから言われた道を進んだ結果痛い目を見ましたが、自分の心に従った結果うまくいくようになりました。

義務教育や大学まで卒業して就職するのが当たり前みたいに思っている人がいるんですが、人はそれぞれ性格や特性によって歩める道が違うのです。


そして間違った道を歩んでいるときは必ずそれを知らせるサインがあります。

銀座まるかんの斎藤一人さんの本に出会ってそのことに気づきました。

『斎藤一人 強運』


今考えたら過去起きた様々な苦難は見えざるが僕を正しい道に導いてくれていたのだと思うようになりました。

人は誰しも生まれ持った変えられない宿命があり、それに逆らった道を行こうとすると様々なトラブルや災難が待ち受けています。

これを読んでいるあなたの中にもそんな辛い毎日を送っている人がいるかもしれません。

今日はそんなあなたに人生が間違った方向に行っているサインをお教えしようと思います。

これらのサインに当てはまったらその職場にあなたはいるべきではありません。

頑張っても全く意味がないのですぐに辞めて新しい道を模索しましょう。

ではいきます。

サイン1、同じ失敗やトラブルが繰り返し起こる。

いくら注意しても同じようなミスやトラブルをしかも何度も起こしてしまって職場に迷惑をかけたり怒られたりした経験はないでしょうか。

目覚ましをかけても遅刻する、運転を頼まれたら事故を起こしてしまう、プレゼンの資料を注意しても誤字脱字が出てしまうなど。

僕もアルバイトやインターン先などで指示されたことが全く頭に入って来ず、何度も同じミスをして「お前は使えない」と言われていました。

横断歩道がない道で会社の車を運転している時に前を走っていた自転車が急に車道に入ってきて接触事故を起こしたこともあります。

ものの3ヶ月で信じられないようなトラブルが次々と起きて(または起こして)最終クビになったのですが、人の命に関わることをやる前にそうなってよかったと今では思っています。


サイン2、嫌な人が続々出てくる。

1とも少しリンクしますが、間違った道を歩んでいると嫌な人が出てきます。

そんな人たちから職場や取引先などで明らかに理不尽な叱られ方をされます

もちろんちゃんとした指摘だったら受け入れなければならないのですが、生産性のない指摘や作業をやらされるのです。

僕も日本語学校にいた頃出稼ぎ留学生だらけでやる気のないクラスを担当していた時は大変でした。2〜3日寝ていない人とか普通にいますし、慢性的な睡眠不足の学生が多くいます。

起きていても全く授業が入らないのです。

授業準備と授業時間が全て無駄になると言うなんの生産性のない日々をずっと送っていました。

そして担任の先生からは全く意味のない、なんの付加価値も生まない仕事をさせられていました。

本人は「ルールだから当然」のような言い方をしていましたが、ビジネスの基本は何か付加価値を生んで報酬をもらうのが原則だと思っている僕には辛いことでした。

職場がダメなだけで仕事自体はあっている場合ももちろんあるので、その時は仕事まではやめず職場を変えれば本来のあなたの人生を取り戻すことができます。


サイン3、そもそも好きなことじゃない

日本社会には「好きなことじゃなくて嫌なことでも仕事だからやらなきゃダメだ」と言う風潮があります。

しかし、好きじゃない仕事を嫌々している人でうまく言っている事例をほぼ見たことがありません。

そもそもあなたがそんな人の同僚や顧客の立場になって考えて欲しいですが、嫌々やっている人と働きたいでしょうか?

嫌々働いている人から商品やサービスを買いたいでしょうか?


自分は嫌なことを頑張っている偉い人間だと思っているかもしれませんが全く顧客視点を欠いた発想です。

嫌なことをやめてすぐに好きな仕事や向いている仕事を探しましょう。


もちろん、すぐに大好きなことを見つけるのは難しいですが、嫌いなことをやめて嫌いじゃないことを始めていけばやがて好きなことに出会います。

小さな違和感でも見逃さず、自分の心の声に従うようにしてください。


サイン4、体調が悪くなる

体調に支障をきたす、こうなったときは相当末期になっています。

見えざるの最終警告だと言えます。

1〜3のサインを無視し続けた結果とも言えるので、心と人生が壊れてしまう前に問答無用で職場か仕事、学校を辞めて安静に過ごしましょう。

「嫌なことでも我慢しろ」

それが行き過ぎた結果過労死する人が後を絶ちませんが、仕事よりも学校よりも命が一番大事です。


以上、人生がうまく言っていないことを知らせる4つのサインでした。


いきなり仕事をやめろ、学校をやめろ、と言われて辞めるのは確かに勇気がいることかもしれません。

しかし、なんども言いますがあなたの体、人生が一番大事だし、自分の心に従ったほうが絶対に人生がうまく転がりだします。


僕もそうだったし、騙されたと思ってこの4つのサインが出たら見逃さず、すぐにその場を離れてみてください。

必ずうまくいきます。

勘違いしないで欲しいのですが、だからと言ってなんの問題もなく楽に成功の道へ行けるわけではありません。

先ほど挙げた斎藤一人さんの本には端的にこうまとめてあります。

スクリーンショット 2020-02-21 17.14.29.png

「正当な努力はやってて自分も楽しいし、世間も認めてくれます。世間も認めてくれない、何もかもうまくいかない、そんな努力は間違っているんです。神様が『今やってることは辞めなさい』って言ってるってことなんです」


『斎藤一人 強運』


自分に向いていることや好きなことをやっていても立ちはだかる壁や課題はあります。

子供のころゲームを夜通しやった経験もある人もいると思いますが、そのときなかなかクリアできないステージや倒せない敵もいたことでしょう。

そのときに「何が何でも諦めないぞ」と思ってレベルを上げたり工夫をこらしたりしてなんとかクリアしようとするそんな感覚です。


努力するたびに自分のスキルや経験値が上がっていき、クリアしたら達成感や快感を感じる、それが本来の努力です。

正しい努力をして正しい貢献をして金を稼いでいきましょう。


それでは!

この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2020.02.20 | コメント(0)

コロナウィルスでリモート化した企業について  〜頭がいい人たちはピンチの時も成果を出す〜


コロナウィルスの影響が世界的に猛威を振るいかけていてついに日本でも死亡者が出てしまう自体になりました。

しかも、中国の次に感染者数と死者数が多いと言う謎の結果に。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200216/k10012287611000.html

中国と陸続きの国はたくさんあって人的交流も多そうなのですが、なぜか2番目に被害が観測されているのが日本なのです。

メディアではその検証がされていませんが、おそらくどの国よりも中国からの観光客が多かったからかなと推測できます。


でもやはり、こんな混乱に乗じてスマートな対応をしている人たちや企業もあります。


知り合いの起業家はコロナウィルスのニュースが流れたその日に日本でマスクを大量購入して中国で売りさばきましたし、また別の投資家さんはウイルスの特質をできる限り調べ、抗体を作り出した実績のある製薬会社の株を買いました。

本当に頭がいい人たちはどんな状況でも打開策を講じて行動にまで落とし込み、利益まで上げてるんですね。

他にもGMOと言う会社はある重大な実験を行いました。

感染を防ぐために特に人が多いオフィスの社員をみんな在宅ワークに切り替えたそうです。

GMOインターネット、新型コロナウイルスの感染拡大に備え、3拠点で2週間の一斉在宅勤務を実施https://it.impressbm.co.jp/articles/-/19189

2週間試した結果、生産性は全く下がっていないとのことです。

僕は今回のことを機に多くの会社や学校は在宅ワーク、ホームスクーリングに切り替えた方がいいと思うのです。

「満員電車に乗って頑張って通勤している人がいるからこそ世の中が成り立っている」とそう言う人もいますが、
今の仕事のほとんどはネット上でできるはずです。

Slackやチャットワークでコミュニケーションもデータのやり取りできるし、顔を見て話したければZoomを使えば事足ります。

リモートワークにすると家賃、光熱費、社員の交通費もかかりません。

通勤時間なんて究極に無駄なものも排除できます。

満員電車でストレスを抱えることも車通勤で事故のリスクも減らせます。

それまでは職場でYahooを見ていたり、動画を見ているおじさんも出勤することで免罪符になっていましたが、リモートワークに切り替えて完全に生産性で判断するようにすればサボる社員も減るかもしれません。


もはや感染症リスク云々とか関係なく導入した方がいいですね。

さて、日本語学校はどうでしょうか。

ベトナム、ネパールからの出稼ぎ留学生が増えすぎてそれらの国へのビザの交付率を下げざるを得なくなりましたが、今回のコロナウィルスの影響で新たに来る中国からの学生へのビザも確実におりないでしょう。


以前から僕は日本国内の日本語学校の雇用は減っていくと言っていましたが、いよいよ日本国内の日本語学校の雇用も危うくなってきました。


先ほども言いましたが本当に成功する人はピンチを逆転の発想で切り抜けることができます。

今後は自らSNSなどのプラットフォームで発信し、学習者を集められる教師が生き残っていくでしょう。


不安は行動によってしか解消されません。行動あるのみです。


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2020.02.18 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.