日本語3.0

インフォメーション

持続化給付金を申請してきた 〜収受印がない場合の対処法〜


昨日、持続化給付金の申請に行ってきました。

持続化給付金とは法人や個人事業主対象の補助金で一月でも前年度(2019年)の売り上げが半減してれば法人は最大200万円、個人事業主は最大100万円補償を受けることができます。

例えば前年度の売り上げが1月100万円、2月150万円、3月120万円 だったとして

今年の売り上げが1月80万円、2月90万円、3月60万円 だったとしたら3月分の売り上げが前年度より半分になっています。

したがってこの場合は補助金を受ける対象となります。

なお、補助金なので返済義務はありませんし、前年度との比較なので今年開業した人は残念ながら受け取ることができません。

必要書類は以下です。

・運転免許証
・帳簿(エクセルで作ったものも可)
・確定申告書

まあ、詳しい要件は税理士Youtuberさんの動画の方が詳しいので、必要な方はご参照ください。

持続化給付金を税理士が徹底解説!4月以降もOK?期限は?売上証明書類は?副業もいいの?etc.【4月9日撮影/現時点での完全版/18の疑問に回答】
https://www.youtube.com/watch?v=ffR_CTZ036c

持続化給付金の続報が入りました!【判定月は4月以降でもOK・申請はオンラインで】
https://www.youtube.com/watch?v=eBMO2jbprGk&t=403s

個人事業主やフリーランスに最大100万円・中小企業に最大200万円!『持続化給付金』とは!?
https://www.youtube.com/watch?v=a4B-523M_EA


幸か不幸かコロナショックで収入源が一つ飛んだ僕も対象になったので申請してみました。

すぐ分かる!『持続化給付金』申請・入力・エラー回避の方法
https://www.youtube.com/watch?v=E08ZszG8hl0&list=LLHC6IbSatSo-gG3RRjuWcdA&index=35&t=0s

上の動画を見て「こりゃ簡単そうだ!」と思って作業に取り掛かったのもつかの間、問題が発生しました。

確定申告書は収受印付きのものでなければならないのですが、僕の申告書には収受印がなかったのです。


収受印をもらうためには3つ方法があり、確定申告をする際直接税務署に赴くか電子申請であれば自動的につくようです。

郵送の場合は確定申告書の控えと返信用封筒を同封して送付することで後日返信用封筒に収受印つきの確定申告書控えが送られてくるそうです。


したがって確定申告を郵便でした場合、控えと返信用封筒を送らなかった人は収受員は押されていません。

結構よくあることらしいのですが、残念ながら後から控えに収受印を押してもらうことはできません。


しかし、がっかりすることはありません。

収受印がなくても納税証明書があれば持続化給付金に申請できます。

納税証明書とはその名の通りあなたが納税したことを証明する文書で確定申告をしていれば誰でも税務署で見せてもらえます。

あくまで見せてもらえるだけなのでそれを写メし、持続化給付金申請する際にデータで送るという流れになります。

この際収受印の日付が重要になってくるのでそこだけがぼやけないように気をつけましょう。

なお、税務署で納税証明を見せてもらうためには本人確認できる免許証や保険証、パスポートが1点だけあればOKです。


経営は自己責任とはいえ今回のような規模での損害はなかなか想像もつかなくても無理はないと思うので頼れるものには頼って生き残りを図り、コロナ後の再スタートに備えましょう。

それでは!


2020.05.13 | コメント(0)

Q:「会社」と「企業」は何が違いますか?

Q:「会社」と「企業」は何が違いますか?

A:「会社」はちゃんと国に届けられた組織、法人(ほうじん)のことで、「企業」はお金をかせぐことを目的にした組織全部のことを言います。企業の中には「会社」や「個人事業主(こじんじぎょうぬし)もあります。

つまり、企業の方が会社より意味が広いです。

2020.05.12 | コメント(0)

「鬼滅の刃 名言集 」 〜人の強さの秘密とは〜


自粛期間中、ずっと鬼滅の刃を読んでいます。

いやー面白いですね!

最近はワンピースよりもはるかに売れているようで書店に行ってもほとんど売り切れ状態。

こんなことは前代未聞のことですが、読んでみればそれだけ人気が出るのも納得の面白さ。

僕はアニメの続きである8巻から読み始めて漫画アプリで課金し、最新刊まで買って読み進めてしまいました。

「鬼滅の刃 8」


今回は読んだ感想をシェアしようと思います。

この先はアニメの内容以降の内容に触れているのでネタバレになるかもしれません。アニメの内容以降読んでいないという方はこの先を読むのはやめたほうがいいかもしれません。

<あらすじ>
この物語は妹を鬼にされた主人公、炭次郎が妹を人間に戻すべく鬼を退治する鬼殺隊という隊に入り、鬼退治をしていくというものです。

鬼殺隊のリーダーは柱と呼ばれ、卓越した剣技と身体能力を持っており、柱を中心に鬼殺隊は欲望のままに人を食らう鬼から市民を守るために日々鍛錬し、成長を義務付けられています。

鬼の特徴は以下です。

・身体能力が人間より飛躍的に高い。
・寿命がなく、特殊な刀でクビを切られなければ死なない。
・人間を食えば食うほど強くなる。
・傷や怪我、体の一部分が損傷してもたちどころに修復される。
・鬼によっては特殊能力を使う。

<弱点>
・太陽に当たると死ぬ。

こういった特徴に対して人間には手足の再生能力ももちろんなく、時間が経てば体力も剣技も衰え、特殊能力もありません。

何百年も生き、生きている限り強くなる鬼に対して人間は限られた時間で自分を鍛え強くならなければ対抗できません。

唯一の短所は太陽光にあてることですが鬼はそれを避けるために当然夜に活動します。

したがって鬼殺隊も鬼を討伐するためには夜行動しなければならないため、この弱点もないようなものです。

こんな圧倒的戦闘力差のもとで人間は戦わなければならないのです。

しかし、人間の強さは実はそんな弱点の中にこそあるのです。

以下は鬼殺隊リーダー、柱の言葉です。

「老いることも死ぬことも人間という儚いものの美しさだ。老いるからこそ、死ぬからこそたまらなく愛おしく尊いのだ」

fullsizeoutput_815.jpeg

「柱ならば後輩の盾となるのは当然だ。柱ならば誰であっても同じことをする。若い芽は摘ませない」
fullsizeoutput_80f.jpeg

鬼と違って命に限りがあるからこそその存在を大事にします。

鬼と違って時間や体力に限りがあるからこそ日々を大事にして成長し、大事なものを守るために己を高めようと努力するのです。

鬼と違って時間がなく、得手不得手があるためいくつもの技を極めることはできませんが、代わりにできないことや苦手なことは互いに協力し合うことで大きな力になります。

鬼と違って時間が経てば衰えるからこそ次世代を大事にして助け、育て、成長させるのです。

そうやって人間は幾世代にも研究や研鑽を重ね、自分が得た知識や技能を次世代に伝え大いに発展を遂げることができました。

「サピエンス全史」では人類は協力することで不可能と思われたことを成し遂げてきて他のどの種族よりもとんでもないスピードで発展してきたと書かれています。

地球の誕生を一年とすると人類の誕生はなんと人類の誕生は12月31日の21時ごろだそうです。
https://omocoro.jp/kiji/886/

それくらい短期間で地球を席巻し、発展できるほど人間の力はすごいのです。

「鬼滅の刃 10」


「俺に才能なんてもんがあるように見えるか?俺程度でそう見えるならテメェの人生幸せだな」
fullsizeoutput_811.jpeg

こちらは音を操る柱の言葉で短くも含蓄のある言葉です。

この柱ももちろん才能があり、当然死ぬほど努力をした結果、鬼殺隊最高峰の柱になりました。

しかし、才能もあり努力も怠らなかった音柱でさえ遠く及ばないような才能と努力をしてきた柱が何人も存在するのです。

そのことに言及し、相手の鬼に「そんな強敵に出会わなくてよかったね」と皮肉を込めて言っています。

「鬼滅の刃 11」


「今まで鬼と戦ってきた剣士達は必ずそうしてきたはず。自分に合わせた呼吸と剣技に最も自分の力が発揮できる形に変化させ考え抜いたから呼吸は別れて増えていったんだ」

fullsizeoutput_814.jpeg

鬼殺隊の剣士達はみんな雷や水、炎などの属性がありそれぞれ独特の呼吸を使って技を繰り出します。

呼吸はもともと「日の呼吸」しかなかったのですがそれが派生して今では幾つもの型に別れています。

というのもそれぞれの時代のそれぞれの剣士達が従来の型を自分に合わせて改良していったため新しい型が生まれていったのです。

従来のものを極めるだけでは新しいものは生まれません。

あなたは今ある技能をあなたに合わせて変えていけばあなたの力も発揮できるし、新しいものを生み出すことにもつながります。

本当に引き込まれる魅力があるので1巻から手にとって読んでみてください。

「鬼滅の刃 1」


この記事を気に入っていただいたら
下のバナーをクリックして
ランキング応援よろしくお願いします。
 ↓  ↓

人気ブログランキング

2020.05.08 | コメント(0)
テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます
Copyright © 日本語3.0 All Rights Reserved.